映画『裏アカ』公開記念舞台挨拶レポート

【写真】映画『裏アカ』公開記念舞台挨拶 (瀧内公美、加藤監督)

映画『裏アカ』㊗公開記念舞台挨拶

神尾楓珠もびっくり!木村大作監督が撮影に参加!?
『裏アカ』の裏側に迫る…!!

木村大作、降旗康男、原田眞人、成島出ら日本を代表する数々の名監督の下で厚い信頼とともに助監督を務めてきた加藤卓哉がTSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015で準グランプリを受賞し、長編監督デビュー作となった映画『裏アカ』が約1年の公開延期を経て4月2日(金)ついに公開初日を迎えた。

【画像】映画『裏アカ』メインカット

翌日4月3日(土)に渋谷 CINE QUINTO(シネクイント)にて公開記念舞台挨拶が開催され、主演の瀧内公美と加藤卓哉監督が登壇した。

MCの呼び込みで深々と頭を下げ登場した瀧内公美と加藤監督。「2015年に撮った作品ですが、デビュー作でもあるので昔の友達とか俳優さんが連絡をくれたり劇場に来てくださったりして、初めて今日は感謝する日なんだなと感じました」と加藤監督は感無量な様子。

作品のオファーから出演を決めた理由を聞かれた瀧内は「真知子のキャラクターは自分自身とかけ離れていたし、SNSを活用していない人間だったのですが、監督がご一緒してみたいと言ってくれたこと、オリジナル脚本であったことなどもあり、挑戦させていただきました」と原作ありの作品が多い邦画の中で、挑戦的な姿勢であったことも明かした。

【写真】映画『裏アカ』公開記念舞台挨拶 (瀧内公美)

また、撮影で印象に残っていることについて聞かれた瀧内が「監督と沢山ディスカッションしたことですね。撮影時間は13日間だったのですが、準備期間の方が長かったので監督と過ごした時間がすべて濃厚でした。あと本作は監督が助監督時代の仲間と一緒に進んでいったみたいな感じでしたね。みんなが監督と真摯に向き合って、アイディアを出す人がいっぱいいましたね(笑)」と話すと、加藤監督は「ガラスに表の真知子が映るシーンの絵コンテを書いたら、みんなにつまらないと言われまして(笑)。何度も書き直したなんてこともありましたけど、色んな意見の中から贅沢に選ばせていただけてありがたかったです」と話し、会場には笑いが起こった。

【写真】映画『裏アカ』公開記念舞台挨拶 (加藤監督)

また、二人は居酒屋でのシーンが思い出深かったとのこと。瀧内は「先輩方が自由なお芝居をするシーンだったので、その場その場で反応しなくてはいけないので大変でしたね。あと、木村大作さんが撮ってくださったシーンでもありました。途中からいろんな激が飛んで、誰が監督がわからなくなるくらいでしたね(笑)」と話すと、加藤監督も続けて「木村さんはいつもしゃべらない人なのですが、現場に入って調子も上がってきて、神尾くんにも『こっちを見て演技して!』とか言い始めて。神尾くんもびっくりしていましたね(笑)」と話し、会場は笑いの渦に。

【写真】映画『裏アカ』公開記念舞台挨拶 (瀧内公美、加藤監督)

続いて本作にちなんだ質問として、作品のテーマでもある「裏アカウント」を持っていたとしたらどんなことをつぶやきたいかと聞かれた瀧内は「フレンチブルドックが大好きなので、それをずっと見ていたい(笑)。でも結局仕事の愚痴になっちゃうよね…」などと話していた。

最後に瀧内は「2週間ぐらいの上映なので、何か感じていただけたらSNSなどで宣伝していただけると嬉しいです」と話し、加藤監督は「表裏を決めるのは自分自身。自分がどう感じてどう動くか、真知子の心情を通して考えるきっかけになってほしい」と熱く話し、舞台挨拶は幕を閉じた。

イベント情報

映画『裏アカ』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2021年4月3日(土)
■会場: CINE QUINTO
■登壇者: 瀧内公美、加藤卓哉監督

【写真】映画『裏アカ』公開記念舞台挨拶 (瀧内公美、加藤監督)

映画『裏アカ』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『裏アカ』ポスタービジュアル

《ストーリー》

青山のアパレルショップで店長を務める伊藤真知子は、どこか満たされない毎日を送っていた。自分の意見は採用されず、年下のカリスマ店員・新堂さやかに仕事を取られ、ストレスが溜まる日々。そんなある日、さやかの何気ない一言がきっかけで真知子はSNSの裏アカウントを作り、胸元の際どい写真を投稿する。表の世界では決して得られない反応に快感を覚えた真知子の投稿はどんどん過激になっていき、それに呼応するようにフォロワー数も増えていった。

【画像】映画『裏アカ』場面カット

「リアルで会いたい」「もっと自分を解放して」 そんな言葉に誘われ、フォロワーの1人と会うことになった真知子。その相手は、“ゆーと”という年下の男だった。 真知子は自分と同じ心の乾きを持つ彼に惹かれていく。しかし、その関係は1度きり。それがゆーととの約束だった。ゆーとと会えないことから、真知子は他の男と関係を持つようになるが、その心は満たされない。

【画像】映画『裏アカ』場面カット

裏の世界でフラストレーションがたまっていくのとは裏腹に、表の世界は、店の売り上げ不振回復への施策に自身のアイデアが採用され、大手百貨店とのコラボレーション企画が決まるなど充実していく真知子。やりがいのあるプロジェクトに意気込む真知子だったが、その百貨店担当者の原島努こそが、あのゆーとだった。表の世界で再会を果たした2人。平静を装う原島に対し、心乱れ動揺を隠せない真知子。原島ではなく、ゆーとに会いたいという思いが日増しに募っていく。

【画像】映画『裏アカ』場面カット

表と裏、愛情と憎悪、真実と嘘、理性と欲望・・・相反する2つが激しく交錯する中、真知子に突然訪れる結末とは…。

 
TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015 準グランプリ受賞作品
 
出演: 瀧内公美、神尾楓珠、市川知宏、SUMIRE、神戸浩、松浦祐也、仁科貴、ふせえり、田中要次
 
監督: 加藤卓哉
脚本: 高田亮、加藤卓哉
製作: 映画『裏アカ』製作委員会
配給: アークエンタテインメント
製作幹事: カルチュア・エンタテインメント
 
© 2020映画『裏アカ』製作委員会
 
2021年4月2日(金)
新宿武蔵野館、池袋HUMAXシネマズ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter:@uraaka_movie
公式Twitter裏アカ🔓:@uraaka__no__ura
※裏アカを閲覧するには表アカウントをフォローする必要があります。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る