映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベントレポート

【写真】映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベント

映画『今日も嫌がらせ弁当』

フレンズと一緒に“楽しもう”主題歌コラボレーションイベント

高校生200人の大パフォーマンスに篠原涼子感動!!
主題歌コラボレーションイベントにサプライズ登壇!

2015年にAmebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得し、エッセイ異例の累計発行部数20万部を記録した原作を実写映画化したもので、お弁当に込められる、母からの愛情あふれるメッセージに誰もが心打たれる感動作『今日も嫌がらせ弁当』が6月28日(金)より全国公開される。

【画像】映画『今日も嫌がらせ弁当』メインカット

生意気でも、反抗期でも、あなたが娘でよかった。八丈島に住むシングルマザーが、高校生の反抗期の娘に3年間キャラ弁を作り続け、その様子をブログに投稿し人気を集めた「今日も嫌がらせ弁当」のエッセイを映画化。失敗もつまづきもたくさんするけれど、本音で生きる新たな母親像を篠原涼子が熱演!エンドロールで流れる主題歌「楽しもう」は、映画に感動して涙したあと「カラオケに行って歌いたくなるような、とにかく明るくて元気が出るハッピーな歌を」という監督のリクエストのもと、イメージにぴったりの楽曲をフレンズが書き下ろした。

6月24日(月)、大阪にある箕面自由学園にて公開直前イベントを実施。主題歌を担当したフレンズが登場!映画に登場するキャラクターと同世代である高校生たちの前で、全国屈指の実力を誇る箕面自由学園の吹奏楽部とチアリーディング部・総勢200名とのコラボレーションで一夜限りの大コラボレーションパフォーマンスを披露!さらに、シークレットゲストとして主演の篠原涼子がサプライズ演出で登壇!パフォーマンスで沸いた会場がさらなる歓声につつまれた。

【写真】映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベント (箕面自由学園高等学校 チアリーディング部)

イベントレポート

―― フレンズの皆さんは自称「神泉系」バンドと言われていますが。

MC&キーボード・ひろせひろせ(以下ひろせ): 東京には渋谷と言われる街があるのですが、そのひと駅となりに神泉という街がありまして、われわれ神泉系というジャンルを作り、そこの出身でやっているというバンドの設定で、神泉を皆さんに知っていただきたいという思いで活動しております。大阪でいうと北堀江という街があると伺いまして、そんな感じかなと思うのですが。

ボーカル・えみそん: 渋谷はワクワク感があるのですが、となりの神泉は、そこへ行くワクワク感があります。

―― 主題歌のオファーが来たときのお気持ちは?

ひろせ: いよいよ来ましたね、と思いました。主題歌を書いてほしいというのは夢だったので、初の自分たちの大きな出来事にワクワクが止まらなかったですね。

―― 楽曲はどんな感じでつくられたのでしょうか。

ひろせ: 書きおろしを作るのは、何度かやりとりがあってできるものだと思っていたのですが、監督が「サイコー」って一発OKをいただきました。

えみそん: 脚本を読んで、『今日も嫌がらせ弁当』の世界に入ってから歌詞を書いたり曲を作ったりしてみんなで制作していきました。

―― 映画をご覧になった感想は?

ひろせ: 泣いちゃいました。映画を観て、僕たちの曲が最後に流れて、この映画に関われていたんだなという、この映画の最後を締められたんだなと思いました。

【写真】映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベント (箕面自由学園高等学校 吹奏楽部&チアリーディング部)

<ライブパフォーマンス後>

―― 吹奏楽部のキャプテンにもお話を伺いたいと思います。

吹奏楽部キャプテン: フレンズさんとのコラボレーションでフレンズさんがバンドということもあって、とてもライブ感があって楽しかったです。

―― フレンズの皆さん、どうでしたか?

えみそん: こんなスペシャルな編成で出来てとっても楽しかったです。

ひろせ: 都合が良ければ皆さん毎回ライブに来てほしいと思うぐらい素晴らしかったです。

――フレンズの皆さん、最後にどんな方にこの映画を見ていただきたいと思いますが?

ボーカル&ギター・三浦太郎: 誕生日と公開日が一緒になるので、僕にとってかなりスペシャルになるのですが、好きな方や、家族と一緒に行くとまた感動が深まる映画だと思います。

―― 実は本日、もうお一人のゲストにパフォーマンスをご覧いただいておりました。篠原涼子さんのご登壇です!

<篠原涼子サプライズ登壇!>

【写真】映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベント (篠原涼子登場!)

(生徒たちの大歓声鳴りやまず!)

―― フレンズと箕面自由学園の皆さんのライブパフォーマンスはいかがでしたか?

篠原: みなさんこんにちはー。拝見しておりました!すごい鳥肌たっちゃって、モニターで見ていたのですが、みなさんの元気なパワーがモニターを通じてビンビン感じて、吹奏楽の皆さんも、チアのみなさんも、本当にすごいなと思って、ここで一緒にご一緒出来たのが本当にすごくうれしいです。ありがとうございます!

【写真】映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベント (篠原涼子)

―― 皆さんにメッセージをお願いします。

篠原: 小学生も中学生も高校生も幼稚園の子も、いろんな層の方に観ていただけると思います。そして多分きっと、高校生だから恋愛している人もいると思うんですね。好きな人がいたら「一緒に観に行こう」って勇気を振り絞って告白して、一緒に観に行っていただきたいと思います。

【写真】映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベント (篠原涼子)

 

イベント情報

映画『今日も嫌がらせ弁当』
フレンズと一緒に“楽しもう”主題歌コラボレーションイベント

■開催日: 2019年5月30日(木
■会場: 桂門ホール
■登壇者: 篠原涼子、フレンズ、箕面自由学園高等学校 吹奏楽部&チアリーディング部

【写真】映画『今日も嫌がらせ弁当』公開直前イベント (箕面自由学園高等学校 吹奏楽部&チアリーディング部)

映画『今日も嫌がらせ弁当』
公開直前イベント ダイジェスト映像

映画作品情報

【画像】映画『今日も嫌がらせ弁当』ポスタービジュアル

《ストーリー

舞台は東京都の島、八丈島。自然と人情が豊かなこの島で、シングルマザ ーの持丸かおりは、次女の双葉と暮らしている。「大人になったらお母さんと一緒にレ ストランをやる」と言っていた可愛い娘はどこへ行ったのか、今で反抗期に突入し、生 意気な態度で何を聞いても返事すらしない。 かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するのだが、やがてそのお弁当は、 会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。 果たして、かおりが想いのすべてをこめた、娘への高校3年間のフィナーレを飾る〈卒業弁当〉とは――?

 
出演: 篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、佐藤隆太
 
監督・脚本: 塚本連平
原作:「今日も嫌がらせ弁当」ttkk(Kaori)(三才ブックス刊)
主題歌: フレンズ「楽しもう」(ソニー・ミュージックレーベルズ) 
製作: 2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
制作プロダクション: 日活、ジャンゴフィルム
配給: ショウゲート
Ⓒ 2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
 

2019年6月28日(金)
TOHOシネマズ 梅田ほか感動のロードショー!

映画公式サイト
 
公式Twitter: @kyo_mo_iyaben
公式Facebook: @iyabenmovie
公式Instagram: @kyo.mo.iyaben

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る