映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークイベントレポート

【写真】映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークイベント (山口もえ、熊谷俊輝)

映画『家なき⼦ 希望の歌声』(原題:Rémi sans famille)

公開前トークショー

⼭⼝もえ、熊⾕俊輝を「レミにそっくり︕本当に可愛い︕」と⼤絶賛!!
アカペラの“希望の歌声”が場内に響き渡る♫

⽇本でも3度にわたりアニメ化されて親しまれてきたフランスの名作児童⽂学「家なき⼦」を完全映画化した『家なき⼦ 希望の歌声』(原題:Rémi sans famille)が 11⽉20⽇(⾦)より公開される。

澄みきった少年レミの歌声と、壮⼤に広がる南フランスの美しい⾵景。波瀾万丈の冒険にハラハラしつつ、⼈と⼈との⼼の通い合い、胸を締めつける別れと出会い、そしてレミの何があってもひたむきに前へ進み続ける姿と温かい結末には、⼤⼈も⼦どもも、きっと涙を誘われずにはいられない。

【画像】映画『家なき⼦ 希望の歌声』(原題:Rémi sans famille) メインカット

この秋最⾼の感動作の公開を前に11⽉16⽇(⽉)、ブロードメディア試写室にて公開前トークイベントを開催!⽇本語吹き替え版で、主⼈公レミの声を担当した熊⾕俊輝と⼈気No.1ママタレントの⼭⼝もえが登壇した。

本編を鑑賞し、感動したという⼭⼝は「運命に翻弄されながらもひたむきに⽣きる少年の姿はかつてこどもだったすべての⼈にたくさんの感動を与えるだろう」とコメントを寄せている。そのことを踏まえ、「最初にコメントをお願いされて。本当にいい映画だったので、わたしの思いのたけを書いたら今⽇、イベントに呼んでいただけたんです。まるで⾃分で営業したみたいです」とちゃめっ気たっぷりに切り出すと、「わたしは本当にフランスが⼤好きなんですけど。フランスの美しい景⾊が楽しめますし、映画を観ているだけで南フランスの⾹りがしそう。それくらいすてきな映像で作られています。でも中をのぞくと、こんな⼤⼈にはなりたくないなと思うような⼤⼈から、こんな⼤⼈に会いたいなという⼤⼈まで。フルコースで味わえる。観ていて飽きないですし、⼀瞬で終わるくらいの濃厚な作品となっています」と本作を称賛。

【写真】映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークイベント (山口もえ)

⼀⽅の熊⾕も「⾃分の声が劇場で響くのは恥ずかしいんですけど、映像がすごく美しくて。本当にフランスに⾃分が来たような感覚になります。ストーリーも感動しました。僕も初めて映画で泣いた作品というか。笑顔になるようなラストだったりとか、そういうところがすごく感動しました」と本作への思いを語った。

【画像】映画『家なき⼦ 希望の歌声』(原題:Rémi sans famille) 場面カット

劇中では、丘の上で歌の練習をしていたレミの歌声に、まわりで農作業をしていた⼈が思わず⼼奪われるというシーンがあった。そのシーンを振り返った熊⾕は、「⾃分がステージにはじめて⽴ったのは 4歳とかそれくらいの時だったんですけど、⼈前で歌った時はそれこそ逃げ出したくなるような緊張感もありました。でも僕も今ではだいぶ緊張が好きになったというか。胸が⾼鳴る感じが好きになってきました」と⾃⾝に近いものをレミに感じている様⼦。その様⼦を⾒た⼭⼝が「わたしはこの緊張が嫌いです。苦⼿です。この仕事を26年くらいやっていますけど、いまだに慣れないです」と語って、会場を笑わせた。

【画像】映画『家なき⼦ 希望の歌声』(原題:Rémi sans famille) 場面カット

そんな熊⾕を優しいまなざしで⾒守っていた⼭⼝は「本当にレミにぴったりな⽅だなと思いました。あまりにもかわいくてビックリしました。どうやったらこんな⼦に育つんだろう。後でお⺟さんにもいろいろ聞こうと思います。レミは純粋で無垢むくでまっすぐな少年なんで、(熊⾕さんは)本当にそのまんまだな。グレたりしたことないでしょう」と質問すると、「今のところないです」と返答した熊⾕。さらに「お⺟さんに向かってババアとかいったことないよね」とたたみかけると、熊⾕も「ないです」。そんなほのぼのしたやりとりに会場も笑いに包まれた。

【写真】映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークイベント (山口もえ、熊谷俊輝)

そんな本作を「誰と観たい︖」という質問に⼭⼝が「家族で観たいですね。⼦どもといっしょというのはもちろんですが、夫とも⼀緒に。⼤切な友だちとか、この感情を共有したいなという⽅と⼀緒に観たいですね」と返答すると、熊⾕も「お⽗さんとか、お⺟さんとか。お姉ちゃんがいるけど、⼭⼝さんと⼀緒で家族で観たいです。今まで育ててくれたという、13年のいろんなことも、レミの映画で共有しあえるみたいな。そういう恩⼈みたいな⼈がいたら、レミにもすごく同情できるような、レミと同じ気持ちになれるかなと思いました」と返答。その⾔葉を聞いた⼭⼝は「うちにも 13歳の⼦がいるんですけど、全然違う。本当にかわいいですよ。どうやったらこんな⼦に育つんですかね」としみじみ語って、会場は⼤笑い。

【写真】映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークイベント (山口もえ、熊谷俊輝)

そしてその後は、熊⾕による「レミの⼦守唄」のワンフレーズ歌唱を実施。⽇本語吹き替え版では、「レミの⼦守唄」はレミ役のマロム・パキンの歌声を使⽤していたため、この⽇は吹き替え声優となる熊⾕の歌声を聴くことができるスペシャルな機会となった。

【写真】映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークイベント (熊谷俊輝)

会場に響き渡る澄み切った歌声に⽿を傾けた⼭⼝。思わず「本当にすてき︕ 本当に希望の歌声という感じがしました」と感想を漏らすと、熊⾕も「すごく緊張しました。今までのトークで⼀番緊張しました。でも歌うのは楽しかったです」と笑顔を⾒せた。

イベント情報

映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークショー

■開催日: 2020年11月16日(月)
■会場: ブロードメディア試写室
■登壇者: 山口もえ、熊谷俊輝(日本語吹き替え版・レミ役)

【写真】映画『家なき⼦ 希望の歌声』公開前トークイベント (山口もえ、熊谷俊輝)

映画『家なき⼦ 希望の歌声』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『家なき⼦ 希望の歌声』(原題:Rémi sans famille) ポスタービジュアル

《ストーリー》

11歳の少年レミは、南仏の農村で優しいママと貧しいながらも幸せに暮らしていた。ところが⻑い間パリへ出稼ぎに出ていた義⽗によって旅芸⼈の親⽅ヴィタリスに売り⾶ばされてしまう。だが、情の深い親⽅に歌の才能を⾒いだされ、⽝のカピ、猿のジョリクールと親交を深めながら、懸命に旅を続けるレミ。さまざまな出会いや困難が渦巻く冒険の果てに、待ち受ける運命とは……︖

 
第33回 東京国際映画祭(TIFF) 特別上映作品
 
原題︓ Rémi sans famille
邦題: 家なき⼦ 希望の歌声
 
監督・脚本︓ アントワーヌ・ブロシエ
 
出演︓ ダニエル・オートゥイユ、マロム・パキン、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ジョナサン・ザッカイ、ジャック・ペラン、リュディヴィーヌ・サニエ
配給︓東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
後援︓ 在⽇フランス⼤使館、アンスティチュ・フランセ⽇本
 
2018年 / フランス / フランス語 / 109分 / カラー / シネスコ / 5.1ch
 
© 2018 JERICO – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA
 
2020年11月20日(金)より
YEBISU GARDEN CINEMA、
109シネマズ ⼆⼦⽟川ほか全国ロードショー︕

 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @ienakiko_movie

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る