映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工、もも、ベッキー、竹中直人、岡崎体育、音尾琢磨、白石和彌監督、舛添要一)

映画『麻雀放浪記2020』

㊗️公開初日舞台挨拶

バニーガールとふんどしボーイズの先導で斎藤工登場!!
東京に縁の深いシークレットゲストもお祝いに駆けつけた!

4月5日(金)、斎藤工が構想10年!念願の企画を実現した映画『麻雀放浪記2020』がついに公開初日を迎え、東京・丸の内TOEI①で初日舞台挨拶が行われた。

紅白幕をバックに、公開初日を祝う懐かしさの漂うプラスチックの花輪で飾られた舞台。歪んだ電子音の絡んだケレン味あふれる音楽が流れると、劇場後方から客席通路を通って出演者たちが登場した。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (キャスト登場)

登壇者は、1945年の戦後から2020年の戦後へタイムスリップするギャンブラー“坊や哲”を演じた主演の斎藤工、2020年で哲の面倒をみる地下アイドルのドテ子を演じた「チャラン・ポ・ランタン」のヴォーカル・もも、ドテ子と哲をタレントとして売り出そうとする芸能プロダクションの社長・クソ丸役の竹中直人、1945年の世界で哲に麻雀を教える、麻雀クラブのママ・八代ゆきと2020年の世界に登場するAI搭載アンドロイド・ユキの2役に挑戦したベッキー、電磁パルスをしかけるオタクテロリスト・ドク役の岡崎体育、白石組常連の音尾琢磨、“今一番攻めている”日本映画界のトップランナー、白石和彌監督の7人が登壇した。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶

キャスト・監督が『麻雀放浪記2020』のおすすめシーンを語る

MCから「映画の中のおすすめシーンを教えてください」聞かれた登壇者たち。

斎藤: 強いて言うなら、岡崎さんのハモリ具合と音尾さんのとあるシーン。この2人のシーンが大好きです。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工)

もも: 私の役は相手役がシマウマのことが多かったんですが、音尾さんと一緒のシーンがあったんです。その時音尾さんが監督の「シマウマになれる?」という一声で「はい!」って聞き返さずにシマウマになったのが印象的でした。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (もも)

ベッキー: エンドロールの向こうにおまけのようなものがありまして。監督にすごいことをさせられました。クリスマスの撮影で・・・劇場が明るくなるまでステイでお願いします!

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (ベッキー)

岡崎: 自分でも演じている感じがしなかったんです。普段通りやっていました。麻雀知らないと面白くないかなと思ったんですが、最後の麻雀シーンとか「麻雀なのかなこれ」って感じで知らなくても楽しめました!

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (岡崎体育)

音尾: 実は試写を逃して、ずっと見損ねてたんです。今日の昼に見ました。ある意味くだらないシーンしかないので、いらないシーンばかりといってもいいような映画です。白石監督がこんないらないシーンいっぱいな映画を撮ったか~と(笑)。こんなこと言った後でなんですが、竹中さんのシーンはすべて最高でしたね!

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (音尾琢磨)

竹中: 自分は工君が煮えたぎる鍋に手を突っ込んでしゃぶしゃぶを食べるシーンが本当にもう圧倒されましたね!現場でもすごかったんですが、映像になるとまた!!あと体育君の存在感!!浜野謙太君みたいになっちゃうんじゃないの~?これがデビューでどんどん役者になっちゃうのかって。本当にすごい人ばっかりで、ベッキーもひさしぶりに共演したんだけど、圧倒的に不愉快で素敵な女優さんで。そしてなんつったって、モモちゃんがかわいい!

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (竹中直人)

斎藤: しゃぶしゃぶのシーンは本当に熱いお湯を使ってたんですが、熱いけど数秒なら何とかなるかなってトライしてた気がします。

白石監督: 失礼だろうと思って熱湯にしといたんですけど。

斎藤: ありがとうございます(笑)。

白石監督: 何もなかったんでたぶん大丈夫な人なんだなって。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (白石和彌監督)

竹中: でも卵がうまく割れなくて、何度もNG出して何度も手を突っ込むんでたね。

斎藤: だいぶ右手の新陳代謝が良くなったと思います。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工)

ベッキー: 斉藤さんは本当にレディファーストで、本当にみんなが想像するような素敵な人なんですよ。素敵だったんですけど、ある日突然豹変しちゃって。現場で竹中さんがいつものように私をいじり始めたんですよ。そうしたら斎藤さん「ベッキーはいじってOKな人なんだ」って思ったみたいで・・・

斎藤: 指ささないでもらっていいですか?

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工×ベッキー)

ベッキー: この感じこの感じ!

斎藤: 新婚だからって失礼ですよ。

ベッキー: (客席からのおめでとうの声を受けて)ありがとうございます。

斎藤: おめでとうございます。

竹中: それって基本的に俺がいけないって言いたいわけ?

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工、もも、ベッキー、竹中直人、岡崎体育、音尾琢磨)

ベッキー: そうです!

竹中: 失敬だな!おい工、何とか言ってくれよ!

斎藤: (二人のやり取りは)終わりがないんですよ。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工、もも、ベッキー、竹中直人、岡崎体育、音尾琢磨)

竹中&ベッキー: すいません・・・・

もも: でも撮影中ずっとこんな感じなんですよ~。楽しくてずっと笑ってました。竹中さんはずっとこんな感じで場を和ませてくれてました。

竹中: 緊張感はありましたよ!あの白石和彌監督ですから!!

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (竹中直人)

白石監督: 現場の雰囲気は本当に良かったです。今日は来ていない的場浩司さんと小松の親分(小松政夫)とベッキーと工君で麻雀の卓を囲むシーンが結構あったんですけど、もうずーーーっとこの調子です。麻雀って江戸時代は日本に伝わってなかったんですけど、でも一部分で侍の格好して麻雀打ってるんですね。その前に麻雀アプリのシーンがあって、作った自分ですら「何作ってるんだろうな」と思う、心地よいぶっ飛んだシーンです。大変だったシーンはふんどしボーイズがクソ丸と踊るシーンですね。撮るのが大変で。麻雀シーンは麻雀を知らない人も知ってる人も楽しめるように、時間かけてこだわって撮りました。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (白石和彌監督)

誰にも知らされていなかったシークレットゲスト
舛添要一元東京都知事が登場!

クロストークの途中には、舛添要一元東京都知事が登場!舛添の登壇は他の登壇者にも知らされておらず、キャスト・監督たちは驚きを隠せなかった。舛添が演じたのは元東京都知事で麻雀五輪の審査員も務めるという役。自分自身の役を演じるのは初めてだったと話した。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工、もも、ベッキー、竹中直人、岡崎体育、白石和彌監督)

舛添: 僕は元東京都知事で麻雀五輪の解説者という役割で出ております。若い時に何度か映画に出たことがあるんですけど、自分の役を自分でやれと言われたのは初めてで、大変難しゅうございました。世の中暗いことがあるからみんなが楽しくすればいいなあという気持ちでオファーを受けました。脚本もよくできてましたし、良い映画になったと思います。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (舛添要一)

白石監督: 堂々たる感じが出ていて、やってもらった麻雀五輪の開会宣言は見どころの一つです。

斎藤: おかげさまでセンセーショナルなシーンになっていると思います!

第9回北京国際映画祭での公式上映を発表!!

舞台挨拶の最後には、『麻雀放浪記2020』が第9回北京国際映画祭(4月13日~4月20日開催)で公式上映されることが発表され、斎藤も「麻雀発祥の地である中国での上映は、原作者の故・阿佐田哲也さんの餞になる」と喜びを見せた。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (祝決定「北京国際映画祭」)

斎藤工、白石和彌監督の囲み取材

舞台挨拶終了後、劇場ロビーにて、斎藤とした白石監督のピエール瀧被告についての囲み取材が行われた。

斎藤は「この(ノーカット上映という)『麻雀放浪記2020』の決断が一つの希望になればいい」と。白石監督は「(今後)映画監督と俳優として一緒に仕事をするのは難しいかもしれないが、友人として、一緒に考えていきたいと思う」と語った。

この後すぐに大阪での舞台挨拶が予定されているため、キャストたちは足早に会場を後にした。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶

紆余曲折を経て、ついに公開を迎えた『麻雀放浪記2020』。試写を行わないプロモーションや、本人役での舛添基都知事の出演など、公開初日までサプライズのオンパレードであったが、一番のサプライズである“衝撃”の本編をぜひ劇場で体験してほしい。

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 金尾 真里]

イベント情報

映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2019年4月5日(金)
■会場: 丸の内TOEI①
■登壇者: 斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、岡崎体育、音尾琢磨、白石和彌監督、舛添要一(元東京都知事)
■MC: 荘口彰久

【写真】映画『麻雀放浪記2020』公開初日舞台挨拶 (斎藤工、もも、ベッキー、竹中直人、岡崎体育、音尾琢磨、白石和彌監督、舛添要一)

映画『麻雀放浪記2020』特報映像

映画作品情報

【画像】映画『麻雀放浪記2020』ポスタービジュアル

《ストーリー》

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。
なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?
1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。
その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

 
出演: 斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、村杉蟬之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤 健、堀内正美、小松政夫、竹中直人
 
原案: 阿佐田哲也(文春文庫刊)
監督: 白石和彌 
脚本: 佐藤佐吉、渡部亮平、白石和彌
プロット協力: 片山まさゆき 
主題歌: CHAI「Feel the BEAT」(Sony Music Entertainment (Japan) Inc.)   
音楽: 牛尾憲輔
企画: アスミック・エース
制作:シネバザール
配給: 東映
©︎ 2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
 
2019年4月5日(金) 全国公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @mahjongg2020

この記事の著者

金尾 真里

金尾 真里ライター

神奈川県横浜市生まれ。
映画の舞台挨拶を観て、最前列で写真を撮ったり記事を書いている「あの仕事がしたい!」と思いライター講座に飛び込む。
好きな映画のジャンルは単館上映のニッチな青春ものとビジュアルだけでもゲラゲラ笑えるコメディ。
一番影響を受けた映画は『ベニスに死す』(原題: Death in Venice/1971年)。
2.5次元系と特撮関係はかれこれ10年以上追いかけていて、遠征にかこつけた旅行が趣味。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る