映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』× [Alexandros] LIVE中継付き上映 イベントレポート

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE中継 (川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』

[Alexandros] LIVE中継付き上映

“動くガンダム”が一夜限りのオリジナル演出!
[Alexandros]が主題歌「閃光」を含め4曲を披露!!

6月11日(金)の公開から約4カ月、観客動員108万人、興行収入21.8億円を記録した映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。そのロングヒットを記念して、10月10日(日)に全国215館の映画館にて“一夜限り”の特別上映が行われた。

【画像】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 ロングヒット記念ワンタイム上映 supported by 11.26 [Blu-ray&DVD&4K UHD] 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』×[Alexandros]LIVE中継付き上映 (告知用ビジュアル)

そして、本編の上映に加え、主題歌「閃光」がストリーミングとYouTube総再生回数で5,000万再生を超え、楽曲としてもロングヒットを記録している[Alexandros]が、18mの“動くガンダム” RX-78F00がそびえる「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に設置された特設ステージで「閃光」を含む計4曲を披露!『閃光のハサウェイ』第1部公開の節目を彩るオリジナルバージョンの“動くガンダム”とのコラボレーション演出で各地の映画館のスクリーンへライブ中継された。

【画像】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』メインカット

エンディングテーマ「閃光」を披露!
実物大ガンダムの前でのパフォーマンスに興奮!!

“一夜限り”の特別演出として、今夏期間限定実施された演出プログラム「ミフノスキー・フライト稼働実験」に続いて、2度目の“稼働実験”に臨むメカニックたちの視点で舞台が展開された今回のイベント。

冒頭、主人公ハサウェイ・ノア役の小野賢章のコメント映像が流れ、画面が切り替わると、メカニック役のキャストのセリフに合わせてガンダム(RX-78F00)が起動。ガンダムドック(GUNDAM-DOCK)に設置された電光掲示板に赤く“[Alexandros]”の文字が表示されると、特設ステージに[Alexandros]のメンバーが登場した。

そして登場するなりライブ演奏がスタート。映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の劇中映像をバックにエンディングテーマの「閃光」を熱く歌い上げた。

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE (川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

続いて2曲目には「Beast」を披露。川上洋平がステージを横断しながら歌うなど、劇場に訪れた観客をより一層[Alexandros]の魅力に引き込むようなパフォーマンスを見せつけた。

3曲目の「Mosquito Bite」では、会場が赤く染め上がったかのような照明の演出があり、それに合わせてガンダムも赤色にライトアップ。メンバー同士が向かい合って演奏するなど、ファンには嬉しい見所もあった。

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE (川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

最後の4曲目は「閃光(English ver.)」を再び劇中映像をバックに披露。ライブのラスト曲ということもあり、盛り上がりも一入。それに合わせるかのようにガンダムも機動した。さらには劇中に登場する“ミフノスキー粒子”をイメージしたキラキラと光輝くビジュアルエフェクトが施され、ライブの盛り上がりに応えて見せた。

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE (川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

実物大ガンダムに“ガンダムファン”のマネージャーもお墨付き!!

ライブ終了後、[Alexandros]のメンバーがインタビューに応じてくれた。今日初めてGUNDAM FACTORY YOKOHAMAを訪れ、実際に“動くガンダム”を目の当たりにした川上洋平(Vo/Gt)磯部寛之(Ba/Cho)白井眞輝(Gt)リアド偉武(Dr)はそれぞれ次のようにコメント。

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE (川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

川上は「めちゃくちゃ興奮しました。本当に動くのかちょっと半信半疑だったんですけど、思った以上にめちゃくちゃ動いていたので、感動しました」と回答。さらに磯部は、ガンダムファンのマネージャーについて触れ、「すごくロマンがありますよね。やはり実物大ということで、ガンダムが大好きなうちのチーフマネージャーに再現度がどうかを一応聞いたんですけど、「とても素晴らしい」ということでした。昔のファーストガンダムをやってた世代の人たちみんなに見せてあげたいです。これはたまんないですね!」と感動していた。

続いて白井が「実物大ということで、めちゃくちゃデカくて。しかも思った以上に動いていてびっくりしましたね。次はなんか、カタパルトから飛んでくるのとかやってほしいですね(笑)」とガンダムの新たな動きをリクエストし、そのコメントに笑う川上の姿も見られた。

最後にリアドは「生で見れてよかったです。迫力がすごくて。今日映像で見た方は是非生で見てほしいと思います!」と、ライブビューイングの観客へ向けてメッセージを送った。

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE中継@YOKOHAMA GANDAM FACTORY (“動くガンダム” RX-78F00)

“一夜限り”の特別演出にメンバーは感謝!!

この日、実物大の“動くガンダム”の前に設置されたステージで、『閃光のハサウェイ』の映像を映し出しながらライブ演奏をするという特別なパフォーマンスについて、メンバーが感想を教えてくれた。

川上は「今日は貴重な経験をさせていただきながらの演奏だったので、噛み締めながら、最初から最後までやらせていただきました」と述べた後で、「自分たちはガンダムを背にしていたので、どうやって動いているのかが見たいという思いは抑えつつの演奏でした。あとで収録した動画を見ようかなと思ってます」とガンダムが気になっていたという本音をこぼした。

続いて磯部は「天気も良かったですし、すごく気持ちよく演奏させてもらいました。こんな豪華なセットでマフティーのロゴも背負ってやらせてもらって、光栄でした」とコメント。さらに特に嬉しかった演出についてもコメント。「ガンダムのセットの中盤くらいにある電光掲示板みたいなのものにも[Alexandros]ってちゃんと出してもらって、すごく嬉しかったですね。テンション上がりました」と興奮気味に語った。

続いて、白井は川上に賛同して「演奏しながらガンダムを見れてないのはすごくもったいなかったなと思います」と言いながらも、「すごく皆さんにご協力いただいて。我々とガンダムの結びつきをさらに深いものにしていただき、ありがたいなと思います」とスタッフらへの感謝の気持ちを示した。リアドは「今日も素晴らしかったですし、今日以外にも長い期間、この『閃光のハサウェイ』という作品といろんなことができて、すごく光栄に思いましたね」とこれまでの思い出を振り返った。

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE中継@YOKOHAMA GANDAM FACTORY (“動くガンダム” RX-78F00)

海外のファンからの反響も

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、7月1日(木)よりNetflixにて日本を除く世界各国で配信されている。それに伴って「閃光(English ver.)」を世界中で聴いてもらえる機会が増えたことによる反響があったのかを聞いた。

川上は「YouTubeでもEnglish ver.を公開していて、最初は日本人の方のコメントが多かったんですが、Netflixでの配信開始を皮切りに外国の方からのコメントもすごく増えて。“ああ、早くライブしに行きたいな”と強く思いました。また、『閃光』のMVは実は我々のマネージャーが作っていて、『このMV最高だぜ』ってコメントが書き込まれるたびにマネージャーがすごく笑顔になっていましたね」と、微笑ましい裏話とともに確かな手応えがあったことを話した。

これから『閃光のハサウェイ』を観る方へメッセージ

10月16日(土)からNetflixをはじめとする各種配信サービスで動画配信が開始される。これを受けて、[Alexandros]のメンバーそれぞれがこれから作品を観る方々にメッセージを送った。

白井は「気軽に何回も観れるというのがサブスク配信の醍醐味だと思います。すごく面白い映画なので、何回、何十回、何百回と観てほしいです」とリクエスト。

川上は「過去作を観るなどの予習をしてから『閃光のハサウェイ』を観てもいいと思うし、予習無しで、最初に本作からスタートして、観終わった後から過去の作品を観てもいいし。いろんな見方、楽しみ方ができる作品になっていると思います。僕の場合、本作を観るまでは『逆襲のシャア』っていう、一つ前の作品しか観てなかったんですね。その後他の作品も観たりして、この作品は深いんだなと思いました。長い期間をかけて楽しむということもできる作品なので、是非皆さん独自の楽しみ方とか、シリーズの辿り方とかしてもらえればいいかなと思います」と作品の楽しみ方をアドバイスした。

磯部は「コロナ渦ということや、様々な事情から映画館に足を運ぶことができない方もいらっしゃると思うんですけど、やっとご自宅で観られるということで。まず『閃光のハサウェイ』を是非楽しんでもらいたいなと思います。そして、やっぱり自分たちとしては、作品を盛り上げていけるようにエンディング曲に力を入れているので、作品も曲もひっくるめて楽しんでほしいなという気持ちです」と自らの曲への思いも語った。

最後にリアドは「まーくん(白井)とちょっと同じになってしまいますが、何回も観てほしいです。これだけ注目度の高い作品だからか、いろんなSNSとかインターネット上で様々な考察をしている方がいっぱいいて。自分自身も映画を観た後に、それらの考察を読んで、もう一度観てみると、前回とは違う感情や感想を持ったりするので、そういう見方も面白いと思います。その時に『閃光(English ver.)』のMVとかも絡めて見ていただければなと思います」と締めくくった。

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE中継@YOKOHAMA GANDAM FACTORY (川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

[スチール撮影・取材: Cinema Art Online 編集部 / 記者: 來住 果林]
[ [Alexandros] LIVEスチール撮影: 河本 悠貴(オフィシャル提供)]

イベント情報

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
ロングヒット記念ワンタイム上映 supported by 11.26 [Blu-ray&DVD&4K UHD]
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』×[Alexandros]LIVE中継付き上映

■開催日: 2021年10月10日(日)
■会場: GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
■上映館: 全国215館の映画館(ライブビューイング)
■出演者: [Alexandros](川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

【写真】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』[Alexandros] LIVE (川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』予告篇🎞

Blu-ray&DVD&4K UHD発売告知PV🎥

映画作品情報

《ストーリー

あざやかな閃光 新たな世界の始まり―

第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。

U.C.0105——。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。

そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。

【画像】映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』メインカット

アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。

 

キャスト

ハサウェイ・ノア: 小野賢章
ギギ・アンダルシア: 上田麗奈
ケネス・スレッグ: 諏訪部順一
レーン・エイム 斉藤壮馬
 
アムロ・レイ: 古谷 徹
 
ガウマン・ノビル: 津田健次郎
エメラルダ・ズービン: 石川由依
レイモンド・ケイン: 落合福嗣
イラム・マサム: 武内駿輔
ミヘッシャ・ヘンス: 松岡美里
ミツダ・ケンジ: 沢城千春
メイス・フラゥワー: 種﨑敦美
ハンドリー・ヨクサン: 山寺宏一

主題歌

[Alexandros]「閃光」(UNIVERSAL J / RX-RECORDS)

スタッフ

企画・製作: サンライズ
原作: 富野由悠季、矢立 肇
監督: 村瀬修功
脚本: むとうやすゆき
キャラクターデザイン: pablo uchida、恩田尚之、工原しげき
キャラクターデザイン原案: 美樹本晴彦
メカニカルデザイン: カトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦
メカニカルデザイン原案: 森木靖泰
色彩設計: すずきたかこ 
撮影監督: 脇顯太朗 
CGディレクター: 増尾隆幸、藤江智洋
編集: 今井大介
音響演出: 笠松広司
録音演出: 木村絵理子
音楽: 澤野弘之
 
配給: 松竹 ODS事業室
 
© 創通・サンライズ
 
大ヒット公開中!
Blu-ray&DVD&4K UHD Blu-ray 11.26発売!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @gundam_hathaway
 

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る