映画『キネマの神様』完成報告会見 レポート

【写真】映画『キネマの神様』完成報告会見

映画『キネマの神様』完成報告会見

菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎ら豪華キャスト陣が集結!
山田洋次監督が松竹映画100周年を記念した映画への想いを熱弁!!

松竹キネマ合名社の設立、そして数々の名作を創り出した蒲田撮影所の開所を迎えた1920年から、日本映画史を飾る傑作、ヒット作の製作、配給、興行を続け、2020年松竹映画は100周年を迎えた。

日本映画界を代表する巨匠・山田洋次を監督に迎え、これまで数々の文学賞を受賞してきた人気小説家・原田マハの小説を映画化。松竹映画100周年を記念した作品となる、映画『キネマの神様』が、幾度の公開延期を経て、ついに8月16日(金)より劇場公開を迎えることが決定した。

【画像】映画『キネマの神様』キャラクター8名

そして、公開に先駆けて3月29日(月)に東京・イイノホールにて完成報告会見が実施され、菅田将暉永野芽郁野田洋次郎を筆頭に、寺島しのぶ小林稔侍宮本信子とベテラン俳優らが勢揃い、さらには、山田洋次監督も登壇。70年近く日本映画の最前線を走り続ける唯一無二の存在として最新作に込めた熱い想い、さらに映画に対する強い愛を語った。

本作は1950年~60年代の日本映画の黄金期と現代を舞台に、“映画の神様”を信じ続けた主人公・ゴウが時代を超えて織り成す“夢”“愛”“奇跡”に満ちた感動の物語が描かれる。

志村けんの遺志を継いだ沢田研二とW主演を務め、撮影所の助監督として青春の日々を送る若き頃のゴウを演じた菅田将暉。彼は長期の撮影中断を経てついに完成を迎えることができた本作について「この1年、いろんなことがありましたが、思い出の詰まった作品になりました」と並々ならない想いと喜びを明かす。

今回初めての山田組に挑戦した永野は撮影所近くの食堂・ふな喜の看板娘である淑子を演じているが「毎日緊張と勉強の連続で、今までになかった経験ができました」と明かすと、すかさず山田監督から「本当に緊張していた?(笑)」と楽しいツッコミが入り、会場を沸かせた。撮影所で映写部として働くテラシン演じる野田は「山田監督はアイデアが豊富で、その場でスタッフも瞬発的に演出作業をしていた」と撮影裏話を明かした。

さらに、劇中にあるギターを弾くシーンも「3日前くらいに言われたんです」と、監督による突然のアイデアだったことを暴露すると、山田監督は「もっと前から言ってたんじゃない?(笑)」と笑いながら返答した。一方、現代のテラシンを演じた小林とは“そっくり”だと試写を観た関係者の中では話題となっているが、小林も「嬉しいですね。野田さん演じるテラシンの演技を見た時に、(演技に対する)気持ちは僕と一緒だと思いました」と野田の演技を絶賛。

夫婦となったゴウと淑子の娘・歩を演じた寺島しのぶは「(山田組への出演は)待ち望んでいた出来事だったので、何が何でも出たいという思いを伝えましたね」と初の山田組となった印象を語る中、ゴウの妻となった現代の淑子を演じた宮本信子はなんと本作が50年ぶりの山田組となり、「50年は長いですよね。最初にお会いした当時はすごく怖かったのですが、本作で久しぶりお会いして長い年月が経ったのだと思いました」と、ベテラン俳優らがそれぞれの想いを語った。

100周年記念作品にふさわしい豪華なキャスト陣が集結しながらも長期の撮影中断など、あらゆる困難が降りかかった状況下でも前を向き、“奇跡”の積み重ねでついに完成を迎えた本作。山田監督は「本作は8月の上映になってしまいましたが、多くの方にこの作品を映画館で観ていただきたいです」と語る。また、作品が完成するまでの長い道のりを振り返りながらも、これから映画界がコロナを乗り越えて、この『キネマの神様』が劇場映画復活へのバトンになってほしいという希望を込めたことを、映画人として熱を持って語っていた。

会見中には、“キネマの神様”がいることを信じて劇場公開に向け歩み始めた彼らの本作へかける情熱に、胸が熱くなる「特別映像~完成までの物語~」が公開され、会場が優しさと未来への希望に満たされていた。

イベント情報

映画『キネマの神様』完成報告会見

■開催日: 2021年3月29日(月)
■会場: イイノホール&カンファレンスセンター 4階
■出演者: 菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子、山田洋次監督
■MC: 奥浜レイラ

【写真】映画『キネマの神様』完成報告会見

映画『キネマの神様』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『キネマの神様』ポスタービジュアル

《ストーリー》

無類のギャンブル好きなゴウ(沢田研二)は妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。

それは「映画」 一 。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。

若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、 時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)、 また撮影所近くの食堂の看板娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。そして、ゴウとテラシンは淑子にそれぞれ想いを寄せていた。

しかしゴウは初監督作品の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。ゴウは撮影所を辞めて田舎に帰り、淑子は周囲の反対を押し切ってゴウを追いかけて行った・・・。

あれから約50年。ゴウの孫・勇太(前田旺志郎)が、古びた映画の脚本を手に取る。その作品のタイトルは、『キネマの神様』。それはゴウが初監督の時、撮影を放棄した作品だった。

勇太はその脚本の面白さに感動し、現代版に書き直して脚本賞に応募しようとゴウに提案する。最初は半信半疑で始めたゴウであったが、再び自身の作品に向き合う中で、 忘れかけていた夢や青春を取り戻してゆく――。

これは、“映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる 愛と友情、そして家族の物語。

 
監督: 山田洋次
脚本: 山田洋次、朝原雄三
原作: 原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
出演: 沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子
配給: 松竹
 
© 2021「キネマの神様」製作委員会
 
2021年8月6日(金) ROADSHOW!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @kinema_kamisama
公式Instagram: @kinema_kamisama

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る