第32回 東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニーレポート

【写真】第32回東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー

第32回 東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー

審査委員長チャン・ツィイー「信頼に感謝」
フェスティバル・ミューズの広瀬アリスも登場!!

10月28日(月)、令和初となる第32回東京国際映画祭(32nd Tokyo Inernational Film Festival / TIFF)が開幕。映画監督や俳優・女優たちを迎えた華やかなレッドカーペットイベントに続き、オープニングセレモニーがグランドハイアット東京で行われた。

広瀬アリスの注目は新設の「ジャパニーズ・アニメーション」部門

主催者らの挨拶が終わるとまずステージに姿を見せたのは、今年のフェスティバル・ミューズを務める女優の広瀬アリス。

【写真】第32回東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー (フェスティバル・ミューズ 広瀬アリス)

ミューズの名にふさわしい光沢のある白のドレスで登壇した広瀬は、はつらつとした笑顔で挨拶。今回オープニング作品を飾る『男はつらいよ お帰り 寅さん』について「両親もとても大好きな作品。渥美清さんが亡くなられて20年以上が経つ中で、今新作が公開されるのはなかなか考えられない(稀有なこと)。本当に不思議な感覚です」と同作50年に渡る歴史を称えた。

多くのイベントが開催予定の今回、特に注目しているのは今年から部門化された「ジャパニーズ・アニメーション」部門だといい、好きな作品として同部門で上映予定の『AKIRA』(大友克洋監督)を挙げた。最後に「世界各国のたくさんの映画が上映されるすてきな時間。最終日まで盛り上げていきたい」と力を込めて意気込みを語った。

【写真】第32回東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー (フェスティバル・ミューズ 広瀬アリス)

「どこかでお兄ちゃんが見てるかな」
“寅さん”ファミリーが集合

続いて、オープニング作品「男はつらいよ お帰り 寅さん」の監督・キャスト陣が登場。登壇者を代表して山田監督が挨拶。つい先ほどまで行われていたレッドカーペットを振り返り「こんなに華やかなフェスティバルになるとはびっくり」と笑顔を見せた。

同シリーズで50年間さくら役を演じ続けた倍賞千恵子は、「どこかでお兄ちゃんが見ているかなという気持ち」と故・渥美清に思いを寄せながら「50年をかけた長い映画が完成しました」と感慨を語った。

【写真】第32回東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー (オープニング作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』: 倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟、後藤久美子、夏木マリ、浅丘ルリ子、山田洋次監督)

コンペティション部門では14作品がグランプリを競う

東京国際映画祭では多彩な10の主要部門がラインアップ。「コンペティション」部門、「アジアの未来」部門、「日本映画スプラッシュ」部門では、ノミネート作品の中から国際的な映画人によって各章が選出される。

「アジアの未来」部門は長編3本目までのアジアの新鋭監督による作品が対象。今年は中東から東アジアまでの8本がノミネートされている。「日本映画スプラッシュ」部門は、日本のインディペンデント映画の中から、『猿楽町で会いましょう』ほかチャレンジ精神に満ちた9本がそろった。

そして「コンペティション」部門には、世界各国(115の国と地域)、1,804作品の応募作品から14作品がノミネート。作品紹介に続き、同3部門で審査委員を務める11人がステージへと上がった。

【写真】第32回東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー (審査委員)

16年ぶりの女性審査委員長はチャン・ツィイー

「コンペティション」部門の審査委員長を務めるのは、第16回(2003年)のコン・リー以来16年ぶりの女性となるチャン・ツィー。まず大役を司ることへの喜びを口にしたチャンは、「長年に渡り、映画を愛する人たちに新作をたくさん届けてきた世界的に有名な映画の祭典。審査員一同、事務局の信頼に感謝しています」と輝かんばかりの笑顔でコメント。「コンペティション」部門の14作を鑑賞することについて、自身のおなかの中の子供にも「いい胎児教育になる」と述べ、満場の拍手に礼を伝えた。

【写真】第32回東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー (コンペティション部門 国際審査委員 審査委員長 チャン・ツィイー)

参加型フェスティバルとして、シンポジウムやワークショップなども多数行われる第32回東京国際映画祭は11月5日(火)まで開催中。

[記者: 深海 ワタル / スチール写真: © 2019 TIFF]

イベント情報

【画像】第32回東京国際映画祭(TIFF) ティザービジュアル

第32回 東京国際映画祭(TIFF) オープニングセレモニー

■開催日: 2019年10月28日(月)
 
■会場: グランドハイアット東京 3F グランドボールルーム
 
■司会: 笠井信輔(アナウンサー)
 
■登壇者: 萩生田光一(文部科学大臣)、竹本直一(クールジャパン 戦略担当大臣)
 
■ゲスト: 

第32回東京国際映画祭フェスティバル・ミューズ: 広瀬アリス

オープニング作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』: 倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟、後藤久美子、夏木マリ、浅丘ルリ子、山田洋次監督
 
アジアの未来部門 審査委員: 中村義洋、ピムパカー・トーウィラ、エレナ・ポラッキ
 
日本映画スプラッシュ部門 審査委員: クリスチャン・ジュンヌ、ナム・ドンチョル、大九明子
 
コンペティション部門 国際審査委員 審査委員長: チャン・ツィイー(章子怡)
 
審査委員: ビル・ガーバー、ジュリー・ガイエ、マイケル・ノアー、廣木隆一

第32回 東京国際映画祭(TIFF) 開催概要

■開催期間: 2019年10月28日(月) ~ 11月5日(火)
■会場: 六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか 都内の各劇場及び施設・ホールを使用
■上映作品本数: 計180本
第32回 東京国際映画祭(TIFF) 公式サイト

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る