映画『宮松と山下』公開記念舞台挨拶 レポート
【写真】映画『宮松と山下』公開記念舞台挨拶 (関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督)

映画『宮松と山下』

㊗公開記念舞台挨拶

今までにない映像体験をぜひ劇場で味わってほしい!
監督たちが見た香川照之のプロ魂!!

“新しい手法が生む新しい映像体験”を標榜し、過去に2本の短編映画がカンヌ国際映画祭から正式招待を受けた監督集団「5月」が、香川照之を主演に迎えた初の長編映画『宮松と山下』が11月18日(金)より、新宿武蔵野館、渋谷シネクイント、シネスイッチ銀座ほか全国公開された。

【画像】映画『宮松と山下』場面カット1

11月19日(土)に新宿武蔵野館で公開記念舞台挨拶が行われ、監督集団「5月」の関友太郎平瀬謙太朗佐藤雅彦ら3監督が登壇した。

香川照之の演技を監督陣が絶賛!!

公開2日目に駆けつけた観客で満席となった会場。上映後、大きな拍手で迎えられた監督陣がそれぞれ一言ずつお礼を述べ、舞台挨拶が始まった。

—— ご鑑賞いただいて、皆さん主演の香川照之さんの演技に心酔されたんじゃないかと思いますが、現場で香川さんのプロ魂を見た場面を教えていただけますでしょうか?

佐藤監督: 現場では、香川さんの一挙手一投足に感動していました。妹の藍が「そう、昔よく(タバコを)吸ってた」と言ったのち、振り返ってにこやかに笑うシーンがありますが、あのカットにびっくりして、どうしてあんな軽やかな笑いが瞬時にできるのだろうと思って、後から香川さんに聞いたんです、「あの自然なにこやかな、裏のない幸せな笑いって、表情ってどう作るんですか?」と。最終的には教えてくれなかったんですが、あれをつくるのにかつてかなり努力されたようなんですが、香川さんの内部構造にはあれができる構造があるんですね。だからあの「笑顔」と言われた時にどんな状況でも、瞬時にできる内部構造があることに僕は恐ろしく思いました。

皆さんもご覧になった通り、顔をピクピクと痙攣することも、香川さんの演技の技術の中に入っていて制御できる、そこがびっくりしました。

【画像】映画『宮松と山下』メインカット

谷が訪ねてきた時やベランダのシーンの撮影時は9月の炎天下で眩しいんです。なのに、香川さんは、「よーい」の声が掛かる前にぎらつく太陽を睨み、目をわざと開けているんです。思わず、その姿を撮影してしまったほどでした。それでクランクアップ直前に、どうしてあの時太陽を見たのかと聞きました。すると、「太陽を見て目を焼き殺すと眩しい顔をしなくて済む」とおっしゃっていて。その話を聞いて、ああこの人はこんな技術ももっているんだなあと思ったんです。内部技術に関しても、外に表出する技術に関してもすごい役者さんだと思いました。

【写真】映画『宮松と山下』公開記念舞台挨拶 (佐藤雅彦監督)

関監督: 僕が一番印象的だったのは、最終日に僕と平瀬に声をかけにきてくれて、「3人の監督は初めてだったけど、本当にいいことばかりだった」とおっしゃってくださったんです。「この現場は3人が『カット』『カット』『カット』と揃って初めて『カット』が出る、3人分の重みがあるから、本当に納得して安心して次のシーンにいけた」とおっしゃっていただいて、役者としての姿勢というか、カットへの反応を毎現場確かめて次のシーンに向かっているんだと思って、そこがすごく印象的でした。

香川さんは時代劇のシーンで何度も斬られるシーンがあるんですが、テイクごとに正確に少しずつ違う演技、違う動きや強弱の付け方をしてくださって、芝居の違いを見せてくれたので常に現場で探っている感じがとても印象的で感動しました。

【写真】映画『宮松と山下』公開記念舞台挨拶 (関友太郎監督)

—— 編集が何十パターンもできるほど繰り返されたとお聞きしましたが、香川さんが微調整されるのは編集素材を見越していらっしゃるのでしょうか?

関監督: あるかもしれませんね。編集は30では足りないくらいやりましたね。毎日違う編集だったというか。あと、香川さんが演じているのはエキストラなので、めちゃくちゃ上手なわけではない、とその匙加減は香川さんのなかでも色々考えてくださったんじゃないかと思います。斬られるシーンでも、わざと大きな芝居をしたりもして。

平瀬監督: 「いやそれバレる!バレる!エキストラの人がそんな大きな動きしてたら外しちゃう」という演技もあって、そういったものは編集で落としました。

佐藤監督: 香川さんはプロなので、カツラを被るシーンなど慣れちゃってるんですね。だから、慣れてないカツラの被り方を模索したりと、香川さんは頭を働かせてくださっていたと思います。

【画像】映画『宮松と山下』場面カット4

平瀬監督: 私たちは、宮松という人物がどういうひとなのか、脚本を書きながらギチギチに決めていたわけではなく、現場で香川さんと会話しながらその場で作っていったのが印象的で、現場で4人で集まって、「じゃあこのシーン宮松だったらどう振る舞うだろうね」と。例えばロープウェイを閉めて階段の降り方ひとつを目の前で演じてくださる。タンタンタン、と一段ずつ降りていく。そういうのを重ねて宮松という人物像をつくっていったので、本当に我々にとっても贅沢な時間でしたし、映画にとっても大切な時間だったと思います。

特に縁側で妹の藍に振り向いて「おかえりなさい」というセリフがあるんですが、脚本には書いていたものの、どんな言い方でどんな顔でどういう気持ちで言うのかは我々の頭にもなかった。

それでまずはカメラテストをしてみた時、香川さんが振り向いてニコッと笑ったんです。スタッフ全員が、そんな「おかえりなさい」があるのかと自分達の中に全くなかった見せ方でした。全員がゾワッとしたのが印象的で、香川さんの力を浴びた気がします。

【写真】映画『宮松と山下』公開記念舞台挨拶 (平瀬謙太朗監督)

新しい形が新しい表現を生むんじゃないか(佐藤)
ナマの感じ、リアルなものが写り込んだ時、画が強くなる(関、平瀬)

—— この作品を制作して良かったこと、奇跡だと感じたことはなんでしょうか?

佐藤監督: 僕が一番訴えたかったのは、やっぱりこの新しい形なんです。これは東京藝術大学の映像研究科の私の研究室から生まれた3人ユニットで、世界でも稀有だと思います。3人が同時に企画して、原作・脚本を書いて、撮影・編集して…。我々3人でやっと1人前と呼んでるんですけど。新しい「5月」という個性が生まれるんです。 “手法がテーマを担う”ということを私たちは標榜していますが、“手法”というと軽く見られがちですが、我々手法が大好きなんです。そこを追求している新しい形が、新しい表現を生むんじゃないかと思っています。それが、今後どんな新しいものをうむのか、我々にもわかりませんが楽しみにしていていただきたいです。

関監督: バッティングセンターのシーンで、津田寛治さんがうまく打てないシーンがあるんですが、津田さん自身は左利きで、カメラアングル的に宮松と同じように撮るために右打ちでバッターボックスに入ったんです。台本上では空振りと書いていたので、そのつもりで津田さんもいたと思うんですが、偶然ボールが当たっちゃって、そうしたら、だから自然に「あ、当たっちゃった」というセリフとアハっという表情になったのがとても良くて。ナマの感じというか。これは編集でも悩まずに使いました。

平瀬監督: 関のいう通り、リアルなものが映り込んだ時、編集しててすごく嬉しいですね。脚本上では思ってもみなかったことが起きている。それを自分で一番感じたのは、タクシー会社のシーンで。あのシーンの皆さんは本当にあそこのタクシー会社に勤めている方々なんです。なのでやっぱり佇まいが全然違うんです。いつもの場所で普段通りいつものことをするだけ。そのリアリティがすごくて。それがかなり画を強くしてくれたと思います。

【画像】映画『宮松と山下』場面カット9

最後に、観客へ向けて3監督からメッセージ

佐藤監督: この皆さんが今味わった映像体験というのは、言葉でなかなか伝えられないんですよね。ですから、皆さん伝道師のように友達やご親戚にお伝えいただければと思います。皆さんの言葉が一番強いと思います。ぜひ、よろしくお願いいたします。

関監督: 物語より映像表現・手法で楽しめる映画を作りたいと思っていたので、迫力や派手さのある映画ではありませんが、映画館でぜひ観ていただきたいと思いました。こういう静かな映画でも映画館でみるべき映画だと、そういうメッセージも添えて、お知り合いの方に広めていただけたらと思います。

平瀬監督: この10年ほどお茶の間で観ていたのは“動”の香川さんと言うか、激しい動きで大きな演技でみんなを楽しませていたと思うんですけど、この映画には静かな香川さんが映っていて、本当にそれを期待してお願いした部分もありますが、そんな“静”の香川さんを今見られるのは劇場だけ、この映画だけなんじゃないかと思っています。それが多くの人に届いてくれると嬉しいなと思っています。

イベント情報

映画『宮松と山下』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2022年11月19日(土)
■会場: 新宿武蔵野館
■登壇者: 関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督
■MC: ビターズ・エンド 宣伝担当

【写真】映画『宮松と山下』公開記念舞台挨拶 (関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督)

映画『宮松と山下』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『宮松と山下』ポスタービジュアル

《ストーリー》

宮松は端役専門のエキストラ役者。ある日は時代劇で弓矢に打たれ、ある日は大勢のヤクザのひとりとして路上で撃たれ、 またある日はヒットマンの凶弾に倒れ……

来る日も来る日も殺され続けている。真面目に殺され続ける宮松の生活は、派手さはないけれども慎ましく静かな日々。

そんな宮松だが、実は彼には過去の記憶がなかった。なにが好きだったのか、どこで何をしていたのか、自分が何者だったのか。

なにも思い出せない中、彼は毎日数ページだけ渡される「主人公ではない人生」を演じ続けるのだった……。

 
出演: 香川照之、津田寛治、尾美としのり、中越典子
 
監督・脚本・編集: 関友太郎、平瀬謙太朗、佐藤雅彦
 
企画: 5月
制作プロダクション: ギークサイト
協賛: DNP大日本印刷
配給: ビターズ・エンド
製作幹事: 電通
製作: 『宮松と山下』製作委員会(電通/TBSテレビ/ギークピクチュアズ/ビターズ・エンド/TOPICS)
 
© 2022『宮松と山下』製作委員会
 
2022年11月18日(金) 新宿武蔵野館、渋谷シネクイント、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @miya_yama_movie
公式Facebook: @miyamatsu.yamashita
 

映画『宮松と山下』関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督 インタビュー

映画『宮松と山下』監督ティーチイン付き特別試写会 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る