映画『人と仕事』完成報告トークイベント レポート

映画『人と仕事』完成報告トークイベント (志尊淳、有村架純、森ガキ侑大監督)

映画『人と仕事』完成報告トークイベント

有村架純「皆さんに寄り添う映画になると感じた」
志尊淳「作品を絶やしたくない 」

映画 『新聞記者』(2019年)、『パンケーキを毒見する』(2021年)など、話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、有村架純志尊淳という、名実ともに今最旬の2人を迎え、コロナに打ちひしがれた日本の職場で、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護士などの人々、その他、声なき仕事人達の現状をレポートする。

監督は、『さんかく窓の外側は夜』(2021年)の森ガキ侑大。2人の俳優が、決して役ではなく、一仕事人として、現代社会と向き合い、仕事の意味を再発見し、私たちが生きて行く上で切っても切り離せない仕事とというものの価値を、改めて見出していくドキュメンタリー映画『人と仕事』が10月8日(金)より全国3週間限定劇場上映される。

【画像】映画『人と仕事』メインカット

9月16日(木)、完成報告トークイベントが東京・神楽座で行われ、有村架純志尊淳、そして森ガキ侑大監督登壇した。

ドキュメンタリー映画初挑戦の有村と志尊、そして森ガキ監督から挨拶 

本作がドキュメンタリー映画初挑戦となる有村は「右も左も分からないまま、前にだけ進んでいく状況だったけど、無事に森ガキ監督をはじめ、皆さんがこの映画を作ってくれまして、この日を迎えられました」と語った。

新型コロナウイルスからの復帰後初めて公の場に立つ志尊は「このようなご時世ですが、このような完成披露(報告)の場を設けていただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします」と挨拶。

メガホンを取った森ガキ監督は「有村さんがおっしゃったように、迷子になりながら作って行った作品なんですけど、今の時代に作ってよかったなと思っています」とコメントした。

映画『人と仕事』完成報告トークイベント (有村架純)

劇映画からドキュメンタリー映画へ 

当初は保育士を題材にした劇映画を制作する予定だったが、新型コロナウイルスの拡大を受けて制作を断念。その後キャスト・スタッフをそのままにドキュメンタリー映画への制作へとシフトしたという経緯がある。

本作への出演オファーを受けた有村は「こう言った状況になって、日々順応しなきゃいけない覚悟はあるけど、撮影できなくなったのはショックだし、自分も心の準備はしてたけど、それをドキュメンタリーにって言われたときに、自分の中でどう咀嚼しながら進めるのかって、不安でした 」と素直な本音を語った。

志尊はドキュメンタリー映画になった本作に対し「作品を絶やしたくない。作品を絶やさないためにも精一杯取り組みたい」とオファーを受けた当時の熱い心境を語った。

一方、森ガキ監督も「これ成立するのかなってドキドキしてて、有村さんと志尊君に、どういう方向に行くのか聞かれたんですよ。正直まだ分からないって話を言って、それを記録的にしていけば嘘偽りないものになっていく」と、手探りで迷いながらの撮影であることを明かした。

映画『人と仕事』完成報告トークイベント (森ガキ侑大監督)

インタビュアを務めた有村と志尊 
それぞれが意識した点とは? 

有村と志尊の2人は、これまでインタビューをされることはあっても、インタビューをするという経験はほとんどない。今回、インタビュアーに挑戦するにあたり、意識した点について聞かれた有村は「自分の好奇心だったり相手に興味を持つことを大事にして、そこから話を広げられたらいいなって思った。寄り添いたい気持ちだけでした」とコメント。志尊は「人と人との会話なので、テンポ間が大事だと思いました。あとは自分がされて嬉しいことをしようと思いましたね。それぞれの職業の方を調べて、相手のことを知ろうとしました」とインタビュー相手への思いやり語った。

映画『人と仕事』完成報告トークイベント (志尊淳)

エッセンシャルワーカーの仕事を実際に体験 

本作で有村と志尊はコロナ禍によって苦境に立たされた「エッセンシャルワーカー」に取材、その仕事を実際に体験している。その体験について志尊は「色んな職業の方が持っている悩みを聞いて、正解はないですけど、聞いて感じたことを劇中でお話しさせていただきました」と語った。

有村も保育士の体験を振り返り「とても楽しい時間を過ごさせていただいて、子供と触れ合ってすごいエネルギーをもらって元気になって帰った」と振り返りながらも「毎日朝からお子さんが帰られるまで、帰ってからの事務作業までされていると、より大変なんだろうな 。好きって気持ちがないと仕事は続けられないなって思いました」と仕事について感じたことを語った。

【画像】映画『人と仕事』場面カット (有村架純)

有村と志尊が緊張したシーンとは?

有村も志尊もドキュメンタリー映画は本作画は初挑戦ということで、緊張したシーンについて聞かれると、有村は「皆さんに会う時は緊張します。喋りはそんなに得意じゃないので、監督にも⼼配事⾔いながら。皆さんと喋る時は緊張してました 」とコメント。志尊は緊張したシーンについて「渋⾕でゲリラで⾏こうって森ガキ監督となったんですけど、映ってませんけど10⼈くらいに無視されて、もう⼼が痛くて。そういう気持ちで、街頭インタビューされてる⽅っているんだろうなっていうことがわかりました。『メンタルもたないんで帰りたいです』と言ってましたね笑 」と冒頭の渋⾕でのシーンを振り返りながら答えた。

完全に託された有村と志尊 
2人が語り合うシーンは本音でぶつかった。

本作の中には有村と志尊の2⼈に完全に託され、エッセンシャルワーカーへの取材や体験を通して感じたこと語り合うシーンがある。森ガキ監督はこのシーンについて「どうすれば2⼈が本⾳を語ってくれるのかなって。そこでカメラだけを置いて、ハラハラしながら2⼈に託しました。その時に2⼈が真摯に映画に向き合ってる姿を⾒たときに河村さんと、新しい映画ができたかもねって話をしました」と語る。

⼀⽅このシーンについて志尊は「森ガキ監督からは『全然カットする』と⾔われたんですよ。それなら本⾳でぶつかってみてもいいかなと思ったんですけど、観たらもうガッツリ使われていて(笑)」と笑いを交えながら振り返る。

有村も「結構使ってんなって思いました(笑)」と素直に語りながらも、「⼀回話してみたら⾔葉が出てきて。きっと志尊さんは『こんなこと思ってるのかよ』って思ったかも知れないですけ
ど」と、本⾳の⾔葉が溢れたシーンを振り返る。

【画像】映画『人と仕事』場面カット (志尊淳)

最後に3⼈から公開を楽しみにしている皆さんへメッセージ 

有村は「本⽇はありがとうございました。仕事という存在は私にも無くてはならない、とても⾃分⾃⾝に影響を与えている存在です。皆さんと⼀緒に仕事という意味や価値を咀嚼しながら考えていけたら嬉しいです 」と本作への想いを改めて語った。

志尊は「普段関わることがない⼈たちがどう感じているのか、価値観であったりとか考え⽅を皆さんと共有したいと思っています。 お時間がありましたら、どうぞご覧になってみてください 」と本作への思いを語った。

森ガキ監督は「⼀⼈でも⾟い思いをしてる⼈が、ちょっとでも何かを考えるきっかけになればこの映画を作った意味があるし、希望の光が多くの⼈に届くと思っている。皆さんに是⾮観ていただけたらと思っています 」と熱い思い語り、トークイベントは締めくくられた。

イベント情報

映画『人と仕事』完成報告トークイベント

■開催日: 2021年9月16日(木)
■会場: 神楽座
■出演者: 有村架純、志尊淳、森ガキ侑大監督

映画『人と仕事』完成報告トークイベント (志尊淳、有村架純、森ガキ侑大監督)

映画『人と仕事』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『人と仕事』ポスタービジュアル

 
出演: 有村架純、志尊 淳
監督: 森ガキ侑大
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー: 河村光庸
製作: 堀内大示、森田圭
プロデューサー: 長井龍、小松原茂幸、花田聖
音楽: 岩代太郎
編集: 鈴尾啓太
編集助手: 藤井遼介
撮影: 森ガキ侑大、Junpei Suzuki、西山勲、佐野円香、森 英人/小松原茂幸、山崎裕
録音: 森英司、黒木禎二
歌: 吉田美奈子& W.I.
作詞: 土城温美
制作: スターサンズ
配給: スターサンズ/KADOKAWA
製作: 『人と仕事』製作委員会
 
©︎ 2021『人と仕事』製作委員会 
 
2021年10月8日(金)より全国3週間限定劇場上映!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter:@hitotoshigoto
公式Instagram:@hitotoshigoto

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る