第34回 東京国際映画祭(TIFF) Amazon Prime Video テイクワン賞 トークショーレポート

【写真】第34回東京国際映画祭(TIFF) Amazon Prime Video テイクワン賞 トークショー (行定勲監督/Amazon Prime Video テイクワン賞 審査員長、児玉隆志 プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャー、市山尚三 東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)

第34回 東京国際映画祭(TIFF) 
Amazon Prime Video テイクワン賞 トークショー 

行定勲監督と児玉隆志氏が新人監督にエール
「クリエイターの時代が来た」

10月30日(土)から11月8日(月)にかけて開催される第34回東京国際映画祭(TIFF)。Amazon Prime Videoの協賛を得て、これまで商業映画の監督・脚本・プロデューサーを担当したことがない日本在住の映画作家の15分以内の短編作品を対象とした“Amazon Prime Video テイクワン賞”が今年から設立され、223作品が応募された。

映画監督の行定勲、女優の渡辺真起子、美術監督の磯見俊裕、元駐日マケドニア大使で映画監督のアンドリアナ・ツヴェトコビッチ、Amazon スタジオアジアパシフィック責任者のエリカ・ノースら5名の審査員チームによる厳正なる審査のを経て、9作品がファイナリスト作品として選出。10月30日(土)にTOHOシネマズ シャンテにて9作品の上映が行われ、上映前に審査員長の行定勲監督とAmazon Prime Videoの児玉隆志(プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネジャー)の対談を実施。東京国際映画祭プログラミング・ディレクターの市山尚三が司会を務め、トークショーが行われた。

【写真】第34回東京国際映画祭(TIFF) Amazon Prime Video テイクワン賞 トークショー (行定勲監督/Amazon Prime Video テイクワン賞 審査員長、児玉隆志 プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャー、市山尚三 東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)

司会の市山氏に“新人監督に向けたメッセージ”を聞かれると、行定監督は特にファイナリストについて「もう既に皆さんライバルですよ。数年後には『あの時、賞をあげなければ良かった』と僕は後悔しているんじゃないかと思います(笑)」とコメントし、笑いを誘った。

【写真】第34回東京国際映画祭(TIFF) Amazon Prime Video テイクワン賞 トークショー (行定勲監督/審査員長)

そして児玉氏も「クリエイターの時代が来たなと思っています。“配信”って同じタイミングで一気に全世界に持っていけますよね。一つ一つ国に交渉する必要も無くなってきましたし、映画館を押さえなくてもよくなった。これはすごいチャンスだと思います。これだけ露出をしやすくなった今、特に実写の作品からどんどんヒットが出ていくんじゃないかと思っていて」と話し、「頑張ってほしいですね。良い作品を作ってください」と2人からエールが送られた。

【写真】第34回東京国際映画祭(TIFF) Amazon Prime Video テイクワン賞 トークショー (行定勲監督/審査員長)

東京国際映画祭が新たな才能の発掘を目指して今年から設立した“Amazon Prime Video テイクワン賞”。受賞者には、Amazonから賞金100万円が贈られるほか、Amazonスタジオと長編映画の製作を模索し、脚本開発に取り組む機会も提供される。受賞結果については、11月8日(月)にTOHOシネマズ 日比谷で行われるクロージングセレモニーにて発表となる。

[スチール撮影&取材: 美坂 英里]

ファイナリスト9作品

小田香(34歳)『夜行列車』

列車が暗闇を走っていく。乗客がみる夢のなかを金魚が漂う。

【画像】短編映画『夜行列車』メインカット

小高沙里(30歳)『窓越しのキス』

隣人として出会い、恋人になったマドカとミハル。しかし、厳しい外出制限監視システムにより、隣家にも関わらず会うことができなくなってしまう。

【画像】短編映画メインカット

金子雅和(43歳)『水虎』

明治中期。絶世の美人画を描くため旅する日本画家の露銀は偶然、塩商人の男の命を助ける。男は、かつて愛し合った絶世の美女の話を語り始める…。自然と人の間に起きるドラマ「水虎」の序章。

【画像】短編映画『水虎』メインカット

金允洙(35歳)『日曜日、凪』

離婚を決めた秋子と幸一。そこへ友人の三浦がビリヤードのキューを持って訪ねて来る。ビリヤード場、赤いジャージの男、飲みかけの缶ビール、思い出話と土曜日の夜。

【画像】短編映画『日曜日、凪』メインカット

古川原壮志(38歳)『なぎさ』

クラスメイトの男の子と女の子。プールの時間に二人が話したこと、男の子は繰り返し思い出す。忘れられない時間の物語。

【画像】短編映画『なぎさ』メインカット

古川原壮志(38歳)『Birdland』

ベッドの上で一日を過ごす寝たきりの老人。ある冬の夜、老人は窓の外に降る雪を見て思い出す。それは先立った妻との最後の時間。

【画像】短編映画『Birdland』メインカット

瑚海みどり(49歳)『橋の下で』

癌を宣告された小山内茉美は、その日偶然に仕事仲間を見かける。すっかり変わり果てた仲間の神田は、記憶を失いホームレスとなっていた。生き方が真逆な二人は一夜の再会を果たす。

【画像】短編映画『橋の下で』メインカット

節田朋一郎(46歳)『必要と不必要』

世の中はいるものといらないものでできている。それなのにいらないものばかり背負い込んで、欲しいものには手を伸ばせない。そんな里美の前に、姉になった兄が帰ってくる。

【画像】短編映画『必要と不必要』メインカット

宮原拓也(29歳)『EVEN』

近未来の社会では、人間のクローンが量産され、感情を排除されたうえで、家電商品のように扱われていた。しかし、とある男性の元で働くクローンには感情が芽生えてしまい…。

【画像】短編映画『EVEN』メインカット

イベント情報

第34回東京国際映画祭 × Amazon Prime Vide 
Amazon Prime Video テイクワン賞 トークショー

■開催日: 2021年10月30日(土)10:30~11:00
■会場: TOHOシネマズ シャンテ スクリーン1
■登壇者: 行定勲(映画監督/Amazon Prime Video テイクワン賞 審査員長)、児玉隆志(プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャー)
■司会: 市山尚三(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)

第34回 東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー レポート

第34回 東京国際映画祭(TIFF) ラインナップ発表記者会見レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る