Netflix映画『彼女』配信直前イベントレポート

【写真】Netflix映画『彼女』配信直前イベント (水原希子、さとうほなみ、廣木隆一監督)

Netflix映画『彼女』配信直前イベント

水原希子&さとうほなみ登壇!
「心も身体も離れられなかった」と撮影裏話を披露!!

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixが製作したNetflix映画『彼女』が4月15日(木)より全世界独占配信される。

原作は、女性二人の逃避行を描いた中村珍の「羣青」(小学館IKKIコミックス)。高校時代から同級生の七恵に恋をしている永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵。レイは七恵を救うために夫を殺害する。自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱きつつ助けを求める七恵と、そんな彼女を救うためすべてを受け入れるレイ。互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあうレイと七恵。正しいことも悪いことも超えた彼女たちの逃避行を描く。

【画像】Netflix映画『彼女』メインカット

日本の美しい景色を背景に、観る者に「愛」の本質を問うロードムービーのメガホンをとるのは『ヴァイブレータ』(2003年)、『軽蔑』(2011年)、『彼女の人生は間違いじゃない』(2017年)、『ここは退屈迎えに来て』(2018年)など、孤独を感じている人々を鋭く、かつ情熱的に描き出してきた廣木隆一監督。恵まれた人生を送るかに見えて、実は家族に同性愛者であることを隠していることに悩むレイを水原希子、人生に絶望しながらもレイに救いを求めてしまう七恵をさとうほなみが演じる。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

4月13日(火)、Netflixでの全世界配信を目前に控え、新宿ピカデリーで配信直前イベントを開催。本作で映画初主演となるW主演の水原希子さとうほなみ、そして廣木隆一監督が登壇し、一度きりとなる観客を迎えての劇場スクリーンでの貴重な上映機会に、ここでしか聞けないレアな裏話が次々飛び出すなど、トークは大いに盛り上がりを見せた。

2日後に迫った全世界同時配信を待ちきれない満席の観客の大きな拍手と共に、盛大にスタート。スクリーン前の舞台に登壇した水原は「ついに今日という日が来てしまったかと。たくさんの方に足を運んでいただいてとても嬉しいのと同時に、あと2日で全世界配信って…どうなってしまうのだろうというう、今までに感じたことのないような緊張を感じています。レイと七恵の愛の物語をどう受け止めてくれるのかすごく興味があります!」と興奮気味に挨拶。

【写真】Netflix映画『彼女』配信直前イベント (水原希子)

続いてさとうは「今になって緊張してきちゃった(笑)」と正直な感想を述べながらも「みなさんに観て頂くのは初めてなので、何を思われるのか興味深いです。色々な感情が渦巻いている映画なので、ぜひ楽しんで頂ければと思います!」と作品をアピール。

【写真】Netflix映画『彼女』配信直前イベント (さとうほなみ)

そんな2人を優しく見守っていた廣木監督は「緊張しちゃってる?さっきまですごいリラックスしてたのに…」とキャストを和ませつつ「最後まで楽しんでいってください!」と挨拶した。

本作への出演オファーを受けた時の心境について水原は「好きな人のために殺人を犯すという重い役どころでしたが、自分にとってチャレンジになると思いました。想像力が必要でしたし、苦しい中でレイと七恵の関係性が変化していって、愛の形がどんどん構築されていくという独特な世界観にすごく引き込まれました。果たして自分が演じきることができるのかな…とも思ったけれど、演じた先にある景色を見たいという気持ちの方が強かったです」と撮影前から覚悟が必要な作品だったが、それ以上に挑戦したい気持ちが勝ったと振り返る。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

一方、原作の大ファンだったというさとうは「もし映像化されるなら絶対に演じたいとずっと思っていて、そして廣木監督が撮られるというのはすごいと思いつつ、単純に嬉しかったです。原作のストーリーも画力もとにかく力強くて。2人がずっと相容れないジェットコースターみたいに、どっちかが上がればどっちかが下がる、という関係性が面白くて不安は全然なかったです」と本作への参加へ迷いはなかったと強い思いを滲ませた。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

廣木監督は「最初は僕にできるのかな?という気持ちでした。二人が作品をモノにしてくれて『彼女』にしてくれた」感慨深げに語った。

【写真】Netflix映画『彼女』配信直前イベント (廣木隆一監督)

 

本作の製作における最大の特徴でもある「順撮り」(シナリオの冒頭からシーンの順番に撮影していく手法)での撮影に話が及ぶと、水原は「順撮りでなかったらどうなっていたんだろう?って思うくらい助けられました。撮影中はレイと七恵として生きることが出来たし、その時に感じたことがピュアにそこに現れていき、このシーンはこう、次のあのシーンは…みたいなことを考えずに集中できて、『役を生きる』というところに連れて行って頂けました。監督、ありがとうございました!」と演技に没頭できる環境であったことに感謝の気持ちを述べ、さとうも「レイと七恵の関係性が変化していく様子を順撮りできたので、『七恵にはレイが必要なんだ』ということを本当に感じることができたし、順撮りだったからこそ私自身がレイ=希子ちゃんがいないと成り立たないという精神状態までいけました。本当にありがとうございました!」と水原同様に廣木監督の演出に感謝の気持ちを述べた。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

「順撮り」の影響はとても大きく、水原は「最後の方はレイと七恵としても、わたしとほなみちゃんとしても役と自分たちの精神状態がリンクして離れられなくなりました。ずっとくっついてて、カメラの回っていないところでも隣にいたり手を握ったり…心も身体も離れられなかった」と、「順撮り」演出の効果が映画の中のキャラクターを体現する上でとても重要な要素だと明かす。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

その「順撮り」であることに重きを置いた廣木監督は、「ロードムービーなので順に撮っていきながら、感情を覚えてくことが理想の映画作りでした。今回実践できて、僕も嬉しかったし、2人の始まりの表情とラストの表情は本当に全然違います。観ているみなさんも幸せになると思う」と映像の中にもこだわりの演出の効果が存分に発揮されていることを明かした。

印象的なシーンをピックアップ!
撮影エピソードを披露!!

イベントの中盤、本作が<2人のロードムービー>ということにちなみ、本編中の印象的なシーンの場面カットがスクリーンに投影され、そのシーンと撮影場所にまつわるエピソードを披露するコーナーに突入。

【写真】Netflix映画『彼女』配信直前イベント (水原希子、さとうほなみ)

まず印象的なドライブシーンについて話が及ぶと水原は「私はこの撮影のために免許を取りました!ロードムービーだから免許を持ってないのはちょっと無理があるな…と思って。でもやっぱりお芝居しながら運転するのは難しかった…」と裏話を披露。これに対し撮影中、助手席に乗っていたさとうは「実はすごく怖かったです(笑)。バイクのシーンもあるのですが、ヒールを履いているし、逃げなきゃいけないから勢いも必要なシーンでヒヤヒヤしたよね…」とドライブの演技に内心は冷や汗をかいていたことを明かした。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

またドライブシーンの撮影にはドローンが多用されたことをMCが尋ねると、廣木監督は「ドローンで夜のレインボーブリッジを撮影しました。都会の景色が後ろに映っていてすごくキレイです。日中にヘリで撮影したのも完璧でした」と美しい映像も注目ポイントだと語る。

【写真】Netflix映画『彼女』配信直前イベント (廣木隆一監督)

続いてレイの家族が逃避行を繰り広げる2人を説得しにやってくるという緊迫したシーンについて。逃避行の中でも初めて2人が本音でぶつかり合う印象的なシーンだが、さとうは実はこの撮影日が誕生日。しかしさとうは「レイの家族がやってきて、私自身は七恵としてすごく孤独でシャットダウンしていたシーン。周りの皆さんには申し訳ないですが、あの時は素直に喜べなかったんです。本当にすみませんでした!」と精神的にハードな撮影を振り返ると、水原も「かなりエモーショナルになる、2人がぶつかる重要なシーン。私もこの日はすごく追い込まれていて、レイとしても精神的に切羽つまる状態で…申し訳ないけど誕生日のことは覚えていないから大丈夫!」とフォロー。まさに劇中のレイと七恵さながら本気でぶつかりあった撮影を振り返った。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

観客に向けてメッセージ

最後に間もなく配信となる本作を楽しみにしている観客に向け、さとうから「みんなで色々な思いを抱えて作った映画です。感じることはそれぞれ違うと思いますが、何か少しでも伝わることがあれば嬉しく思います」と待ちに待った配信開始に向け、本作に込めた思いを感慨深い様子で語った。

続いて水原から「この映画は二人の愛の物語で、<愛すること><守ること>ってどういうことなのかを自分に置き換えて考えるきっかけになると思います。最後には素晴らしい景色がありますので、ぜひ楽しんでいただければと思います」とメッセージが送られた。

【画像】Netflix映画『彼女』場面カット

最後に廣木監督から映画初主演の二人に「ふたりともストレートに感情を表現してくれて、違う生き物になっています。是非最後まで見守ってください」とエールを送り、イベントを締めくくった。

イベント情報

Netflix映画『彼女』配信直前イベント

■開催日: 2021年4月13日(火)
■会場: 新宿ピカデリー スクリーン3
■出演者: 水原希子、さとうほなみ、廣木隆一監督

【写真】Netflix映画『彼女』配信直前イベント (水原希子、さとうほなみ、廣木隆一監督)

Netflix映画『彼女』予告篇

映画作品情報

【画像】Netflix映画『彼女』キーアート

《ストーリー》

裕福な家庭に生まれ育ち、何不自由ない生活を送ってきたレイ(水原希子)はある日、高校時代に思いを寄せていた七恵(さとうほなみ)から連絡を受け、10年ぶりの再会を果たす。しかし喜びも束の間、夫からのDVで全身あざだらけな姿を目の当たりにし愕然とする。追い詰められ死を口にする七恵に「それならば夫が消えるべきだ」と諭すレイ。そして「だったら殺してくれる?」と呟く七恵。彼女が生きるためにレイは、七恵の夫を殺す。そして行くあても、戻る場所もないふたりは共に逃避行に出る……。

 
監督: 廣木隆一
原作: 中村珍「羣青」(小学館IKKIコミックス)
脚本:吉川菜美
 
出演: 水原希子、さとうほなみ、新納慎也、田中俊介、鳥丸せつこ、南 沙良、鈴木 杏、田中哲司、真木よう子、稲葉 友、PANTA、真魚、中原和宏、古谷佳也、松永拓野、日向寺雅人、竹口龍茶、松岡依都美、山田キヌヲ、河井青葉
 
テーマ曲: 細野晴臣
音楽: 森山公稀(odol)
エグゼクティブ・プロデューサー: 坂本和隆(Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
プロデューサー: 梅川治男
ラインプロデューサー: 湊谷恭史
音楽プロデューサー: 安井 輝
ポスプロスーパーバイザー: 佐藤正晃
撮影: 桑原正祀
美術: 丸尾知行
照明: 北岡孝文
録音: 深田晃
編集: 野本稔
音響効果: 佐藤祥子
コスチューム: 石橋瑞枝
ヘアメイク: 永江三千子
特殊メイク: 宗 理起也
キャスティング: 杉山麻衣
助監督: 齊藤勇起
制作担当: 田中智明
制作協力: ザフール
企画・制作プロダクション: ステューディオスリー
 
2021年4月15日(木)、Netflixにて全世界同時独占配信!
 
映画公式サイト

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る