AnimeJapan 2022 「ソードアート・オンライン 10th Anniversary Project -The Beginning-」レポート
【画像】「ソードアート・オンライン 10th Anniversary」ロゴ
 

AnimeJapan 2022
ソードアート・オンライン 10th Anniversary Project -The Beginning-

SAOアニメ10周年の記念イヤー✨
2022年秋公開の劇場版も目が離せないっ!

2022年現在、全世界での累計発行部数は2,600万部を突破している川原礫氏による小説「ソードアート・オンライン」シリーズ(「電撃文庫」刊)。2012年にTVアニメの第1期が放送開始されてから10年、さらには作品内の次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》の正式サービス開始の年でもある2022年、アニメ10周年プロジェクトが始動する。

3月27日(日)、世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2022」の2日目にAJステージ<RED STAGE>にて、「ソードアート・オンライン 10th Anniversary Project -The Beginning-」を開催! ReoNaのライブで始まると、キリト役の松岡禎丞、アスナ役の戸松遥、アスナ役の戸松遥、アリス役の茅野愛衣、ユージオ役の島﨑信長、シリカ役の日高里菜、リズベット役の高垣彩陽が登壇し、トークが繰り広げられた。MCはニッポン放送アナウンサーの吉田尚記が務めた。

SAOならぬ“MAO”!?

ReoNaのライブから始まったステージ。TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」のエンディングテーマである「forget-me-not」、そして、TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の2ndオープニングテーマ「ANIMA」を披露し、観客を魅了した。

【写真】AnimeJapan 2022「ソードアート・オンライン 10th Anniversary Project -The Beginning-」ステージ (ReoNa)

 

その後登壇したキャスト陣。いつも「ANIMA」を聞くと涙すると以前明かしたことのある松岡は「僕は泣きました!」と舞台袖でいつものように泣いたことを交えながら挨拶。続く戸松は「松岡さんが泣いてるところに照明の光が差し込んできて!神々しい感じになってました」と暴露。島﨑も「ReoNaさんを育てたプロデューサーみたいだった」と続いた。

10年前のアフレコ当時を振り返り、高垣が「いつも炭酸水を飲んでいた松岡さん。何をするにも全力で!その背中が頼もしかったです。たまに自分の頬を叩いて自制したり……」と松岡についてのエピソードを話すと、松岡は「頬は叩かなくなりました」と答え自身の成長について言及するのかと思いきや、「別の現場で後輩が怖がるからやめろって言われて。ゲームの現場ではやります」と注意されて人前でやらなくなったことを激白した。

日高が「確かに見なくなったかも!」と言うと、それを聞いた茅野は「私たちは怖がらないから、私たちの前ならいいんじゃない?」とフォローを入れた。その光景を見たMCの吉田は「松岡さんを見守っている方々が多すぎて、このままでは“マツオカ・アート・オンライン”の話になりますね」とツッコミを入れた。

【写真】AnimeJapan 2022「ソードアート・オンライン 10th Anniversary Project -The Beginning-」ステージ (松岡禎丞、戸松遥、茅野愛衣、島﨑信長、日高里菜、高垣彩陽、ReoNa)

アニメ「SAO」10周年プロジェクトの情報が一挙解禁!

今秋公開予定の映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』の特報映像も公開され、もう終えたというアフレコについて松岡は「今回もすごかったですよ。目が追いつかなくて!物語の展開は知ってるのに、これ本当に勝つのかな?と思うくらい臨場感があるというか。ドキドキしながら演じました」と話し、作品への期待を高めた。

 

その他、次世代VRMMORPG《SAO》サービス開始日11月6日と同日に行うメモリアルイベント「ソードアート・オンライン -フルダイブ-」、アニメ10年の歴史を繋ぐ美術展「THE ART OF SWORD ART ONLINE」など、ファンに嬉しい《アニメ「ソードアート・オンライン」10th Anniversary Project》の情報も新たに解禁され、イベントは終了した。

[記者: 梅田 奈央 / 編集: Cinema Art Online UK]
[スチール写真: オフィシャル提供]

イベント情報

AnimeJapan2022 AJステージ
ソードアート・オンライン 10th Anniversary Project -The Beginning-

■開催日: 2022年3月27日(日)
■会場: 東京ビッグサイト 東展示棟1ホール RED STAGE
■登壇者: 松岡禎丞(キリト役)、戸松遥(アスナ役)、茅野愛衣(アリス役)、島﨑信長(ユージオ役)、日高里菜(シリカ役)、高垣彩陽(リズベット役)
■MC: 吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
■アーティスト: ReoNa
【写真】AnimeJapan 2022「ソードアート・オンライン 10th Anniversary Project -The Beginning-」ステージ (松岡禎丞、戸松遥、茅野愛衣、島﨑信長、日高里菜、高垣彩陽、ReoNa)

アニメ「ソードアート・オンライン」10th Anniversary Project

「ソードアート・オンライン -フルダイブ-」

アニメ10周年記念 《SAO》の日を飾るメモリアルイベント

【日時】2022年11月6日(日)
【会場】東京ガーデンシアター
【出演】松岡禎丞、戸松遥、竹達彩奈、沢城みゆき、日高里菜、伊藤かな恵、悠木碧、茅野愛衣、島﨑信長、平田広明、安元洋貴、水瀬いのり

★「ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」Blu-ray&DVDに最速抽選申込券を封入

【画像】アニメ『ソードアート・オンライン』10周年プロジェクト (メモリアルイベント「ソードアート・オンライン -フルダイブ-」)

「THE ART OF SWORD ART ONLINE」

SAOを作るもの。SAOが描くもの。
数々の制作資料やイラストを展示した空間で、作品世界へ没入する展覧会。
「THE ART OF SWORD ART ONLINE」開催決定

【期間】2022年7月2日(土) -24日(日)
【会場】上野の森美術館

【画像】アニメ『ソードアート・オンライン』10周年プロジェクト (「THE ART OF SWORD ART ONLINE」)

SAO SELECTION

「SAO SELECTION」2022.7 ON AIR 決定

「ソードアート・オンライン」TVアニメ全シリーズからユーザー投票にて厳選されたセレクション話数を放送。

【画像】アニメ『ソードアート・オンライン』10周年プロジェクト (SAO SELECTION)

映画作品情報

【画像】映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』ティザービジュアル

《イントロダクション》

第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(「電撃文庫」刊)。

次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語は、2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、2022年現在、全世界での累計発行部数は2,600万部を突破。

TVアニメは2012年に第1期が放送、現在までに4シリーズ(全97話※1)に加えて、2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開。

2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開。興行収入25億円を突破する大ヒットを記録した。

『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、《SAO》物語のすべての始まり、アインクラッド第一層からの軌跡を、深く掘り下げながら詳細に描く作者自身によるリブート・シリーズ。

原作者・川原礫がアスナ視点で描く新たな《アインクラッド》編を、完全新作アニメーションで映画化。

これは、ゲームであっても遊びではない――。

ゲームオーバーは現実の死に直結する。全ての原点であるデスゲーム『ソードアート・オンライン』が、劇場のスクリーンで新たに幕を開ける。

TVアニメは2012年に第1期が放送、現在まで続く4シリーズ(全97話※1)に加えて、2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開。その他にもゲーム、コミカライズなど、幅広いメディアミックス展開がなされている。

『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、《SAO》物語のすべての始まり、アインクラッド第一層からの軌跡を深く掘り下げていく、作者自身によるリブート・シリーズ。2021年、その『プログレッシブ』を原作とした完全新作アニメーション映画シリーズが始動。キリトからヒロインのアスナへ視点を変えて再構築し、新たな《アインクラッド》編を描いた第1弾映画「星なき夜のアリア」は、週末興行収入ランキングで初登場第1位を記録し、全都道府県で10週間にわたるロングランヒットとなった。そして2022年、続編にあたる「冥き夕闇のスケルツォ」が、いよいよ開幕する。

※1. 総集編および、「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」を除く。

ゲームオーバーが現実の死に直結するデスゲーム――。

物語の原点をたどる『ソードアート・オンライン -プログレッシブ-』のアニメーション映画、待望の第2弾! 

 

STAFF

原作・ストーリー原案: 川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案: abec
 
監督: 河野亜矢子
キャラクターデザイン・総作画監督: 戸谷賢都
アクションディレクター・モンスターデザイン: 甲斐泰之
音楽: 梶浦由記
制作: A-1 Pictures
製作: SAO-P Project
配給: アニプレックス

CAST

キリト: 松岡禎丞
アスナ: 戸松 遥
アルゴ: 井澤詩織
 

© 2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

映画公式サイト
公式Twitter: @sao_anime

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る