映画『空白』公開初日舞台挨拶 レポート

【写真】映画『空白』公開初日舞台挨拶 (古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、伊東蒼、寺島しのぶ、𠮷田恵輔監督)

映画『空白』公開初日舞台挨拶

泣いてもエビフライ、罵倒していてもお刺身。
古田新太の切り替えの凄さ 

第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』(2019年)、現実の祖父母殺人事件にインスパイアされた『MOTHER マザー』(2020年)、その他、『ヤクザと家族』(2021年)など、意欲的・挑戦的なテーマの作品を次々と生み出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、『ヒメアノ〜ル』(2016年)、『愛しのアイリーン』(2018年)、『BLUE/ブルー』(2021年)など衝撃とともにその才能を見せつけた𠮷田恵輔監督とタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すオリジナル脚本で挑んだ映画『空白』が9月23日(木・祝)に公開初日を迎えた。

【画像】映画『空白』メインカット

映画の公開を記念して、新宿ピカデリーで初日舞台挨拶を実施。主人公の暴走する父・添田充を演じた古田新太と添田に追い詰められるスーパーの店長・青柳を演じた松坂桃李がイベントで初対峙!その他、添田の元妻・松本翔子役の田畑智子、添田の部下・野木龍馬役の藤原季節、作中ですべての発端となる添田の娘・花音役の伊東蒼、ボランティア精神溢れるスーパーの店員・草加部麻子役の寺島しのぶら俳優陣と、第34回東京国際映画祭での特集上映も決定した𠮷田恵輔監督が駆けつけた。

満席の劇場、上映後の拍手が起きる中、和気あいあいと登場!! 

上映終了後には拍手が沸き起こった満席の会場、その熱気のなか舞台挨拶がスタート。黒のTシャツに帽子といつものいでたちの古田新太、びしっとスーツ姿の松坂桃李、白のブラウスに黒のパンツとシックな寺島しのぶ、フリルが素敵な緑のワンピースの田畑智子、モスグリーンの上下の藤原季節、水玉のワンピースが初々しい伊東蒼、そして黒のジャケットに白のTシャツの𠮷田恵輔監督が登壇すると、客席はさらに大きな拍手が。

主演の添田充を演じた古田は「本日はありがとうございます。今ご覧になったところで我々を見て皆さんがどう思われているかなと。あんまり楽しい気持ちの人はいないと思うんですけども」と挨拶、そして「面白かったですか?」の声にこたえるように、今までで一番大きな拍手が贈られた。

充に追いつめられるスーパーの店長を演じた松坂は「ありがとうございます。(観終わったばかりの観客を前に)今の我々との温度差というのがすごくでる作品だと改めて実感しています。それぞれ思うところがあると思いますが、今日は最後まで楽しんでいってください」と挨拶。

続いてスーパーの店員草加部を演じた寺島は「ありがとうございます。映画ではキツイおばちゃんを演じていたので今日は綺麗にしてきました(笑)。心を込めてつくった作品です。沢山の人にお勧めしていただければ幸いです」、充の元妻を演じた田畑は「朝からありがとうございます。1年半ぐらい前に撮影をして、まだかまだかとずっと思いつつ、今日この日を迎えられて、ここに立っているのがとても嬉しく感慨深いです。どうぞお友達やご家族にお薦めいただけると嬉しいです。よろしくお願い致します」、充の弟子を演じた藤原は「おはようございます。朝から「空白」を観ていただきありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いします!」と挨拶をし、充の愛娘を演じた伊東は「来てくださりありがとうございます。演じながら、どれだけ身近な人であっても自分の言葉をきちんと伝えていくことの大切さを実感した映画だったので、皆さまにも何か届いている良いなと思います、今日はよろしくお願い致します」。

そして最後に𠮷田監督は「この回も満席ですが、挨拶のある回だけでなく地方でも満席がでているらしくて。僕の映画は“ガラガラで観やすかった”とか、“初めて貸し切りだった”とか、よくレビューで書かれていることが多くてよく傷ついているのですが、今回は違って嬉しいです」と挨拶。

とにかく楽しい現場、ただ一人ホテルにこもってしまった松坂桃李が冷や汗で反論 

キャスティングについて聞かれた𠮷田監督は「キャスティングってスケジュールがあわなくてということもありますが、今回はこういう人がイメージでと最初にお願いした方が全員集まって下さった」。撮影現場について古田は「映画をご覧になったあとの皆さんですよね。現場はすごくゲラゲラ笑ってる現場でした、ずっとへらへらしていました(笑)、監督もげらげら笑っているし誰よりも泣いているし」と語り、𠮷田監督が「俺涙もろいんだよね」とつぶやく横で、松坂も「本当に誰よりも楽しそうでした」と合いの手を。古田は「(緊急事態宣言前だったので)そしてそのあと速攻、飲みに行っちゃうんだよね。毎回飲んで楽しかったですよね」。

主演でありとても重いシーンが多かった古田はさらに、「この前、監督とも話をしていたのですが、非常に楽で楽しい現場でした。皆さん早く帰りたい人が多くて、なるべくNGを出さないよう、滞りなく進むようにっていう。演じているシーンとか、特に(松坂)桃李とのシーンとか、(田畑)智子とのシーンとか、いや全部そうか、(藤原)季節とも花音(伊東蒼)とのシーンもそうなんだけど、ものすごい刺々しいシーンばっかりだったんで、その反動で終わったらすぐに飲みに行こうって感じでしたね。でも桃季は役作りする人なんであんまり仲良くしてくれなくてね(笑)」とぼやくと、松坂が「毎シーン毎シーン、古田さんとのシーンのカロリー消費量が半端なくて、とてもじゃないけど飲みに行く気力がないというか。毎回僕は「お疲れ様でした」と疲弊してしまってホテルに帰ってたのですが、なぜ監督含め皆さん、飲みに行けるのか不思議でしたよ」と苦笑しながら反論を。

【写真】映画『空白』公開初日舞台挨拶 (古田新太、松坂桃李)

スーパーのバイト経験者、松坂桃李が語る寺島しのぶのリアルな演技 

そんな松坂は印象的だったシーンを聞かれ「印象というか僕はずっと謝っていたという感じで」と答えると、すぐに古田から「一番辛かったのは、(寺島)しのぶちゃんとのシーンでしょう?」とつっこみが入り舞台上も客席も笑いが。

松坂は「学生時代にスーパーのバイトをしていたことがあって、寺島さんは当時のパートの人と雰囲気がすごく似ていて。距離感というか間合いがとてもリアルで、バイト時代を鮮明に思い出しました、そのままのリアクションでいけるというか、、、いや、すみません、、苦笑」と答えると、寺島は「それは嬉しい。人間観察が好きで。今回草加部を演じるにあたり、こういうおばさんがいたら絶対嫌だろうなというのを集結させて演じました。でもスクリーンの中で生きている草加部さんはとっても必死なんです。桃李君を助けてあげたいというためにちょっと触ってみたり。すみませんね(笑)。でもほんとに距離はとられていました。これがだらだらした撮影だと私も疲弊してきちゃって、本当に桃李君に嫌われちゃったんじゃないかと思うぐらい。でも𠮷田組はぱっと撮ってすぐ終ってすごく気持ちよいから、すぐに切り替えられましたね」。

松坂に迫る古田と寺島の迫力について聞かれた古田は、「めちゃくちゃ楽しかったよね。“ゴジラVSコング”だから、その間に人間が入ってくるわけだから、そりゃ大変だよ」と。松坂は「そうですね、その日は終わったらすぐに帰りたかったですね(笑)」と答えると皆大笑い。

【画像】映画『空白』場面カット

泣いた後もエビフライ、罵倒しながらお刺身、
カットの瞬間に切り替える古田新太の凄さ、
そして松坂桃李が「警察24時」で学ぶ万引きのリアル 

そんな中、思い出を聞かれた田畑が「撮影の思い出。。。古田さんは安心感があって居心地がよくて。何回も飲みにご一緒しました。監督とも何年かぶりでしたがこんなに飲んだことはなかったので。監督は本当に早く撮影終わるなと」と話すと、𠮷田監督が「俺が飲みたいだけなんだよね」と笑いながらリアクション。『さんかく』(2010年)以来の田畑については「30代の時の田畑さんと、今回40代の田畑さん。昔俺が撮った時とは違う魅力があるので、その引き出しを開けたいなと思っていたので。10年後にまた会いましょう」とコメントすると、田畑は「10年後なんですね(笑)」とつっこんだ。

古田とがっつり同じシーンが多かった藤原は「こんなに楽しくて良いのかと。酒を飲んでいた記憶しかない(笑)。初の撮影で現場にいったら5時間巻いてて夕日が落ちるのをまっていて。そして古田さんは花音の部屋で爆睡されていて(笑)。緊張していたけれど、田畑さんと古田さんと僕と定食屋でご版を食べているシーンで、古田さんが目の前で泣いてらして僕も心がうわっとなったんですが、カットの瞬間には、僕が残したエビフライをぱくぱく食べちゃうんですよ(笑)。勿体ないじゃんと泣きながら食べてて。混乱してましたとても(笑)」と語り、場内から笑いが。

スイッチの切り替えをきかれた古田は「それが役者の仕事です!」ときっぱり。そして「季節はよく氷を買いに行ってくれました」と話すと藤原も「はい、氷と炭酸をよく買っていました。真面目な話をした記憶がなくて下ネタばかりというか。古田さんはおおらかな方で、帰りの新幹線でもあのおじちゃん本当に面白かったなと思って(笑)。でも完成した映画を観た時にこんなにすごい人だったんだと思ってびっくりしました」。

【画像】映画『空白』場面カット

一番の若手の伊東について𠮷田監督は「オーディション会場に入ってきた瞬間に、物語に書いている人が来た、別にこのルックスをイメージしていたわけではないんですよ、ただその説得力というか、俺はこの人を待っていたんだと思う、何か魅力を感じて。お芝居も勿論上手いと思って何か特別なものがあった」とコメント。

【画像】映画『空白』場面カット

それに対して伊東が「最初は自分に似ているところもあるかなと思って。古田さんや松坂さんと演じる時も、自分も花音と同じ状況になったらこうなるなと思えたので現場で感じたことをそのままできたらいいなと思って演じました。古田さんとの初めてお会いしたのは食卓のシーンでドキッとしたんですが、カットがかかった瞬間食卓に並んだお刺身を…」と話すと、途端に会場から笑いが起き、古田から「捨てるのはもったいない、食品ロスですよ!」とつっこみが。

続けて伊東が「どうやって本番中にお刺身にいこうかと悩んでいらっしゃいました」と初々しく語ると、古田は「伊東さんはすごいなと思いましたよ、最初が食卓の罵倒するシーンだったけど、びくつきかたがすごくリアルで。演じた充は粗野な人なので、それもあってビール飲んだり飯食ったり、どのタイミングで飯をほおぼったら口から飛び出さないかとか思いながらやっていたんだけど、花音はすごくおどおどしている女の子だったから。この娘はすごいな絶対に売れるんだろうなと、ゆくゆくはついていかなきゃなと」とべた褒め。

松坂も「僕も共演したシーンで腕をつかんだときのリアクションが、本当に万引きをしている子が捕まった時のようなリアクションで。僕は「警察24時」がすごく好きでよく観てるんですけど、万引きGメンとかで捕まる人と寸分たがわぬリアクションなんですよ、すごいなと」。そして古田が「ゆくゆくはついていかねば」、松坂も「ついていかねば」と掛け合いが。

【写真】映画『空白』公開初日舞台挨拶 (寺島しのぶ、古田新太、松坂桃李)

実はあっさりお芝居の古田新太

忘れられない演技について𠮷田監督は、「古田さんは台本にある重要だろというセリフにかぎってさらっという。「折り合いをつける」というセリフ、他の人ならもっとこう今重要なことをいってるよという感じになる思うけどすごくさらっと言っていて。古田さんを信じたいなと思ってカットをかけて、後で編集してみるとこれはすごく観客に届くものがあって。自分が考えていたものはオーバーというかあざとかったなと思ったので。そのあたりの匙加減がするどいなと思って。すごい勉強になりました」と。それをうけて古田は「僕はお芝居をする役者は嫌いなんで。なんでそんなことするんだろうって(笑)。なるべくあっさりと。くどいって思われがちですが、よくよくみてください、僕あっさりしてますんで(笑)」と笑いを誘った。

また松坂について𠮷田監督は「桃李も突然古田さんが現れたりとサプライズの多いシーンばかりで。テストで何回もやっていて、普通は回を重ねるごとに段々温度が下がっていくけど、毎回新鮮なまま芝居をしてくれて。技術力がすごいのか、単にわすれているのかわからないけど毎回新鮮な芝居をしているのがすごいですよね」とコメント。

松坂は「忘れてるんだと思います(笑)。古田さんとここまでがっつりやるのは今回が初めてで。前回はクマとお父さんの関係で声の仕事だったので、今回は嬉しかったです。実際にお芝居をしていると本当につらい気持ちになってくるんですよね、今回の関係性的にいうと。そういう芝居を共有するのは本当に楽しかった。今度は違う関係性で、もっと仲の良い関係性で次はご一緒したいなと思います」と語った。

寺島について𠮷田監督は「寺島さんは大女優と思っていて。委縮してしまっていたけどお会いしたら「もっと気さくに話しかけて」と言って頂いたんですけど、なんとういうか勝手に圧を感じていまして。この圧が、これで俺の草加部麻子は完成すると思えて。もしかすると役作りで圧をかけてくれていたのかなと思います」と語ると、寺島は「そんなそんな、風評被害なんですよね(笑)。人がやりたがらない役をやりたくて、知らず知らずにイメージがついちゃって。圧がかかっていてもいいなと思うようになりました。でも違うんだということを監督がぜひ広めてください」と語ると𠮷田監督も「頑張ります」と笑いながら答えていた。

笑いの絶えない舞台挨拶 

口コミがよいと聞いた古田は「ありがたいです。みんなで話てるときも、どうやって宣伝したらいいかわからんと。こんなもやもやする気持ちになる映画を是非観にきてくださいって言いにくいよなと、でも先ほど映画が終わった時に皆さんが拍手してくれて。観終わった後に、あんな人いるよなとか、しのぶちゃんの役いやだったよねとか、みんなで話せる映画だと思うんで。こういうご時世なので難しいけれど、気持ちが揺らぐ映画なのでマスクをしておしゃべりしてほしいです」と語った。

最後の挨拶では、𠮷田監督が「沢山の人が観てくださると僕の映画監督としての寿命が延びます。口コミでぜひ広めてもらえると嬉しいです、皆さんのお力よろしくお願いします」、松坂が「古田さんも話をされていましたが、“ああ、いるいる”と思える人ばかりだと思います。世代や性別によってそれぞれ共感するポイントは違うと思います、僕自身は奥の方まで刺さって観終わった後に、ずんと重くなるなというのがあったんですけど、皆さんにもそういったひっかかりやもやみたいなものがあったら、まだ観ていない方やご覧になったかと話をしてそれを昇華してほしいなと思っています。一人でも多くの方にご覧いただきたいです。ここから先は皆さんのお力をお借りしたいです、よろしくお願い致します!」、そして古田が「今日ご覧頂いた皆様の感想も聞きたいです。ぜひSNSとかで広めてもらえると嬉しいです。ありがとうございました」と締めくくり、映画の雰囲気とは真逆に仲の良さが伝わる舞台挨拶となった。

イベント情報

映画『空白』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2021年9月23日(木・祝) 
■会場: 新宿ピカデリー スクリーン1
■登壇者: 古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、伊東蒼、寺島しのぶ、𠮷田恵輔監督
■MC: 伊藤さとり
【写真】映画『空白』公開初日舞台挨拶 (古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、伊東蒼、寺島しのぶ、𠮷田恵輔監督)

映画『空白』予告編

映画作品情報

【画像】映画『空白』ポスタービジュアル

《ストーリー》

すべてのはじまりは、スーパーでの万引き未遂事件。店長の青柳(松坂桃李)に目撃されたのは、女子中学生の花音(伊東蒼)。全速力で逃走した彼女は、追いかけてきた青柳の目の前で、車に轢かれて即死する。花音のシングルファーザーで漁師の添田(古田新太)は、「娘が万引きなどするはずがない」と怒りに震え、“真相”を暴こうと、青柳を人格が崩壊するまで罵倒し、執拗にあとを付け回すなど、あらゆる手を使って責め立てる。一方で、加熱するワイドショー報道によって、混乱と自己否定に追い込まれていく。今や、誰にも止められない添田は、青柳だけでなく、別れた妻、花音をはねた女性ドライバー、花音の学校の担任や校長、スーパーの店員たちをも追い詰めていく──。

 
出演: 古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼、片岡礼子/寺島しのぶ
 
監督・脚本: 𠮷田恵輔
 
音楽: 世武裕子
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー: 河村光庸
制作プロダクション: スターサンズ
撮影協力: 蒲郡市
配給: スターサンズ/KADOKAWA
製作: 2021『空白』製作委員会
 
2021年 / 日本 / 107分 / カラー / ビスタ / 5.1ch / PG12
 
© 2021『空白』製作委員会
 
2021年9月23日(木・祝) より全国絶賛公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @kuhaku0923
 

映画『空白』プレミアトークイベント レポート

映画『空白』𠮷田恵輔監督 インタビュー

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る