映画『東京バタフライ』主演・白波多カミン インタビュー

【写真】映画『東京バタフライ』 主演・白波多カミン インタビュー

映画『東京バタフライ』
主演・白波多カミン インタビュー

映画初主演を務めた現役シンガーソングライター、その素顔に迫る!!

ヴォーカルの安曇とギターの仁を中心に結成した4人組の人気大学生バンド「SCORE」にメジャーデビューのオファーが舞い込むもレコード会社とのすれ違いによりグループは解散。その6年後、それぞれの道へ進んだ「SCORE」のメンバーが過去と向き合い人生を“再生”する姿を丁寧に描いた映画『東京バタフライ』が9月11日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか全国で公開される。

【画像】映画『東京バタフライ』メインカット

主人公・安曇を演じるのは、シンガーソングライターとして活動する白波多カミン。今作が映画初主演、そして主題歌「バタフライ」を担当した。そんな彼女に今作に込めた思いを聞いた。

「夢は叶う!」みたいな感じではないところが、この作品のすごくいいところ。

—— この作品が完成し、最初に観たときの感想を教えてください。

この作品を最初に観たときは、やりたかったこと(夢とか)とかやりたかったことが上手くいかなくても世界は終わらなくて時間は続いていると感じました。

バンドもののサクセスストーリーだと最後みんなで楽しく演奏してるような絵が浮かぶじゃないですか。でもこの作品はそういう類でない映画だと感じました。わたしの好みですが、「夢は叶う!」みたいな分かりやすいカタルシスがあるのではなく、丁寧に人間の生活を描いているのが、この作品のすごくいい所だと思います。

つまり、リアルに人間が生きてて、上手く行ったり行かなかったりしていく中でずっと世界は続いていって時間も続いていって生活は地味に続いていく。それは残酷でもあり、希望でもあるってことが丁寧に描かれた作品だと思いました。

【写真】映画『東京バタフライ』 主演・白波多カミン インタビュー

—— 撮影で苦労したシーンはありますか?

苦労したシーンは、「できない!」と言ってスタジオを飛び出した後に怒ったまま話すところです。その時に、人間って怒っている気持ちを抱えたまま話すことができないんだなと気づきました。

セリフは覚えているのに、その言葉がうまく口から出てこなくて「怒ってる!!」と言う気持ちで止まるんですよ。そこで何回もNGを出してしまいました。

それを見ていた小林竜樹さんが、さりげなく「カミンちゃん、ゆっくりでいいよ」と言ってくださいました。そこで、実際の動作もそうですが、心を落ち着けることが大事なのかなと思いました。そうしたらその次すごく上手くいったのがとても記憶に残っています。

【画像】映画『東京バタフライ』場面カット

—— 安曇が女の子にギターを教えるシーンで言った「後悔してない?」というセリフがとても印象に残りました。このシーンに込めた思いを教えてください。

私もとっても大好きなシーンで、あの現場は本当に幸せでした。さゆりちゃん(子役)がギター触ったことがなかったので実際にギターを教えて、一緒に練習しました。撮影の合間に、これがD(コード)だよって教えていました(笑)。頑張ってギターを弾いている健気さといったら胸が熱くなる所でした。

「後悔しない?」と言うセリフは私が始めさゆりちゃんに言ったセリフですが、後のシーンで「安曇さん、歌わなくて後悔しない?」と返してくるんです。そこで本当に感動しました。言われることを分かっているのに、心にグッときて私も未だに耳に残っています。

【画像】映画『東京バタフライ』場面カット

—— もし自分が安曇のように納得した作品が作れない環境になってしまったらどういった決断をしますか?

割と似ていると思います。安曇と同じように、おばあちゃんや小さい子が好きなので。

バンドで上手くいかなかった安曇ちゃんは、自分が言いたいことをうまく言い出せてなくて後悔してるんだろうと思いました。その何年か後に、おばあちゃんとお孫さんの関係が上手くいっていない仕事先で自分ができることは何かなと考えてやっていたのが、バンドの時みたいなことにはならないようにしていた優しさが安曇ちゃんの魅力かなと思いました。

【画像】映画『東京バタフライ』場面カット

—— 共感できる部分も多かったと思いますが、ご自身と安曇とで似ていないと感じたところはありましたか?

(主人公の)安曇さんは我慢強いですね。マイクの前まで行って歌うか歌わないか迷い続けるシーンがあるのですが、倒れちゃうまで考えて。多分、前の日の夜も歌うか歌わないかずっと考えて、「歌詞変えろ」とプロデューサーに言われた日からずっと悩んでいたと思います。みんなの気持ちもあるのでマイク前まで行っても、やらなきゃいけないと我慢していて。私がやらなきゃいけない、だけど納得がいかないというところでせめぎ合っていたと思います。

【画像】映画『東京バタフライ』場面カット

私の場合、「歌詞を変えませんか?」という話があったとき自分の納得具合にもよりますが、そこで良く直っていたら「いいと思います!」と言ってやると思いますが、よく直っていてかつ自分も手が入れられそうなら自ら手を加えます。

そして、納得のいかないものだったら「変えて」ともっとすぐ言ってしまう気がします。例えば「もっとキャッチーな方がいい」と言われたら、「じゃあもっとキャッチーな方に変えてきます!」と言うとか、「あなたの言うキャッチーがこれだったら一緒に仕事できません。」とか。だから、そこが安曇とは違うところかなと思います。

【写真】映画『東京バタフライ』 主演・白波多カミン インタビュー

—— この映画は「一度挫折してやり残したことを数年後に再びやり直す」ストーリーですが、白波多さんは一度挫折したり、やり残したことはありますか?

(挫折は)沢山あります。ずーっと挫折しています。学生時代から挫折しては起き上がりです。音楽から全て!「思ってたのと違った」と泣き叫んだことも沢山あります。「もっと売れたかった」と言って泣いたこともありましたね。

—— 撮影中の裏話や、印象に残っていることはありますか?

終始メンバーの子たちは本当に一緒に活動している(バンドの)メンバーなのかなと思うくらい撮影の間も仲良くさせてもらいました。演技に関して私は初心者だったので、演じる上での心構えや気持ちの入れ方を教えてもらって、それがとても参考になりました。俳優さんがどういう風にカメラの前に立って撮影するのかというプロセスを直に見れるという貴重な体験ができました。

【画像】映画『東京バタフライ』場面カット

他の共演者とは普通にふざけあったりもしました。バンドメンバーの4人とはこの作品の試写を観たあと、みんなでお好み焼き屋さんへ行きました。バンドの打ち上げみたいなノリがあって楽しかったです。

子役の女の子もとても可愛くて、休憩中にTikTokを見せてくれたりして今流行っていることなど色々教えてもらいました。また、彼女もホルンを吹いてるらしく、音楽の話もしました。

【画像】映画『東京バタフライ』場面カット

「夢は何回見てもいい」、若者に伝えたいメッセージ

—— 最後に、シネマアートオンラインの読者の皆様にメッセージをお願いします。

夢を見て、上手くいったり行かなかったりすると思うんですけど、こうなったらいいなと自分が一生懸命やっても思った通りにならないこともあると思うんです。でも、そうなったとしても日常の生活は続いていくし世界が終わるわけではないし、それは希望なんだということを伝えたいです。だから、夢は何回でも見ていいと思います。

【写真】白波多カミン (Kamin Shirahata)

「夢破れた若者」といった宣伝をこの作品はされると思いますが、私は夢は破れるものじゃなくて見るものなんだと思います。夢見る所からしか始まらないと思っていて。夢はいくつ見てもいいし、どんな大きさでもいいし、むしろ大きさなんてなくて何見てもいいんです。それが上手くいったら嬉しいし行かなかったら悲しい、ただそれがあるだけで。それについて嘆いて、絶望することはないよと私は思います。

[インタビュー: 佐藤 優瑞 / スチール撮影: 坂本 貴光]

プロフィール

白波多 カミン (Kamin Shirahata)

1988年生まれ、京都府出身。音楽家。シンガーソングライター。これまでに1st album「ランドセルカバーのゆくえ」2nd album「くだもの」、弾き語りalbum「白波多カミン」を発表。バンド結成後、メジャーデビューアルバム「空席のサーカス」をリリース。MOOSIC LAB2017短編部門ノミネート作品「意味なし人生ちゃん、宇宙へ」の出演、劇伴音楽、主題歌を担当し、ミュージシャン賞を受賞。近年の主な出演作品に、映画『意味なし人生ちゃん、宇宙へ』(2017年/澁谷桂一監督)、舞台『ルイ・ルイ』(2019年/劇団快快公演)などがある。

【写真】白波多カミン (Kamin Shirahata)

映画『東京バタフライ』予告篇

映画『東京バタフライ』オフィシャルトレーラー (予告篇)

映画作品情報

【画像】映画『東京バタフライ』ポスタービジュアル

《ストーリー》

ヴォーカルの安曇とギターの仁を中心に結成した人気大学生バンド「SCORE」。ある日、ライブ中にレコード会社の目に留まりメジャーデビューのオファーが舞い込んできた。しかし、安曇はある出来事をきっかけにレコード会社へ不信感を抱き、メンバーと対立。バンドは解散してしまう——

6年後、介護士として穏やかな日々を過ごす安曇、人気バンドのサポートギターとして活動する仁、アルバイトをしながらも音楽に未練が残る修、結婚後、妻・瞳の実家の和菓子屋さんで働く稔、28歳となった彼らはそれぞれ別の生活を歩んでいた。ある日、安曇は仕事を担当する梅子から孫にギターを教えてほしいと頼まれる。最初は戸惑ったが、数年ぶりのギターの感触に胸の高鳴りを感じた。ただ、それとともにSCOREを一時の感情で解散させてしまったことへの後悔を思い出す。その頃、仁や修、稔もさまざまな人生の悩みに直面していた…

安曇はうやむやにしていた過去の後悔ときちんと向き合うため、彼らと6年ぶりに集まることを決心した——

 
出演: 白波多カミン、水石亜飛夢、小林竜樹、黒住尚生、松浦祐也、尚玄、松本妃代、小野木里奈、浦彩恵子、熊野善啓、福島拓哉
 
監督・編集: 佐近圭太郎
脚本: 河口友美
音楽: 白波多カミン
チーフプロデューサー: 和田丈嗣
プロデューサー: 新井悠真
ラインプロデューサー: 仙田麻子
撮影: 星潤哉
照明: 平野礼
録音: 大関奈緒
美術協力: 滝本淳志
ヘアメイク: タカダヒカル
スタイリスト: 中橋じゅん
助監督: 山之内優
制作担当: 佐藤宏
スチール: 北圃莉菜子
制作: WIT STUDIO、Tokyo New Cinema
配給・宣伝: SDP
 
上映時間: 82分
 
© 2020 WIT STUDIO/Tokyo New Cinema
 
2020年9月11日(金)
アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @tokyobutterfly_
公式Facebook: @tokyobutterfly2020
公式Instagram: @tokyobutterfly_

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る