映画『あのこは貴族』公開直前イベントレポート

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (門脇麦、水原希子、石橋静河、山下リオ、岨手由貴子監督)

映画『あのこは貴族』公開直前イベント

「事前告知なく突然来る」
門脇麦、両親の突然の現場訪問に苦笑い

都会の異なる環境を生きる二人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描いた映画『あのこは貴族』が2月26日(金)に公開される。

【画像】映画『あのこは貴族』メインカット

2月15日(月)、公開直前イベントがユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、上映前の舞台挨拶に門脇麦、水原希子、石橋静河、山下リオ、そして岨手由貴子監督が登壇した。

東京出身のお嬢様を演じた門脇&石橋、地方出身で共に東京に上京した経験を持つ友人を演じた水原&山下がそれぞれお互いの印象を発表する企画を実施。門脇は石橋を「笑顔が太陽のような人」と紹介し、「石橋さんは朗らかな笑顔で底抜けに明るい。その場が明るくなるので大好き。表情の表し方とか、ちょっと欧米っぽい」と石橋スマイルに惚れ惚れ。門脇のあまりのベタ惚れに石橋は「そんなに褒めても何も出ませんよ~」と照れるも「門脇さんは好きな俳優さんだったので、いいお芝居をしたいと緊張しましたが、楽しかったです」と念願の共演の撮影を振り返っていた。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (門脇麦)

一方、石橋は門脇について「家族想い」とし「あるシーンの撮影にご家族がいらしていました」と明かすと、門脇は「うちの両親はすぐに来る…」と苦笑い。門脇親子の様子に石橋は「撮影現場に家族が来るというのを今まで聞いたことがなくて。でもそれぞれが独立している感じなので、その距離感が素敵。いい家族なんだと思った」と仲睦まじい様子に羨ましそう。当の門脇は「事前告知もなく、突然現場に『やっほー!』という感じで親が来る。でももう慣れました」と家族訪問に動じない様子をみせた。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (石橋静河)

水原は以前ドラマで共演して以来仲がいいという山下を「いつも口角が上がっている人」と表し「リオちゃんというと、可愛くハツラツな笑顔が思い出される。口角が下がったところを見たことがない。ポジティブエネルギーが出ている。すごく可愛くてとても素敵。いつも絡んでしまう。この映画でも一瞬にして関係性が出来上がった」と再共演に大喜び。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (水原希子)

一方、山下は水原について「素直」といい「思ったことをはっきりと言う。嘘がないところがお芝居にも出ている」と分析。山下が水原の脇腹を触るというアドリブシーンでは「スポンジ・ボブみたいに“ウッキャー!”というリアクションをしていて可愛い。そこが見どころ。ついついちょっかいを出したくなる」と相思相愛だった。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (山下リオ)

『あのこは貴族』は、都会の中で異なる環境を生きる二人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描く。

箱入り娘・華子役の門脇は「お嬢さんと一言でいっても、色々なタイプがいる。華子は古風な印象があったので、その方向性で衣装も決めました。自我と自意識がさほどないという性格を表すために、印象に残らないような印象の服装を意識しました」と衣装へのこだわりを紹介。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (門脇麦)

地方から上京し、自力で生きる美紀役の水原は「私も憧れを持って上京したので、心境的にも美紀と通ずる部分があって、気持ちがリンクする瞬間もありました。ここまでリラックスしてお芝居をしたことがないと思うくらい、貴重な体験であり素敵な役柄でした」と共感しきり。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (水原希子)

華子の学生時代からの友人でバイオリニスト・逸子役の石橋は「バイオリンの練習を1カ月ほど毎日やって、首が痛くなりました」と初挑戦に苦労を滲ませつつ「撮影本番では、1ミリでも指がズレると正しい音が出ないような高級なバイオリンを弾くことになりました。難しかったけれどそれが凄く楽しくて、このバイオリン欲しいなと思ったりしました」とバイオリン演奏に開眼していた。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (石橋静河)

美紀の友人・平田役の山下は「相手役が希子ちゃんだからこそ出た空気感もあって、やりやすかった」とプライベートでも友人関係である水原との共演に信頼しきり。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (山下リオ)

岨手監督は山内マリコによる原作に並々ならぬ想いがあり「自分の知らない世界と共感できる世界が同時に描かれているのが魅力的な小説。サイン会に並んで山内さんに『映画化したい!』と直談判しました。ほかの監督に渡したくない、自分で映画化したいと思って実現した映画です」と感無量の様子だった。

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (岨手由貴子監督)

最後に主演の門脇は「女の子二人の映画ではあるけれど、同時に人類愛の映画でもあります。人生讃歌のような映画なので、コロナ禍で不安もあるかとは思いますが、もっといい明日を過ごしてみようとか、映画を観た皆さんの中に明るい気持ちが芽生えたとしたら嬉しいです」と全国公開に期待を寄せていた。

イベント情報

映画『あのこは貴族』公開直前イベント

■開催日: 2021年2月15日(月)
■会場: ユナイテッド・シネマ豊洲
■出演者: 門脇麦、水原希子、石橋静河、山下リオ、岨手由貴子監督
■MC: 奥浜レイラ

【写真】映画『あのこは貴族』公開直前イベント (門脇麦、水原希子、石橋静河、山下リオ、岨手由貴子監督)

映画『あのこは貴族』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『あのこは貴族』ポスタービジュアル

《ストーリー》

東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成長し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。20代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが…。

一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。幸一郎と大学の同期生であったことから、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。二人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく―。

 
監督・脚本: 岨手由貴子
出演: 門脇 麦、水原希子、高良健吾、石橋静河、山下リオ、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい、山中 崇、高橋ひとみ、津嘉山正種、銀粉蝶
原作: 山内マリコ「あのこは貴族」(集英社文庫刊)
 
配給: 東京テアトル、バンダイナムコアーツ
 
© 山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
 
2021年2月26日(金) 全国公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @aristocrats0226
公式Instagram: @aristocrats0226

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る