映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶レポート

【写真】映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 (松村北斗/SixTONES、森七菜、堀田真由、七五三掛龍也/Travis Japan/ジャニーズJr.、耶雲哉治監督)

映画『ライアー×ライアー』㊗公開記念舞台挨拶

松村北斗からのサプライズに感動!!
森七菜、堀田真由、七五三掛龍也が熱中していることとは?!

累計発行部数190万部を突破した金田一蓮十郎の大人気コミックを実写化した映画『ライアー×ライアー』が2月19日(金)についに公開を迎えた。

W主演を務めるのは、同作の主題歌を歌うグループ・SixTONESのメンバーでもある、松村北斗まつむらほくと。女子高生姿の義姉・湊を別人のみなだと信じて、ベタ惚れしてしまう透役で、女癖の悪いクール系モテ男の顔と、とことん一途な甘々男子の顔を演じ分け、そのツンとデレのギャップで全女子を沼に突き落とす。もう一人の主演は、映画『天気の子』(2019年)、『ラストレター』(2020年)など話題作への出演が相次ぐ森七菜もりなな潔癖症の地味系女子大生・湊と、JK&ギャルメイク・みなとして透に一目惚れされてしまうキャラクターをコミカルに演じ、実写映画初主演を果たした。

【画像】映画『ライアー×ライアー』場面カット (堀田真由、森七菜)

湊の友人である真樹役を演じるのは、『劇場版 ブラック校則』(2019年)や『殺さない彼と死なない彼女』(2019年)にも出演した堀田真由ほったまゆ。また透の親友、桂役とを演じるのは、松村と同期である七五三掛龍也しめかけりゅうや(Travis Japan/ジャニーズJr.)、湊に想いを寄せる烏丸役には、『シグナル100』(2020年)、『みをつくし料理帖』(2020年)など数々の映画へ出演する小関裕太こせきゆうたらフレッシュな共演者が脇を固め、『暗黒女子』(2017年)や『映画刀剣乱舞-継承-』(2019年)を手掛けた耶雲哉治やくもさいじが監督を務めている。

「私×義理の弟×JK姿の私」という不思議な三角関係。小さな嘘から始まった切ない物語に、松村と森のクスッと笑える掛け合いが含まれ、笑あり胸キュンありのラブストーリーが展開されている。

【画像】映画『ライアー×ライアー』場面カット (森七菜)

2月20日(土)、公開記念舞台挨拶がTOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催され、W主演の松村北斗(SixTONES)と森七菜、共演の堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、そして耶雲哉治監督が登壇。その模様は全国の劇場へライブビューイングによる中継も行われた。

義理の姉・湊(森)がなりすましたJK・みなに恋をする大学生・高槻透役の松村。SixTONESとして主題曲「僕が僕じゃないみたいだ」も歌っており「エンドロールで曲が流れたときに、映画と曲が相乗効果の関係にあると思った。その二つが共存する作品がこの世に生まれてくれてよかった」と大満足だ。

趣味は人それぞれ?!今熱中しているものとは?

壇上では映画の設定に掛け、それぞれが「熱中しているもの」を発表した。

松村は「辛いものがめちゃめちゃ好き」と言い「僕は七味唐辛子とかが家に20種類くらいあるような人間。テレビ番組とかでもそれをずっと語っているけれど、あまりにマニアック過ぎて結局使われないんです(笑)」とかなりの辛いものマニアらしい。森が「コアですね…」と反応に困ると「この話はこうやって周りを困らせてしまうんです。でも共感してほしいというわけではない…面倒くさいんです、僕って!」と拗らせ系な一面もうかがわせた。

【写真】映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 (松村北斗/SixTONES)

一方、森は某有名カーレースゲームに弟と熱中しているらしい。「やり出すと止まらない。でもどんなに気持ちで頑張ってもスピードが速くはならない。キノコでしか速くならないので難しい」とゲーム内ルールに苦戦。すかさず松村から「それがゲームだからね…」と冷静にツッコまれていた。

【写真】映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 (森七菜)

堀田は「休みの日は1日ソファーから離れないくらい、ずっと韓国ドラマにハマっています。3話くらいに主人公が撃たれてしまったりして“ウソやん!”と続きが気になる。有名作品からコアなものまで観ています」と自粛期間中に韓国ドラマブームに乗ったという。すると森は「その主人公は撃たれて大丈夫だったんですか?」と堀田の口にしたあらすじに喰いつき、堀田から「それが生きているの!」と教わると「凄い!」と興味津々だった。

【写真】映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 (堀田真由)

七五三掛は「料理」に熱中しているそうで「得意な料理は肉じゃが。カレーも作るし、米も炊く。味噌汁も作ります」と紹介。松村から「具材ほぼ一緒じゃん」とツッコまれつつも「簡単なものから挑戦していて、上手くできたら自分のブログにアップしたりしています」と男の手料理を楽しんでいるようだった。

【写真】映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 (七五三掛龍也/Travis Japan/ジャニーズJr.)

仕込みにヒヤヒヤ(笑)なサプライズメッセージ!!

…とここで主演の松村から、登壇者へサプライズが!なんとそれぞれが持つマイクについているシールを剥がすと、そこには松村からの“感謝の言葉”が隠されていた。森には「撮影中、チームを引っ張ってくれてありがとう!本当に尊敬しています」、堀田には「次はもっと一緒にお芝居をしましょう!」、同期の七五三掛には「この作品には絶対に“しめ”(七五三掛)が必要だ!」、耶雲監督には「映像の美しさに心からほれぼれしました」などと松村の想いのこもった直筆メッセージが。

森が「尊敬なんて…恐縮」というと、松村は「W主演なので一個一個同じポジションを担当していたので、尊敬しています」と感謝。一方、堀田は松村から「姉御肌で、ときどき“姉さん”と呼ぶくらい頼りになった」と言われるも「私のマイクのシールだけがちょっとはがれていたので、おかしいなと思っていた。気になって先にシールを捲らないで良かった~!」とサプライズの仕込みにヒヤヒヤしていた。

同期の七五三掛に松村は「まったく同じ日の同じ時間のオーディションで、しめは隣で踊っていた。そんなしめとの共演には特別な思いがある」としみじみ語りかけると、七五三掛も「同期の主演作に携われて光栄。みんなよりも遅れて撮影に入った僕に対して、北斗が率先して会話に入れてくれた。とても心強かった」と同期の座長の心遣いに感謝していた。

耶雲監督には「この作品を観たときに『素敵だ』と思った。その瞬間に監督の顔が思い浮かんだ」と松村は述べて、耶雲監督を「ほっくん!ありがとう!」と喜ばせていた。手の込んだ感謝のメッセージに登壇者一同がシミジミする中で、松村は照れを隠すように「みんなそのメッセージ、持って帰って!そして玄関に飾って!」とジョークを飛ばしていた。

【写真】映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 (耶雲哉治監督)

大ヒット祈願!×みんなに愛される作品に

最後に森は「素敵な映画なので、より多くの皆さんに届いて、今の元気のない世の中を元気にする力になりたい」と期待。松村は「今のご時世だからこそ観てほしい作品。ネタバレはダメですが、興味をそそるようなコメントをSNSに投稿してほしい。それが色々な人に伝わり、みんなに愛していただける作品になれば」と大ヒットを祈願していた。

イベント情報

映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2021年2月20日(土)
■会場: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
■出演者: 松村北斗(SixTONES)、森七菜、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、耶雲哉治監督

【写真】映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 (松村北斗/SixTONES、森七菜、堀田真由、七五三掛龍也/Travis Japan/ジャニーズJr.、耶雲哉治監督)

映画『ライアー×ライアー』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『ライアー×ライアー』ポスタービジュアル

《ストーリー》

恋愛経験ゼロの地味女子大生・湊は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透と同居中。超無愛想だけどイケメンで女癖の悪い透が原因で、2人の仲はギクシャク、お互いに冷たい態度を取り合っている。ある日、親友・真樹の頼みで高校の制服にギャルメイクで街に出た湊は、偶然にも透に遭遇……!湊はとっさに別人のJK“みな”だとウソをつき、それを信じた透は“みな”にまさかの猛アプローチをかけてきたー!すぐに正体を明かすつもりが、見たこともない健気で一途な透の姿に、真実を言いづらくなった湊は、“みな”として透と付き合うことになってしまう。別れるタイミングをうかがう湊だが、「付き合ってくれて本当に嬉しいよ」と笑う透を見て、不覚にもキュンとして……!? そんな時、大学のサークル交流会で再会した幼馴染の烏丸からも告白!? ウソから始まった前代未聞の【2人なのに三角関係】は、ライバルの登場でさらに複雑化!湊のウソはバレる?バレない? そしてラストに明かされる、もう1つの≪ウソ≫とは!?

 
出演: 松村北斗(SixTONES)、森七菜、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、板橋駿谷、竹井亮介、相田翔子
 
原作: 金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)
 
監督: 耶雲哉治
脚本: 徳永友一
音楽: 遠藤浩二
 
主題歌:「僕が僕じゃないみたいだ」SixTONES(Sony Music Labels)

製作:『ライアー×ライアー』製作委員会

制作プロダクション: アスミック・エース、ROBOT
配給: アスミック・エース
 
© 2021『ライアー×ライアー』製作委員会
© 金田一蓮十郎/講談社
 
2021年2月19日(金) ロードショー!
大ヒット上映中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @liarliar_movie
公式Instagram: @liarliar_movie
公式ハッシュタグ: #ライアーライアー映画

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る