映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベントレポート
【写真】映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベント (杉咲花)

映画『ぼくらのよあけ』

公開アフレコイベント

主人公・沢渡悠真役の杉咲花が公開アフレコを披露!

「月刊アフタヌーン」(講談社刊)にて連載され日本で最も長い歴史を誇るSF賞である星雲賞候補にもなった、今井哲也の傑作SFジュブナイル漫画「ぼくらのよあけ」の劇場アニメ化が決定し、2022年10月に全国公開される。

宇宙とロボットが大好きな主人公・沢渡悠真を杉咲花、人工知能搭載家庭用ロボットのナナコを悠木碧が演じ、さらに藤原夏海岡本信彦水瀬いのり戸松遥朴ろ美と豪華声優キャストが発表された。

7月29日(金)、主人公・沢渡悠真役の杉咲花による公開アフレコイベントがアバコスタジオで行われ、報道陣を前に2シーンのアフレコを披露!さらにはアフレコや映画にちなんだ質問にも答えた。

【写真】映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベント (杉咲花)

 自分の中に芽生える気持ちを一番大切に

公開アフレコを終えると「とても緊張して足が少し震えました」と安堵の表情を浮かべた杉咲。声優を担当したことに対し「表情も動きも決まっているキャラクターに声をあてることへの難しさや、その気持ちをちゃんと自分の中に落としこむ事へのプレッシャーはあります。(人工知能搭載型家庭用オートボット)ナナコとの関係性の変化を少しずつ演じていくのは難しさもあり温かい時間でした」とやりがいを話した。

【写真】映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベント (杉咲花)

収録に挑む際は主人公の声の重要性や、ちゃんと表現できるように頑張らなければという思いでいっぱいだったという。「監督に気持ちが大事という話をしていただき、声の経験が沢山あるわけではないからこそ自分の中に芽生える気持ちを一番大切にやっていけたらいいなという気持ちを共有することができて、重要な時間だなと思いました」と話し、 声優の方々との共演に「それぞれの個性豊かなキャラクターを鮮やかに演じている皆さんの姿に圧倒されました。悠真、こっちだよと導いてくれる感覚もあって、皆さんの声をちゃんと聞いて、そこにちゃんとついて行ったら大丈夫だと思いました」と笑顔を見せた。

【写真】映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベント (杉咲花)

27年後も女優を続けたい!!

作品の舞台が2049年ということから、27年後は実際どんな世界になっていて、自身は何をしているかという質問に対し「緑が増えていたらいいなと思います。また、自分はこのお仕事を続けていられたらいいなと思います」と話し、子供の頃夢中になっていたことについてはドッジボールと答えた。「顔面に当たって鼻血を出したこともありましたがそれでも楽しくて、ボールを投げたり逃げたりしていました」とわんぱくだったエピソードを披露した。

【写真】映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベント (杉咲花)

最後に「悠真たちが冒険をする姿にハラハラしたり、ジーンときたりして、応援しながら最後は思わず自分にとっての大切なものを思い浮かべてしまうようなとても温かい作品になっていると思います。ぜひ観ていただけたら嬉しいです」と挨拶し、イベントは終了した。

[スチール撮影・取材: Cinema Art Online UK / 記者: 梅田 奈央]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベント

■開催日: 2022年7月29日(金)
■会場: アバコスタジオ
■出演者: 杉咲花(沢渡悠真役)
■MC: 松田尚子(エイベックス・ピクチャーズ)

【写真】映画『ぼくらのよあけ』公開アフレコイベント (杉咲花)

映画『ぼくらのよあけ』特報🎞

映画作品情報

【画像】映画『ぼくらのよあけ』ティザービジュアル 第2弾

《ストーリー》

「頼みがある。私が宇宙に帰るのを手伝ってもらえないだろうか︖」

⻄暦2049年、夏。阿佐ヶ谷団地に住んでいる小学4年生の沢渡悠真は、間もなく地球に大接近するという“SHIII・アールヴィル彗星”に夢中になっていた。

そんな時、沢渡家の人工知能搭載型家庭用オートボット・ナナコが未知の存在にハッキングされた。

「二月の黎明号」と名乗る宇宙から来たその存在は、2022年に地球に降下した際、大気圏突入時のトラブルで故障、悠真たちが住む団地の1棟に擬態して休眠していたという。

その夏、子どもたちの極秘ミッションが始まった―

 
キャスト︓ 杉咲 花(沢渡悠真役)、悠木 碧(ナナコ役)、藤原夏海(岸真悟役)、岡本信彦(田所銀之介役)、水瀬いのり(河合花香役) 、戶松 遥(岸わこ役)、朴 璐美(二月の黎明号役)
 
原作︓ 今井哲也 「ぼくらのよあけ」(講談社「月刊アフタヌーン」刊)
 
監督︓ 黑川智之
脚本︓ 佐藤 大
アニメーションキャラクター原案・コンセプトデザイン︓ pomodorosa
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督︓ 吉田隆彦
音楽︓ 横山 克
アニメーション制作︓ ゼロジー
配給︓ ギャガ/エイベックス・ピクチャーズ
 
© 今井哲也・講談社/2022「ぼくらのよあけ」製作委員会
 
2022年10月 全国公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @bokura_no_yoake
 

映画『ぼくらのよあけ』公開記念舞台挨拶 レポート

映画『ぼくらのよあけ』完成披露試写会 舞台挨拶 レポート

映画『ぼくらのよあけ』公開直前イベント レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る