映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶レポート

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、バーナード・ローズ監督)
 

映画『サムライマラソン』

公開記念舞台挨拶開催!

佐藤健、小松菜奈、森山未來ら豪華キャスト集結!
“和の心”を観てほしい。世界公開にも期待!!

佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャストと、アカデミー賞受賞歴を持つ世界的スタッフの集結で話題沸騰!日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2月22日(金)より全国公開を迎えた。

【画像】映画『サムライマラソン』メインカット

翌日の2月23日(土)、TOHOシネマズ 日比谷で公開記念舞台挨拶を開催。満席御礼の客席後方から、佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人、バーナード・ローズ監督が歓声に包まれながら登壇した。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、バーナード・ローズ監督)

主演・ヒロインが思う、今までで最もスリリングな現場とは!?

主演の佐藤は、本作の撮影を「僕が経験した現場の中で最もスリリングだった」と振り返り、「動きや台詞さえも決めぬまま本番に突入し、役者が自分の役を本当に理解していないと成り立たないような環境の中で、やらせてもらいました。そんな監督の“無茶ぶり”をとことん楽しめる役者たちの中で芝居が出来たことを嬉しく思います」と笑顔を見せた。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (佐藤健)

ヒロインの雪姫を演じた小松は、「走ったり馬に乗ったり殺陣をしたり、めまぐるしい日々でした。バーナード監督がとてもパワフルで、私たちもその勢いに乗って日々戦いながら演技していた姿が、映画に美しく残っているので、映画館で楽しんでいただけたら嬉しいです」と手ごたえを感じていた様子。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (小松菜奈)

メガホンをとったバーナード監督は、「時代劇を作るのはクレイジーで奇妙な、自分の夢でもあった。素晴らしいキャストにも恵まれ、日本で映画を作ると言う最高の体現ができて本当に感謝しています」と、感慨深げにコメントした。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (バーナード・ローズ監督)

出演者が語る渾身の演技の裏にある役作りとは…!?

続いて話題は、本作の役作りについて。ただ一人藩に迫る危機を知り、藩を守るために奔走する唐沢甚内を演じた佐藤は、本作の撮影にあたり歴史や時代と向き合い、江戸時代に生きていた人々や侍のイメージというのは、映画が作り上げたものだという答えにたどり着いたという。「だったら今回僕たちが作るこの映画、僕が演じるこの役は、過去に作られた映画をなぞるのではなく、自分たちが新しい歴史を提供するんだという思いで、芝居をさせていただきました」と、本作に対する並々ならぬ思いを明かした。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (佐藤健)

画家を夢見る行動的な姫で、城を抜け出すために男装して遠足(とおあし)に参加する雪姫を演じた小松は、「雪姫は凛としていて向上心もある女の子なので、城の外に出た時の解放感、自由に生きているパワフルさを出せたら良いなと思った。現場で相手の方のお芝居に反応しながら、そこで起こるものを感じながら演じさせていただきました」と、バーナード監督の独特な演出や撮影現場が、演技に役立ったことを語った。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (小松菜奈)

そんな雪姫との結婚をもくろむ傲慢な侍・辻村平九郎を演じた森山は、本作で乗馬に初挑戦したことでも話題に。青木いわく「僕らの中では“森山ケンタウロス”と呼んでいる」というほど見事な乗馬シーンを絶賛された森山は「やっぱり腰つき、体幹ですね」と秘訣をコメント。さらに、「生き物同士のコミュニケーションとして、どちらが上かはっきりさせるような“マッチョな姿勢”も持っておかないといけないんだなと思いました」として、馬と関係性を築く難しさを明かした。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (森山未來)

佐藤演じる甚内の上司、植木義邦を演じた青木は、劇中に登場する甚内との殺陣シーンが早くも大評判。『るろうに剣心』シリーズでは相棒として共演していた青木と佐藤の、コンビネーションの高さも話題を集めている。青木は「なるべく危機迫るような、時代劇らしくないリアルに近い戦いを見せて欲しいと監督に言われ、二人で話して作っていった」として、佐藤との相変わらずの相性の良さを語った。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (青木崇高)

侍に憧れる俊足の足軽・上杉広之進を演じた染谷将太は、劇中で「一着になって名誉を得るか、八百長に乗って家族に楽をさせるか」の選択を迫られる役に挑戦。染谷自身ならどちらを選択するか問われると、「私自身は一着になることは絶対ない」と答え会場は大爆笑!また、俊足に見せるために“ナンバ走り”で早く走ることが難しかったといい、遠足(とおあし)のシーンでは「森山未來さんのスピードについていくのが大変で、追いつくのにいっぱいいっぱいでした」とその苦労を語った。対する森山は、撮影時にバーナード監督から「誰が勝つかが重要ではなく、誰が一着になってもいい」と言われたことを告白。その代わりとにかく走ることを求められたといい、「ガチで走ろうと思った」ことを明かすと、染谷からは「かなわないですよ!」の声が飛び、再び会場に笑いが起こった。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (染谷将太)

幕府の刺客として戦いに身を投じる青年・三郎を演じた小関は、実は役柄に裏設定があったことを明かした。なぜ三郎という若者が荒くれ者たちに混ざって戦いに身を投じたのか、その理由を監督たちとディスカッションする中で、小関が行きついた答えが「失恋」だったのたという。「三郎にとって失恋は重いもので、今までの自分を壊してみたいという気持ちから、戦に参加したんじゃないかという結論にたどりつきました」と、自らキャラクターの背景を考案しながら演じていたことを語った。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (小関裕太)

暇を出されるももう一花咲かそうとする老侍・栗田又衛門を演じた竹中は、バーナード監督のホラー映画『キャンディマン』の大ファン。そんな大好きな監督との撮影について、「台本通りやらなくて良いというの監督のオーダーは、僕にとっては最高でした。いきなり本番だから、毎日何が起こるかわからなくて楽しかった!」と満面の笑みで振り返った。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (竹中直人)

そんなバーナード監督は、これまでゲイリー・オールドマンやソフィー・マルソーなど世界的な俳優と映画を作り、本作で初めて日本人俳優と仕事したといい、「皆さん最高でした!」とキャスト陣を絶賛。「本作は群像劇でもあるので、役者それぞれのキャラクター理解を表現してほしいと思っていた。僕の現場ではテストの段階からカメラを回していて、役者のアップなのか引きなのか、何を撮っているかわからないようにしたりしていたので、緊張感を持って演じていただけたと思います。今までのどの作品よりも最高のキャストでした!」と語ると、会場からは大きな拍手が起きた。

平成最後にやってみたいことは!?キャストの話に会場が盛り上がる!!

またトークの最後には、キャスト陣が「平成最後にやってみたいこと」を発表!

小松は「山登り」。「ちょっと精神を鍛えようかなと。平成が終わるまでに、2回山登りをしたいと思います」と宣言した。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (小松菜奈)

小関は「猪に会う」。現在山奥での撮影に参加していることから、「そこには猪が出るらしいので、今年は亥年だし、僕の干支も猪だし、猪に出会いたい!会えたら喜びます(笑)」と無邪気にコメントした。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (小関裕太)

佐藤は、やりたいことは信じられないぐらいやりきっていると語りながらも、「オーロラを見たことがないから見てみたい」という願望を明かした。「平成中には難しいかもしれないけど、宇宙にも行きたいしスカイダイビングもしたいし、平成をとっぱらえばやりたいことはいっぱいある!」と語り、会場を沸かせた。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (佐藤健)

バーナード監督、日本の観客に向けて熱い思いを語る!!

最後に、イギリス出身のバーナード監督は、本作を通じて日本の観客に「とにかく楽しんでほしい!」と熱い思いをコメント。「エンターティンメントなのですごく楽しさが詰まっているし、ワクワクできる映画だと思っているので、気に入ってくだされば嬉しいです」と語った。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (バーナード・ローズ監督)

佐藤健、“和の心”を観てほしい。世界公開に向けて見どころを語る!!

さらに、日本での公開を皮切りに、世界各国での公開に向けさらなる展開が期待される本作。主演の佐藤は、海外の観客に向けて“和の心”を観てほしいと発言。

バーナード監督からは、「侍とはこうでなければいけない」というような先入観をすべてとっぱらって、「役者から出てくるエモーションを撮りたいんだ、自由にやってくれ」とリクエストされていたというが、佐藤は「自由に演じてと言われても、ここに立っているすべてのキャストの中に“大和魂”があって、“和の心”があって、昔ながらの所作や着物の着こなし、日本語ならではの美しさなど、醸し出されるものがあると思っていて。この映画を観て、そういった日本人ならではの美しさを感じてもらえたなら、それは僕たちの中から出てきたものです。それを海外の方々にも感じて頂けたら嬉しい」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (佐藤健)

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 取材: 山本 留以]

 

イベント情報

<映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶>

■開催日: 2019年2月23日(土)
■会場:
TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン12
■登壇者:
 佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、バーナード・ローズ監督
■MC:
上宮菜々子(テレビ朝日アナウンサー)

【写真】映画『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶 (佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、バーナード・ローズ監督)

[スチール写真: オフィシャル提供]

映画『サムライマラソン』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『サムライマラソン』ポスタービジュアル

《ストーリー》

懸けろ、運命を。駆けろ、時代を。
時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会のはずが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれてしまう。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出す─。

 
出演: 佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、木幡竜、小関裕太、深水元基、カトウシンスケ、岩永ジョーイ、若林瑠海/竹中直人、筒井真理子、門脇麦、阿部純子、奈緒、中川大志 and ダニー・ヒューストン、豊川悦司、長谷川博己
 
監督: バーナード・ローズ
原作: 土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)
脚本: 斉藤ひろし、バーナード・ローズ、山岸きくみ
企画・プロデュース: ジェレミー・トーマス、中沢敏明
音楽: フィリップ・グラス
衣装デザイン: ワダエミ
配給: ギャガ
© ”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON
 
「サムライマラソン」は東京2020参画プログラムです。東京2020参画プログラムとは、様々な組織団体がオリンピック・パラリンピックとつながりをもちながら2020年の大会に向けた参画・機運醸成・レガシー創出のアクションを実施するプログラムです。日本マラソンの発祥といわれる史実「安政遠足」と東京2020大会との親和性や2020年以降のレガシー創出につながるプロジェクトとして「サムライマラソン」は、東京2020公認プログラムに認証をされました。
 

2019年2月22日(金)
TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー!

映画公式サイト

公式Twitter:@samuraimarathon
公式Instagram:@samuraimarathon
公式ハッシュタグ:#サムライマラソン

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る