映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』公開記念トークショーレポート

【写真】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』公開記念トークショー (三石琴乃、福圓美里)

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」
《前編》公開記念トークショー☽

25年ぶりの劇場版がついに公開!
三石琴乃&福圓美里、そしてスペシャルゲストも登場!!

1991年から1997年に渡り少女漫画雑誌「なかよし」(講談社)で連載された武内直子作の「美少女戦士セーラームーン」。可愛らしくポップなビジュアル、そして運命に導かれた女の子たちが華麗に変身し戦う愛と正義の物語は、連載開始から圧倒的な人気を集め、単行本の発行部数は世界で累計3,000万部にのぼり、当時の女の子たちを夢中にさせ、社会現象を巻き起こした。1992年からはTVアニメシリーズの放送もスタート。1997年に放送が終了した後も、日本のみならず40カ国以上の国で放送され、いまなお世界中で愛されるコンテンツとなっている。

そして、25年の時を経て、2021年に劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」が前編1月8日(金)、後編2月11日(木・祝)で2部作連続公開される。

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』場面カット1

1月9日(土)、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》の公開記念トークショーがオンライン配信で行われ、スーパーセーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃みついしことの、スーパーセーラーちびムーン/ちびうさ役の福圓美里ふくえんみさとによるトークが繰り広げられた。

待望の劇場版が無事に公開!

公開された今の気持ちについて三石は「本当に公開できてよかったと心底胸を撫で下ろしております」と安堵の表情を見せた。福圓も「劇場版セーラームーンのTwitterアカウントが昨日(1月8日)風船が飛んでいて!街を歩いてもセーラームーンの看板があったり、新宿駅の地下にも広告が出てるって話を聞いたりして、やっとみなさんに観ていただけるんだなとすごくテンションが上がりました」と笑顔で話す。

三石や福圓の元にも感想やメッセージが届いているといい、セーラームーンを劇場で観る夢が叶ったという声も寄せられた。

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』メインカット

Eternalは全編が名シーン✩

映画本編について三石は「前編はちびうさちゃんとエリオスの恋物語にフォーカスが来ているので、もう可愛くて可愛くて!あの生意気だったちびうさが、頬赤らめて。あっさりまもちゃんを卒業して心はエリオス一筋になっているあの顔が本当に可愛くてたまらないですね」と語る。「ちびうさちゃんとエリオスが夜空を駆けるシーンや4戦士の自分の心の葛藤とか、自分の過去を見つめ直して1回ネガティブになりそうなんですけど、そこを乗り越えた時の表情が本当に素敵で。どこか4戦士の悩みと重なるところがみなさんにもあると思うので、一緒に乗り越えたり勇気を貰えるシーンです」と見どころも紹介。

福圓も「全部名場面しかないから答えづらいんですけど、個人的にはちびうさとエリオスのキスシーンを観ていただきたいです。何度もいいます、馬ですけど(笑)」と笑いを誘いつつ、自身が演じるちびうさについて話した。

アフレコ時、久しぶりに集まったというキャストの顔を見ただけで嬉しかったという三石。福圓も「前編はみんなで撮れたので楽しかったです。ワイワイして、あっという間でした!」と振り返った。

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』場面カット3

スペシャルゲストが登場!!

トークショーの後半には、2014年に放送されたTVアニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」シーズン3のディレクターと今作の監督を務めた今千秋と原作者・武内直子の編集担当でプロデューサーとして今作の制作にも携わった小佐野文雄もスペシャルゲストとして登場した。

今監督は「前編のアフレコが一昨年だったんです。みなさんが一生懸命宣伝して下さって、やっと日の目が見れたんだなと2、3日ずっと泣いてました」と目を輝かせる。

小佐野も「原作の漫画を連載している時、自分が直接携わった場面が映画のシーンの1つにあって感無量です」と喜びを語り、エンディングが終わっても帰らず最後の最後まで映画を観て欲しいとコメントした。

【写真】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』公開記念トークショー (三石琴乃、福圓美里、今千秋監督、小佐野文雄/講談社 武内直子編集担当)

原作者、武内直子も大絶賛!!

アフレコ現場に来たという原作者の武内直子。アフレコ時のモニター映像を見て、とにかく綺麗だと。美しい、キラキラしている。これはみんなに観てもらいたい!と話していたことを小佐野が告白すると、今監督も「実際にお会いして、握手もしていただきました。感無量です」と深々と頭を下げていた。

武内直子はキャラクターデザインを只野和子が担当していることにも喜んでおり、(只野の)絵の雰囲気が1番アニメとして素敵だと言う。是非そこにも注目して欲しいと小佐野は続けた。

【写真】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』公開記念トークショー (三石琴乃、福圓美里、今千秋監督、小佐野文雄/講談社 武内直子編集担当)

キャラクターを巡りバトル勃発!?

時が経って印象が変わったキャラクターが居るか?という質問が投げかけられると今監督は「小佐野さんには言い難いんですけど、昔はマーキュリーの良さが分からなくて……」とまさかの発言にセーラーマーキュリーが大好きな小佐野は動揺を隠せない。

「(幼い頃は)セーラームーンみたいに髪が長かったり、ちびうさみたいに可愛いキャラクターが好きだったんですけど、大人になってマーキュリーの良さがすっごく分かるようになりました!最初コスチュームがノースリーブなんですよ。萌えますね!」と笑顔で話す。

そんな小佐野は「キャラクターとはちょっと違うんですけど。自分は漫画の担当をしていて30年になるんですが、初めて知った事実が数多くありまして。これはこういうことだったのか!と未だに驚かされます」長年作品に関わっていてもたくさんの発見に出会える今作について言及した。

生配信ならではのアクシデント(?)もあり、トークイベントは更に盛り上がった。

その模様はセーラームーン25周年公式YouTubeチャンネルでご覧いただけます。

夢と希望、乙女のパワーが詰まった『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』は絶賛公開中である。

[記者: 梅田 奈央 / スチール写真: オフィシャル提供]

イベント情報

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》
公開記念トークショー

■開催日時: 2021年1月6日(水)12:00~13:05
■出演者: 三石琴乃、福圓美里、今千秋監督、小佐野文雄(講談社 武内直子編集担当)
■MC: 奥浜レイラ
■ライブ配信サイト: 映画公式ツイッターセーラームーン25周年公式YouTube

【写真】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』公開記念トークショー (三石琴乃、福圓美里、今千秋監督、小佐野文雄/講談社 武内直子編集担当)

映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》』ポスタービジュアル

《ストーリー》

桜舞う4月、街は今世紀最大の<皆既日食>でお祭りムード。新月が太陽を覆い隠し、次第に薄暗くなっていく中、うさぎとちびうさは自らに助けを求める<ペガサス/エリオス>と出会う。ゴールデン・クリスタルの封印を解く、選ばれたる“乙女”を捜しているというエリオスは、ある日ちびうさの夢に現れ、「力を貸してほしい」と告げるのだった。時を同じくして、街には<デッド・ムーンサーカス>と名乗る謎のサーカス団が現れる。彼らの狙いは、悪夢の化身レムレスをばらまき、「幻の銀水晶」を手に入れて、月と地球を支配し、やがて宇宙までも支配しようと目論んでいた。

“乙女”と呼ばれ、自らを必要としてくれるエリオスに淡い恋心を抱くちびうさ。

自分はうさぎの足手まといなのではと苦悩する衛と、自分のせいで衛を危険な目にばかり合わせてしまうと思い悩むうさぎ。そして、戦いの中で次第に露わになる「夢」と「使命」。

―――今、時を超えた壮大な「夢」の物語が幕を開ける。

 

タイトル

邦題: 劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》/《後編》
英題: Pretty Guardian Sailor Moon Eternal the Movie

スタッフ

原作・総監修: 武内直子「美少女戦士セーラームーン」(講談社刊)
監督: 今 千秋
脚本: 筆安一幸
キャラクターデザイン: 只野和子
音楽: 高梨康治
 
主題歌: 「月色Chainon」(EVIL LINE RECORDS)
ももいろクローバーZ with セーラームーン&セーラーマーキュリー&セーラーマーズ&セーラージュピター&セーラーヴィーナス
 
アニメーション制作: 東映アニメーション、スタジオディーン
製作: 劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
配給: 東映

キャスト

スーパーセーラームーン/月野うさぎ: 三石琴乃
スーパーセーラーマーキュリー/水野亜美: 金本久子
スーパーセーラーマーズ/火野レイ: 佐藤利奈
スーパーセーラージュピター /木野まこと: 小清水亜美
スーパーセーラーヴィーナス/愛野美奈子: 伊藤 静
スーパーセーラーちびムーン/ちびうさ: 福圓美里
タキシード仮面/地場衛: 野島健児
スーパーセーラーウラヌス/天王はるか: 皆川純子
スーパーセーラーネプチューン/海王みちる: 大原さやか
スーパーセーラープルート/冥王せつな: 前田 愛
スーパーセーラーサターン/土萠ほたる: 藤井ゆきよ
ルナ: 広橋 涼
アルテミス: 村田太志
ダイアナ: 中川翔子
エリオス: 松岡禎丞
ジルコニア: 渡辺直美
新月の闇の王国の女王・ネヘレニア: 菜々緒
 

© 武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」 製作委員会

《前編》2021年1月8日(金)
《後編》2021年2月11日(木・祝)

映画公式サイト
 
公式Twitter: @sailor_movie

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る