映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 レポート
【写真】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 (中井貴一、安田章大、中村ゆり、友近、武正晴監督)

映画『嘘八百 なにわ夢の陣』

㊗公開記念舞台挨拶 

第4弾はオールスターもので製作!?
中井貴一「海外に行けるかどうかは皆さんにかかっています」

古美術商(中井貴一)と陶芸家(佐々木蔵之介)の<骨董コンビ>が、豊臣秀吉の幻のお宝をめぐって大騒動を巻き起こす。

【画像】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』場面カット

2018年から続く『嘘八百』シリーズの第3弾となる『嘘八百 なにわ夢の陣』が1月6日(金)に全国公開!TOHOシネマズ 六本木ヒルズで公開記念舞台挨拶が行われ、主演の中井貴一、共演の安田章大(関ジャニ∞)中村ゆり友近、そして武正晴監督が登壇。新年にふさわしく華々しく公開初日をお祝いした。

新年を迎えてのめでたい公開初日に主演の中井は「明けましておめでとうございます!新年早々に劇場に足をお運びいただき、ありがとうございます!」と満席の客席に向かって挨拶。

【写真】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 (中井貴一)

一方、仕事の都合で参加できなかった佐々木蔵之介からはビデオレターが届いたが、その中で佐々木は「正月気分が抜けず、お酒を飲み過ぎて今日はいけない」などと“嘘八百”な理由を述べて場を盛り上げていた。

そんな佐々木のジョークに対して中井は「これは本当のことですね!」とワルノリして、「皆さんもご存じだと思いますが、彼の実家は京都でも有名な酒蔵です。水道をひねると水ではなくて日本酒が出てくると言うし、彼は日本酒のことをお米ジュースだとも言っていますから。あながち嘘ではない。これはやむを得ない事情ですね」と欠席を承諾。これに安田は「日本酒をお米ジュースと言う方ですから、お正月に溺れたのかお酒に溺れたのか…」と頭を悩ませていた。

大阪の堺市を中心としたロケについて中井は「堺市には美味しいものも、観光として見るものもある。是非とも皆さんに大阪の堺市に行っていただきたい。大阪城の中には豊臣秀吉の財宝も展示されているので…ってこれ大阪の宣伝!?」とすっかりお気に入り。安田は「僕は貴一さんや蔵之介さんが行ったという美味しいゴハン屋さんの話を聞きながら『行きたいな~』という思いのまま終わりました」と周辺散策が出来ず残念がるも「太閤には会わなければと、豊臣秀吉のお墓に手を合わせに行きました」と墓参りを報告していた。

【写真】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 (安田章大)

また安田は、自身が演じたカリスマ波動アーティスト・TAIKOHについて武監督から「だいぶ当て書きです。安田さんに出会ってTAIKOHがより現実的な人物になっていった」などと説明されると「贅沢で幸せなこと。自分ではないキャラクターなのに自分をイメージしていただき、見ていただいた方々の心に響く瞬間を頂けているのはラッキーなこと」と喜んでいた。

そんなTAIKOHを支える美女としてシリーズ初参加の中村は「波動アーティストを支えるキャラクターということで悩みましたが、キャラクターとして捉えるのではなく二人がこれまでどう生きてきたのかを大切に演じました」と回想。TAIKOHというキャラクターについては「安田さんが演じたことで胡散臭い存在にならなかった。それは安田さんがお持ちの純粋性とリンクしているから」と絶賛すると、当の安田は「嬉しくて恥ずかしくて…ヤッター!という気持ち。生きていてラッキー!」と大喜びだった。

【写真】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 (中村ゆり)

一方、友近は撮影を振り返り「チームのみんなで暮らしたら楽しいと思うくらい落ち着いて穏やかで微笑ましい現場でした。帰りたくなるような場所で、そこにいるだけでニヤニヤするしほっこりする」と愛着十分だった。

また、今年挑戦したいことについて聞かれた友近は「一心同体の西尾一男と水谷千重子の幅を広げて、ハワイ公演をしたい!」と抱負を述べて、それに安田も「そこに自分も参加できたら…」と興味津々。中村は「決まっているお仕事を一つ一つ丁寧にやって、人に親切に優しく穏やかに過ごせたら」と新年の抱負を口にしていた。

【写真】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 (友近)

武監督は『嘘八百』第4弾にも前向きで「たくさんのお客さんに劇場に足を運んでもらい、製作陣も第4弾製作に動かざるを得ない状況を作って欲しい。第4弾をやるならば、オールスターものとして全シリーズの登場人物を全員出したい。それでバトルロイヤル」と具体的な企画を口にした。

【写真】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 (武正晴監督)

これに呼応する形で中井も「第4弾は海外で撮影したい。陶器は日本だけのものではないので、海外の陶器を探す物語をオールスターで。そのためには今作が大ヒットしなければいけない」と観客に呼び掛けて「ハワイ公演を実現させようとする友近に付いていきながら、彼女の地元に美味しいスパゲッティ屋さんがあるので、そこで安田君と一緒に食事をしてじっくりと考えて海外で撮る計画を立てたい」とシリーズ第4弾の製作を約束していた。

最後に主演の中井は「4作目で海外に行けるかどうか、それはすべて皆さんにかかっています。1度だけではなく3度くらい本作を観ていただき、ご協力をいただければ・・・。そしてこの1年が皆さんにとっていい年になるよう、心からお祈りしています」と新春挨拶を交えて大ヒットを祈願していた。

イベント情報

映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2023年1月6日(金)
■会場: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
■出演者: 中井貴一、安田章大、中村ゆり、友近、武正晴監督

【写真】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』公開記念舞台挨拶 (中井貴一、安田章大、中村ゆり、友近、武正晴監督)

映画『嘘八百 なにわ夢の陣』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『嘘八百 なにわ夢の陣』ポスタービジュアル

《ストーリー》

前々作、前作で千利休、古田織部の茶器をめぐって大騒動。目利き古美術商と腕の立つ陶芸家のはずが、相も変わらずくすぶり続ける〈骨董コンビ〉の目の前に一攫千金のお宝=太閤秀吉の縁起モノ「秀吉七品」の1つで幻の茶碗〈鳳凰〉が現れた。開催間近の大阪秀吉博をはじめ“TAIKOH”と名のるカリスマ波動アーティストやその財団を仕切る謎の美女が絡み、歴史・骨董・アートのロマンと強欲が激突。大阪城を背景に繰り広げられる天下の騙し合いに〈骨董コンビ〉分裂の危機まで勃発︕︖お宝バトルを制するのは誰なのか︖

 
出演: 中井貴一、佐々木蔵之介、安田章大、中村ゆり、友近、森川葵、前野朋哉、宇野祥平、塚地武雅、吹越満、松尾諭/升毅/笹野高史
 
監督: 武 正晴
脚本: 今井雅子、足立 紳
音楽: 富貴晴美
製作幹事: 東映ビデオ
制作プロダクション: アークエンタテインメント
配給: ギャガ
 
© 2023「嘘八百 なにわ夢の陣」製作委員会
 
2023年1月6日(金) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @uso800movie
 

映画『嘘八百 なにわ夢の陣』完成披露試写会 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る