映画『映像研には手を出すな!』マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE イベントレポート

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE 映画『映像研には手を出すな!』ステージ (齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月)

マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE 

映画『映像研には手を出すな!』

乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が登場!
映像研“電撃3人娘”がTGCのランウェイを歩く

今年1月にテレビアニメ化、さらにドラマ実写化もされた人気作品。小学館「月刊!スピリッツ」で連載中の大童澄瞳(おおわらすみと)原作の漫画「映像研には手を出すな!」が実写映画化!この秋注目のエンタメ作品、映画『映像研には手を出すな!』がいよいよ9月25日(金)に公開される。

【画像】映画『映像研には手を出すな!』メインカット

9月5日(土)、さいたまスーパーアリーナにて開催された「第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE」(TGC 2020 A/W ONLINE)でのTGC公式メディア「girlswalker」STAGEにて、映画『映像研には手を出すな!』とのコラボレーションが実現!主人公の浅草みどりを演じた齋藤飛鳥、水崎ツバメ役の山下美月、金森さやか役の梅澤美波ら、主演を務める乃木坂46の人気メンバーがランウェイに登場した。

齋藤飛鳥、「すごく嬉しかった」と語る。

ステージ上のスクリーンに映画『映像研には手を出すな!』の予告編映像が流れると、カラフルな光とともに、齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の3人が登場!

乃木坂46が歌う映画の主題歌「ファンタスティック三色パン」をBGMに、3人が横並びでランウェイを歩いた。

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE 映画『映像研には手を出すな!』ステージ (齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月)

今回の映画について、齋藤は「我々3人の女子高生が、最強の世界を作るために部活を設立するんですけど、そこで頑張ってアニメを作ろうとしたら、生徒会の人とかに攻撃されてしまったりと、ちょっとドタバタした感じの作品になってます」と説明。

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE 映画『映像研には手を出すな!』ステージ (齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月)

自身が演じた役については、「私は浅草みどりという役なんですけど、すごく好奇心旺盛で、アニメ作りにもすごく熱量があるんです。でも極度の人見知りで、人と接するとちょっと変な言葉遣いになってしまったり、ちょっと白目むいちゃったりする、そんな女の子です」と紹介した。

【画像】映画『映像研には手を出すな!』場面カット

山下は役について、「私は浅草みどりの同級生である水崎ツバメという役をやらせていただくんですけど、その役はアニメーターを目指しているカリスマ読者モデルの超お嬢様で、すごく変わっているんで。でも、芯が強くて、まっすぐで明るくて、優しい女の子です」と話した。

【画像】映画『映像研には手を出すな!』場面カット

自分と通ずるところはありますか?と聞かれると、「“カリスマ読者モデル”というところは、私はカリスマでもなんでもないんですけど、こういうファッションショーとかにも出させていただいているので…」と謙虚に答えた。

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE 映画『映像研には手を出すな!』ステージ (齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月)

すると、司会のNON STYLEに「あなたがそこを認めないと!」と突っ込まれ、山下は「頑張ります!(笑)」とコメントした。

梅澤は役について、「私が演じる金森さやかも二人と同級生で、アニメの知識は全くないんですけど、お金を生み出す行動が好きな、ちょっと変わった高校生の女の子になっています」と話した。

【画像】映画『映像研には手を出すな!』場面カット

漫画が実写化されるということで、山下は映画の表現について、「実写でも巨大ロボとか、怪獣とか、VFXっていう映像技術を使っているので、壮大な映画になっています。公式サイトでも、VFXを使っているメイキング映像が観れるのでぜひ観てください!」と話した。

コミックス、TVアニメで超話題の「映像研には手を出すな!」が、乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の出演でTVドラマ&映画化! 圧倒的なスケールで描かれる”最強の世界”、そのVFXの裏側を覗くBREAKDOWN映像を毎週公開!

撮影について、梅澤は、「アニメに関する作品だったので、初めて聞くような専門用語が多かったので、そこは苦戦しました。でも、普段活動しているメンバーと一緒だったので、リラックスしながら、すごく和気あいあいとした楽しい撮影現場でした」と話した。

【画像】映画『映像研には手を出すな!』場面カット

最後に齋藤は、「こうやってTGCのステージでまさか『映像研』の時間をくださるとは思わなかったので、すごい嬉しくて、でも申し訳なさもあるので、どうしても色々な方に観ていただきたいなと思います」と話し、3人はステージを後にした。

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE 映画『映像研には手を出すな!』ステージ (齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月)

“映像研”メンバーによる堂々のウォーキング

その後3人は、TGCのメインモデルとして「3rd FASHION SHOW STAGE」にも登場!

17kgのステージでは、今年の秋冬も可愛く着こなせる“イチナナコーデ”を提案。新しいオリジナルラインも登場し、ディテールにこだわったスペシャルアイテムをお披露目。齋藤と山下がこのステージに登場した。

齋藤はホワイトのトップスにピンク色のロングスカートを合わせたガーリーなコーディネートで登場。ステージのファーストルックを飾った。

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE「3rd FASHION SHOW STAGE」齋藤飛鳥 (乃木坂46)

続いて山下もランウェイへ。ホワイトのパーカーとロングスカートのオールホワイトコーデで登場。ランウェイ先ではカメラに向かって笑顔を見せた。

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE「3rd FASHION SHOW STAGE」山下美月 (乃木坂46)

ROYAL PARTYのステージでは、女性らしい今どきのクラシカルヴィンテージスタイルを提案。ブランドのテーマはクラシカルでヴィンテージ感のある昔の女優。

このステージの中盤には梅澤が登場。パープルのワンピースを身にまとい、優雅にランウェイを歩いた。クールな表情でウォーキングをし、ランウェイ先でポーズを決めると笑顔で振り返った。

【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE「3rd FASHION SHOW STAGE」梅澤美波 (乃木坂46)

[スチール撮影: Cinema Art Online UK、坂本 貴光 / 記者: 田上 結菜]

イベント情報

マイナビ 第31回 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE
TGC公式メディア「girlswalker」STAGE Part1 
映画『映像研には手を出すな!』

■開催日: 2020年9月5日(土)
会場: さいたまスーパーアリーナ
■登壇者: 齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波(乃木坂46)
■MC: NON STYLE(石田明、井上裕之)、田中みな実【写真】マイナビ TGC 2020 A/W ONLINE 映画『映像研には手を出すな!』ステージ (齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月)

映画『映像研には手を出すな!』予告篇

コミックス、TVアニメで超話題の「映像研には手を出すな!」が、乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の出演でTVドラマ&映画化! 映画本予告がついに解禁! 行こう、最強の世界。

映画作品情報

【画像】映画『映像研には手を出すな!』ポスタービジュアル

《ストーリー》

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。

浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島(福本莉子)、王(松崎亮)が幹部として運営を司っている。

そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。

運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。

こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!

 

キャスト

齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波 
小西桜子、グレイス・エマ、福本莉子、松﨑亮、桜田ひより、板垣瑞生、赤楚衛二、鈴之助 出合正幸、松本若菜、山中聡、浜辺美波、髙嶋政宏

スタッフ

原作: 大童澄瞳「映像研には手を出すな!」(小学館 「月刊!スピリッツ」連載中)
脚本・監督: 英勉 
脚本: 高野水登 
音楽: 佐藤望
映画主題歌: 乃木坂46「ファンタスティック三色パン」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作: 大田圭二、村松俊亮、今野義雄、北川謙二、秋元伸介、久保雅一、中野伸二、永田勝美、舛田淳
企画・プロデュース: 上野裕平 
エグゼクティブ・プロデューサー: 高橋亜希人、丸山博雄 
プロデューサー: 金森孝宏、梶原富治、尹楊会、田村豊
協力プロデューサー: 岡本順哉、四竈泰介、高柳亮博 
原作協力: ビッグコミックスピリッツ編集部 坪内崇、千代田修平、西菜摘 
撮影: 川島周、古長真也 
照明: 本間大海、山田和弥 
録音: 竹内久史 
美術: 池田正直 
装飾: 金子大悟、加藤安梨沙 
スケジュール・監督補: 長野晋也 
制作担当: 百々勲 
衣裳: 加藤優香利 
ヘアメイク統括: スズキユウジ 
アクション: 諸鍛冶裕太 
キャスティング: 阿保友理恵 
編集: 相良直一郎 
VFX統括: 村上優悦 
アニメ統括: 大嶋美穂 
音響効果: 柴崎憲治
製作: 東宝、ソニー・ミュージックエンタテインメント、乃木坂46合同会社、Y&N Brothers、小学館、MBS、ひかりTV、LINE
制作: ノース・リバー 
制作プロダクション: ROBOT 
配給: 東宝映像事業部
 
© 2020「映像研」実写映画化作戦会議
© 2016 大童澄瞳/小学館
 

2020年9月25日(金) 全国公開!

映画公式サイト

公式Twitter: @eizouken_saikyo
公式Instagram: @eizouken_saikyo

この記事の著者

Cinema Teens Online

Cinema Teens Online編集部

インタビューやイベントレポートなど、Cinema Art Onlineのティーンメンバーが10代の視点で情報発信しています❣ シネマティーンズ編集部メンバー(なお、ゆうみ、ゆな、るい、ほま、さほ、あやの、さら、こずえ、あかね、あや、Coco)

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る