映画『スクロール』完成披露舞台挨拶 レポート
【写真】映画『スクロール』完成披露舞台挨拶 (北村匠海、中川⼤志、松岡茉優、古川琴⾳、清⽔康彦監督)

映画『スクロール』完成披露舞台挨拶

⼩学⽣からの友⼈である⼆⼈がW主演︕
北村「⼤志とW主演で共演するのは“宿命”だった」
中川「皆さんの物語であり、どこかにいる誰かの物語」

YOASOBIの⼤ヒット曲「ハルジオン」の原作者としても知られる橋⽖駿輝・原作⼩説「スクロール」(講談社⽂庫)が北村匠海×中川⼤志W主演で映画化され、2⽉3⽇(⾦)より全国公開される。

【画像】映画『スクロール』メインカット

1月19日(木)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで完成披露舞台挨拶が開催され、W主演の北村匠海中川⼤志、共演の松岡茉優古川琴⾳ら俳優陣に加え、本作の監督・脚本・編集を担当した清⽔康彦が登壇。舞台挨拶ではタイトルにちなんで、思わずスクロールしたくなる写真などの話題で盛り上がりを⾒せ、その他、撮影時のエピソードや映画公開を間近に迎えた今の⼼境などを語った。

本作は、若い世代を中⼼に“⾃分たちの物語”と圧倒的な共感を得た橋⽖駿輝⽒による同名⼩説の実写映画化。4⼈の登場⼈物の中にどこか⾃分の⽋⽚が⾒つかる、リアリティ溢れる物語になっている。

〈僕〉を演じた北村は「〈僕〉という役名は今回でおそらく3回⽬」とまさかの事実を明かして共演者たちを驚かせながら「〈僕〉という役を演じるたびに、俯瞰的な感覚を持っていないといけないと思う」と演じる上での⼼がけを明かした。さらに「〈僕〉という役は⾃分⾃⾝のことでもあり、清⽔監督でもあるという瞬間のある役。現場では監督と会話しながら作り上げていきました」と役作りにも⾔及した。

ユウスケ役の中川は「〈僕〉とユウスケは同じ⼈物像を⼆つに分けたかのように、繋がるところが沢⼭あった」と⼆⼈は表裏⼀体の存在だと表現し、「ユウスケはテレビ局員として派⼿に⾒えるけれど、⾃問⾃答が多いキャラクター。孤独で繊細な男です」と役柄を分析した。

菜穂役の松岡は「⾊々なリミットを⾃分で決めていて、そのせいで視野が狭くなっている」とキャラクターの⼼理を紹介しながら「でもこの物語の中ではそんな菜穂の性格を拒絶するように描くのではなく、彼⼥の持つ本当の気持ちなどを清⽔監督が⼤切に描いてくれました」と深みのある演出に感謝。〈僕〉が書く⽂章に背中を押される〈私〉役の古河は「〈私〉は⾃分らしさとは何かをわかっている⼈。今の時代それは凄いことだと思います。演じる中で〈私〉のパワーをお裾分けしてもらっていました」と役どころに影響を受けていた。

⼤勢の観客が詰めかけた完成披露舞台挨拶という華やかな舞台に緊張気味の清⽔監督。北村から「打ち合わせの時に『頭が真っ⽩』と⾔っていた」といじられて⼤汗をかきつつも「1カット⽬に注⽬して観てほしいです」とこだわりのカットを⾒どころに。その1カット⽬の完成度について北村は「確かに1カット⽬はヤバい︕映画史に残ります︕」と胸を張り「⼣⽅6時から撮影準備が始まり、終わったのは早朝だった」と撮影時の様⼦を紹介した。すると中川も「1テイク⽬を撮影したのが朝4時とか。寝ている録⾳部の⼥性を起こしながら撮りました」と振り返ると、北村は「そういう⼈もいるよね︕」と笑いつつ「でもまったく苦ではなかった。まさに名シーンで御座います」と胸を張っていた。

【写真】映画『スクロール』完成披露舞台挨拶 (北村匠海、中川⼤志)

またタイトルにちなんで「スマホで”スクロール“して⾒返したくなる写真」エピソードをそれぞれが発表。スマホであまり写真を撮らないという北村は「ちょっと思い出がなさすぎるので今年から撮りたい」とスマホ撮影を2023年の抱負にして「⾒返したくなるからではなく、こっぱずかしくてスクロールしたくなるのはスマホのメモ帳です。⾃分の思ったことをメモ帳に書いているけれど、⼆度と⾒返したくない。そのメモ帳を撮影中に監督と⾒せ合ったりしたけれど、お互いの裸を晒しているような気になった」と⾃らの思考を書き溜めたメモ帳の存在を明かしていた。

北村とは違い、スマホで写真を撮りまくるという松岡は「機種変をしてもデータフォルダは⼊れるので、写真は3万枚くらいあります」と尋常ならざるデータ量を報告。北村のことは中学1年くらいの頃から作品での共演を通して交流があるそうで、2010年当時の北村の姿をとらえた写真も残っているらしい。

松岡は「最初に出会ったのが中1くらいの北村。私は⾼1くらい。その当時の北村の写真もありますよ。前髪が眉⽑あたりで揃っていて…可愛かった〜︕それをお⾒せしたい。北村と共演するたびに“可愛いなあ”とスクロールする。寝顔もあります︕」と秘蔵写真の存在を明かし、「それはマズいな…」と北村を⾚⾯させていた。

ちなみに松岡の“北村”呼びについて、当の北村は「僕の知り合いで“北村”と呼ぶのは彼⼥だけです」と初共演当時の関係性が今も続いていることが嬉しそう。北村の秘蔵写真について松岡は「北村が30歳くらいになったら許してくれると思うので、その時に⼤公開したい︕」と声を弾ませて予告(!?)していた。

⼀⽅、古川がスクロールして⾒直したい写真は「実家で飼っている2匹の猫が⼦猫だったときの写真」。中川は「引っ越しの際に内⾒したときに撮ったまっさらだったころの部屋の写真を⾒返します。それを⾒て、何もなかったのかこの頃は…と思って初⼼に帰る」とスクロールルーティンを⼝にしていた。

北村と中川は同じ事務所に所属し、⼩学⽣の頃から切磋琢磨してきた仲。北村の存在について中川は「匠海と出会ったのは⼩学校4年の頃で、匠海は⼩学校5年⽣。同じ事務所で⼀緒に演技レッスンをして、その後に⼀緒にファミレスに⾏ったりして、その頃からの仲。10代のころはオーディションに⾏くと必ず匠海がいて、同じ役を奪い合ったりして、それを繰り返してきました」と回想し「そんな匠海と20代半ばで同じ映画でW主演できたのが感慨深く、思い出深い作品になりました」としみじみ。北村も「〈僕〉とユースケは表裏⼀体。⼩さいころからの仲間である⼤志とW主演という形で共演するのは宿命であり、それがこの作品で良かったと思います」と同志とのW主演を噛みしめながら「この映画は皆さんの物語であり、どこかにいる誰かの物語。そんな視点で観ていただければ嬉しいです」とアピールしていた。

イベント情報

映画『スクロール』完成披露舞台挨拶

■開催日: 2023年1月19日(木)
■会場: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
■登壇者: 北村匠海、中川⼤志、松岡茉優、古川琴⾳、清⽔康彦監督

【写真】映画『スクロール』完成披露舞台挨拶 (北村匠海、中川⼤志、松岡茉優、古川琴⾳、清⽔康彦監督)

映画『スクロール』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『スクロール』第1弾 ポスタービジュアル

《ストーリー》

学生時代に友だちだった〈僕〉とユウスケのもとに、友人の森が自殺したという報せが届く。就職はしたものの上司からすべてを否定され、「この社会で夢など見てはいけない」とSNSに想いをアップすることで何とか自分を保っていた〈僕〉と、毎日が楽しければそれでいいと刹那的に生きてきたユウスケ。森の死をきっかけに“生きること・愛すること”を見つめ直す二人に、〈僕〉の書き込みに共鳴し特別な自分になりたいと願う〈私〉と、ユウスケとの結婚がからっぽな心を満たしてくれると信じる菜穂の時間が交錯していく。⻘春の出口に立った4人が見つけた、きらめく明日への入口とは──︖

 
タイトル︓ 『スクロール』
 
出演︓ 北村匠海、中川大志、松岡茉優、古川琴音、水橋研二、莉子、三河悠冴/MEGUMI、金子ノブアキ/忍成修吾/相田翔子
 
監督・脚本・編集︓ 清水康彦
脚本︓ 金沢知樹 木乃江祐希
原作︓ 橋爪駿輝「スクロール」(講談社文庫)
音楽︓ 香田悠真
撮影︓ 川上智之
照明︓ 穂苅慶人
録音・音響効果︓ 桐山裕行
美術︓ 松本千広
制作プロダクション︓ イースト・ファクトリー
配給︓ ショウゲート
 
© 橋爪駿輝/講談社
© 2023映画「スクロール」製作委員会
 
2023年2月3日(金)
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @scroll_movie
公式Instagram: @scroll_movie
 

映画『スクロール』公開記念舞台挨拶 レポート

 

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ!

【写真】映画『LAPSE』ねおインタビュー

2019-2-15

映画『LAPSE ラプス』ねおインタビュー

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る