映画『耳をすませば』ジャパンプレミア レポート
【写真】映画『耳をすませば』ジャパンプレミア (清野菜名、松坂桃李、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、平川雄一朗監督)

映画『耳をすませば』ジャパンプレミア

2年以上の時を経て完成した作品
清野「雫がずっと頭のどこかにいる2年半だった」
松坂「⼤河ドラマ2本分の想いが詰まっている」とアピール!!

1989年に少女まんが雑誌「りぼん」で連載された不朽の名作「耳をすませば」 。1995年にはアニメーション映画が公開され、今なお色褪せない青春漫画の金字塔として歴史に刻まれている。そしてW主演に清野菜名松坂桃李を迎えて実写映画がされた映画『耳をすませば』が10月14日(金)に全国公開される。

【画像】映画『耳をすませば』メインカット

撮影開始から2年以上の時を経て、初めてのお披露目となるジャパンプレミアイベントが9月28日(水)にイタリア文化会館で開催され、W主演を務めた清野菜名松坂桃李を筆頭に、内⽥理央安原琉那中川翼荒⽊⾶⽻住友沙来、そして平川雄⼀朗監督が登壇した。

月島雫を演じた清野は「無事に今日を迎えられて本当にほっとしております。撮影が始まったのが2020年の3月で、終えたのが今年の5月。2年半という長い年月が経ったんですが、皆さんに観ていただける日を迎えられ、スタッフの皆さんと、今日を待ってくださっていた皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです」と映画完成の喜びと感謝を露わに。天沢聖司を演じた松坂も「本当に(時間が)かかりました。大河ドラマ2本分の想いがこの作品に詰まっています。最後まで楽しんでいってください」と挨拶。平川監督は「皆さん2年半と言っていますが、この日を迎えられて本当に幸せだなと思います。それだけの想いが込もった作品です」と話した。

【写真】映画『耳をすませば』ジャパンプレミア (清野菜名、松坂桃李)

コロナ禍での度重なる撮影中断を乗り越え完成した作品。この日を迎えた気持ちを聞かれると清野は「撮影が止まってしまった間にも他作品を撮っていたのですが、その間も雫がずっと頭のどこかにいるという2年半で、最後の撮影に臨んだ際、スタッフの皆さんも忙しいはずなのに、2年前と同じ皆さんが集まって下さっていて。2年半分の想いと現場の温かさに涙が溢れてしまいました」と感慨深そうに振り返った。

【写真】映画『耳をすませば』ジャパンプレミア (清野菜名)

不朽の名作の実写化にかけた想いを問われた松坂は「この役を頂いた時は本当にプレシャーに押しつぶされそうでした。10年後の設定を聞いた時に、雫と聖司の10年後を観れることへの興味の方が大きくて、気持ちを後押ししてくれる原動力になりました。原作やアニメで皆さんが知っている聖司から幅を広げ、天沢聖司の新たな一面を表現できるよう大切に演じました」と役作りについても振り返った。

【写真】映画『耳をすませば』ジャパンプレミア (松坂桃李)

 

雫の友人・夕子を演じた内田はコロナ禍に入る前に撮影が終了していたため撮影の中断を心配していたと振り返りながら、清野と、杉村を演じる山田裕貴との撮影について「思い返してもすごく楽しかった。ある漫画の話をしていた時に山田くんが私たちの知らない盛大なネタバレをしてしまったりして、3人のわちゃわちゃは映画のままでした。山田くんはお詫びに焼肉に連れて行くよと言ってくれていたので、山田さん、これを見ていたらぜひ連れて行ってください 」と撮影時のエピソードを披露しながら山田へのメッセージを語り、清野も「連絡がないまま2年半も経ってしまいました。連絡待ってます!」と添えた。

【写真】映画『耳をすませば』ジャパンプレミア (内田理央)

中学生時代のメインキャラクターを演じたキャスト陣はリハーサルを何度も重ねたという。安原は「雫と向き合う時間をたくさん作っていただいて、監督には厳しくも優しく背中を押していただきました。雫のようにいつも心をはずませて撮影に挑みました」と振り返る。

【画像】映画『耳をすませば』場面カット5

平川組への参加が本作で3回目となる中川は、「リハーサルを重ねただけあって、撮影は少しはスムーズだったかなと思うのですが、リハーサルはもちろんチェロの練習も大変でした。監督に厳しくも優しく背中を押していただいて……」と安原に重ねて監督の厳しさに言及。松坂がチェロを弾く姿を参考に役作りを行ったと話した。

【画像】映画『耳をすませば』場面カット4

中学時代の夕子を演じた住友も「私も監督にはリハーサルで何度も鍛えていただきました。いい作品になっているなと思います 」と重ね笑いを誘った。

杉村を演じた荒木は、平川監督に「クールなイメージと逆の役だったから大変だったよね」と言われながらも当時を振り返り「普段の僕も割と元気めなはずなんですが、最初からつまづいてしまって。稽古も何度もさせていただいて、自分なりの杉村を見つけて演じられたと思います。監督に『良かったよ』と言っていただいた時に泣きそうになったのが記憶に残っています」と語りました。

【画像】映画『耳をすませば』場面カット9

⽇本とイタリアをつなぐバロンの贈呈も︕

聖司がチェリストになるために旅立った地・イタリアに因んでイタリア文化会館で開催された本イベントだが、この日、本作に登場する重要なキャラクターである「バロン」を両国親善の印として、イタリア大使館に贈呈されることが発表され、館長のシルヴァーナ・デマイオさんがステージに登壇。清野よりバロンが手渡され、会場からは拍手が起こった。デマイオ氏は「本日はこちらでこのような素敵なイベントを開催いただき、またバロン像を贈呈いただきとても嬉しく思います。近い将来、会場の皆さんにもイタリアにご旅行いただき、素敵な時間を過ごしていただけることを願っております」と喜びを語った。

【画像】映画『耳をすませば』場面カット2

イベントを締めくくる挨拶で、松坂は「今日『耳をすませば』をお届けできることを嬉しく思います。期待していただいていいです。それくらい自信がある作品になっています。公開まで少し時間がありますので、多くの方に皆さんの言葉で伝えて頂けますと幸いです」、清野は「2年半の想いがぎゅっとつまった作品になっています。原作をリスペクトした青春シーンも散りばめられているので、キュンキュンしながらお楽しみください」と作品への絶対的な自信も覗かせながら会場へのメッセージとし、イベントは幕を閉じた。

イベント情報

映画『耳をすませば』ジャパンプレミア

■開催日: 2022年9月28日(水)
■会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
■出演者: 清野菜名、松坂桃李、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、平川雄一朗監督

【写真】映画『耳をすませば』ジャパンプレミア (清野菜名、松坂桃李、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、平川雄一朗監督)

映画『耳をすませば』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『耳をすませば』ポスタービジュアル

《ストーリー》

読書が大好きで元気いっぱいな中学生の女の子・月島雫。彼女は図書貸出カードでよく見かける、ある名前が頭から離れなかった。天沢聖司――全部私よりも先に読んでる――どんなひとなんだろう。あるきっかけで“最悪の出会い”を果たした二人だが、聖司に大きな夢があることを知り、次第に惹かれていく雫。聖司に背中を押され、雫も自分の夢を胸に抱くようになったが、ある日聖司から夢を叶えるためイタリアに渡ると打ち明けられ、離れ離れになってもそれぞれの夢を追いかけ、また必ず会おうと誓い合う。

それから10年の時が流れた1998年。雫は児童書の編集者として出版社で働きながら夢を追い続けていたが、思うようにいかずもがいていた。

もう駄目なのかも知れない――そんな気持ちが大きくなる度に、遠く離れたイタリアで奮闘する聖司を想い、自分を奮い立たせていた。

一方の聖司も順風満帆ではなかった。戸惑い、もどかしい日々を送っていたが、聖司にとっての支えも同じく雫であった。

ある日、雫は仕事で大きなミスをしてしまい、仕事か夢のどちらを取るか選択を迫られる。答えを見つけに向かった先は――。

 
映画タイトル︓ 『⽿をすませば』
出演︓ 清野菜名、松坂桃李/⼭⽥裕貴、内⽥理央/安原琉那、中川翼、荒⽊⾶⽻、住友沙来、⾳尾琢真、松本まりか、中⽥圭祐、⼩林隆、森⼝瑤⼦/⽥中圭、近藤正⾂
原作︓ 柊あおい「⽿をすませば」(集英社⽂庫<コミック版>刊)
 
監督・脚本︓平川雄⼀朗
⾳楽︓髙⾒優
 
主題歌︓「翼をください」杏(ソニー・ミュージックレーベルズ)
 
配給︓ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント/松⽵
 
撮影期間︓ 2020年3⽉〜4⽉(第1期)、2020年7⽉〜8⽉(第2期)、2021年10⽉(第3期)、2022年5⽉(第4期)
 
© 柊あおい/集英社©2022『⽿をすませば』製作委員会
 
2022.10.14 ROADSHOW
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @mimisuma_movie
公式Instagram: @mimisuma_movie
 

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る