映画『タリーと私の秘密の時間』(Tully)

【画像】映画『タリーと私の秘密の時間』メインカット

映画『タリーと私の秘密の時間』(原題/英題: Tully)

(原題/英題: Tully)

話を聞いてくれる誰かがいれば、苦労も乗り越えられる!

シャーリーズ・セロン主演『タリーと私の秘密の時間』が8月17日(金)に公開された。

仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきた”人に頼れない”3人の子供の母親マーロと、彼女の元に現れた夜だけのベビーシッター・タリーの不思議な絆を描く。

本作でシャーリーズ・セロンが演じたのは優秀なベビーシッターのタリーではなく、家事と育児で疲れ切ったマーロ。体重を18キロ増やし、どこにでもいるおばちゃん体型に肉体改造して挑んだ。2017年に『アトミック・ブロンド』でMI6の諜報員ロレーン・ブロートンとしてスタイリッシュなアクションを披露したときとは別人のよう。

マーロの姿を追うことで、育児に疲れた母親のリアルな現実とマーロがそれをどう克服したのかを考えてみたい。

【画像】映画『タリーと私の秘密の時間』場面カット

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜の区別がなく、1日の大半を寝てばかり。数時間おきに起きておむつを替え、おっぱいを飲み、また眠るの繰り返し。マーロが夜中に何度も起きて、おむつを替えているシーンがあったが、まとまった睡眠時間が確保できず、親は辛い。

【画像】映画『タリーと私の秘密の時間』場面カット

昼夜の区別がないのは赤ちゃんだけでない。実は母親の身体も同じ。赤ちゃんのために新鮮なおっぱいを24時間作り続ける。満タンだから製造休止ということはしない。そこで赤ちゃんが飲み残した古いおっぱいはしっかり絞り出しておく必要がある。これがけっこう面倒臭い。マーロは自動搾乳機を使って絞っていたが、眠かったのだろう、搾乳した母乳をテーブルにしっかり置かずに倒してこぼしてしまった。

【画像】映画『タリーと私の秘密の時間』場面カット

それでもあまった母乳は自然に溢れ出てしまう。マーロがダイエットのためにランニング中、胸元が濡れたのはそのせい。しかも、溢れ出るより作る量の方が多いので、キャパを超えるとおっぱいはカチカチに固くなり、非常事態宣言とばかり痛み出す。物語後半でマーロがタリーと夜の街に繰り出したとき、トイレに駆け込んで苦しんでいたのはこの非常事態が起こったのだ。こうなると母乳を絞るのも痛い。母体というものは本当にデリケートにできている。

マーロには優しそうな夫がいるが、冷凍ピザをチンしただけの夕食にげんなりした顔をし、夜は1人ベッドでゲームに興じる。マーロが抱える負担を支えようする気配さえない。ワンオペ育児状態のマーロは肉体的な負担だけでなく、孤独という精神的な負担も負っていたのだ。

【画像】映画『タリーと私の秘密の時間』場面カット

そこにタリーが登場。家事を完璧にこなし、マーロの悩みに耳を傾ける。ヘソ出しのショートタンク姿のタリーに戸惑っていたマーロも彼女に心を開いていく。やがてマーロは精神的にも肉体的にも余裕ができ、生き生きとした姿をみせるようになった。

【画像】映画『タリーと私の秘密の時間』場面カット

「おれにはおっぱいがない」と思っている父親でも、話を聞いてあげることはできるだろう。父親でなくても、タリーのように、近くにいる誰かが耳を傾けてくれるだけで、孤独な母親の心はかなり軽くなる。しかも、搾乳した母乳は冷凍保存が可能。母乳育児にこだわっていても、夜中の授乳だって交代できるのだ。

もし、そばに悩めるマーロがいたら、あなたが彼女のタリーになってあげられるかもしれない。

 [文: 堀木 三紀]

映画『タリーと私の秘密の時間』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『タリーと私の秘密の時間』ポスタービジュアル

《ストーリー》

「わたし、ひとに頼れないの」
仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきたマーロは、3人目の子供が生まれて、ついに心が折れてしまう。そんな彼女のもとに夜だけのベビーシッターとしてタリーがやってくる。彼女はタメグチのイマドキ女子なのに仕事は完璧。マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれる。自由奔放なタリーと不思議な絆を深めていくうちに、マーロも本来の輝きを取り戻していくのだが、タリーは何があっても夜開け前に姿を消し、自分の身の上は決して語らないのだった。

 
原題・英題: Tully
邦題: タリーと私の秘密の時間
 
キャスト: シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイビス、マーク・デュプラス、ロン・リヴィングストン、エミリー・ヘイン、エレーヌ・タン、マディー・ディクソン=ポワリエ、リア・フランクランド
監督: ジェイソン・ライトマン
脚本: ディアブロ・コディ
日本語字幕: 中沢志乃
2018年 / アメリカ / 英語 / カラー / ビスタサイズ / 95分 / レイティング:G
配給: キノフィルムズ
© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVE
 
2018年8月17日(金)
TOHOシネマズシャンテほか、全国公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @tully_movie
公式Facebook:@TullyJP

この記事の著者

堀木 三紀

堀木 三紀ライター

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧善懲悪モノでスカッと爽やかな気持ちになりたい人もいる。その人にあった作品を届けたい。日々、試写室に通い、ジャンルを問わず2~3本鑑賞している。(2015年は417本、2016年は429本、2017年は504本の映画作品を鑑賞)

主に映画監督を中心にインタビューを行っており、これまでにインタビューした監督は三池崇史、是枝裕和、阪本順治、岸善幸、篠原哲雄、大九明子、入江悠、本広克行、荻上直子、吉田照幸、ジョン・ウーなど30人を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る