映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』公開記念舞台挨拶レポート

【写真】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』公開記念舞台挨拶 (三石琴乃、福圓美里、野島健児、松岡禎丞)

映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』

《後編》公開記念舞台挨拶☽

観客を迎えたイベントに歓喜!
幸せな瞬間を共有出来る喜び噛み締める!!

25年の時を経て、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》が2月11日(木・祝)公開初日を迎えた。

同日、東京・丸の内TOEIで公開記念舞台挨拶が行われ、主演の三石琴乃(スーパーセーラームーン/月野うさぎ役)をはじめ、福圓美里(スーパーセーラーちびムーン/ちびうさ役)、野島健児(タキシード仮面/地場衛役)、松岡禎丞(ペガサス/エリオス役)ら声優陣が登壇。さらにイベントの模様が全国123館の公開劇場にてライブビューイングにより配信された。

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』メインカット

《前編》/《後編》を通して初めて観客の前で行われた舞台挨拶。ついに《後編》が公開を迎えた今の気持ちとして、三石は「この空間(お客様がいる映画館)がただただ嬉しくて、舞い上がってしまっています。みなさんの生活もガラッと変わって心配ごとが多いと思いますが、今日は少しでも楽しい時間をお届けできたら」と喜びの言葉を語り、福圓も「スタッフ・キャストが頑張って作って、届けてきたので、そんなお披露目・お誕生日である今日、プロモーションの最後にこんなすてきな光景をみることができて嬉しいです」と宣伝を担ってきた二人は喜びをかみしめた。

今回イベント初登壇となる野島は、「《前編》ではなかなか活躍の場がなく、病に伏せる衛でしたが、後編は成長を遂げた姿をお届けできると思います。自分自身のあり方を見つける、衛の存在を再認識させられる素敵なシーンがたくさんあります」と自信をのぞかせた。

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』場面カット4

シリーズ初参加となる松岡は、「オーディションの結果を聞いたときはドッキリかと思いました。台本をいただいたときは『んんんん~!!!!』と声にならない喜びで。ラストのちびうさとのシーンはなんてすばらしいんだろう!とこれからの二人の関係性が未来に向かっている様子が描かれていて、今後の展開も気になります」と参加への喜びを改めて語った。

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』場面カット2

イベントの最後は、“25年ぶりの劇場版”を座長としてキャストを引っ張り、たくさんの宣伝活動を完走した三石に、感謝の気持ちを込め、セーラームーンを象徴する月をかたどったお花・フラワームーンをサプライズでプレゼント!事前に知らされていなかった三石は、「聞いてない!台本になかったよね!?」と言いながらも、フラワームーンに感激。月の間から顔をのぞかせるなど、茶目っ気たっぷりに喜びを露わにした。

【写真】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』公開記念舞台挨拶 (三石琴乃)

キャストたちからは三石への感謝の言葉も。うさぎの運命の恋人・衛を演じた野島は「いつも支えてくださってほんとうにありがとうございます。いつも収録の時には衛になれるのか不安を抱えながら現場に行くんですが、マイク前に立ってちらっと三石さんを見ると、衛のやさしさやうさぎを大事にする心がすっと蘇ってきて。今日も三石さんは素敵だなって思いながら、衛になれています。三石さんがいてこその衛なんだといつも感じています」と、感謝の思いを述べた。

そして、同じく新シリーズからちびうさを演じた福圓からは、「琴乃さんがいてくれるから、90年代テレビアニメとクリスタルが橋渡しされています。琴乃さんがいるから新シリーズがはじめられたと思います。いつも素敵で、ちょっぴり天然で、母性があって。キャスト・スタッフそして作品への愛情を感じます。琴乃さんこそがうさぎちゃんなんだなと思っています。これからもずっとうさぎちゃんであり続けてほしい」と尊敬のまなざしで語った。

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』場面カット1

それに対して三石は「みなさんの気持ちがとても嬉しいです。《後編》の公開はもちろんですが、とても素敵な日になりました。みんなと一緒に楽しめて嬉しいです。映画でも観ているかたにトキメキ・夢・恋などきらきら輝く宝石がたくさんつまった作品になっています。『美少女戦士セーラームーン』のおかげで今も声優としてここに立てています。感謝でいっぱいです」と涙を浮かべながら感謝の気持ちを伝えた。

イベント情報

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》公開記念舞台挨拶

■開催日: 2021年2月11日(木・祝)
■会場: 丸の内TOEI①
■登壇者: 三石琴乃、福圓美里、野島健児、松岡禎丞

【写真】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』公開記念舞台挨拶 (三石琴乃、福圓美里、野島健児、松岡禎丞)

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》』ポスタービジュアル

《ストーリー》

桜舞う4月、街は今世紀最大の<皆既日食>でお祭りムード。新月が太陽を覆い隠し、次第に薄暗くなっていく中、うさぎとちびうさは自らに助けを求める<ペガサス/エリオス>と出会う。ゴールデン・クリスタルの封印を解く、選ばれたる“乙女”を捜しているというエリオスは、ある日ちびうさの夢に現れ、「力を貸してほしい」と告げるのだった。時を同じくして、街には<デッド・ムーンサーカス>と名乗る謎のサーカス団が現れる。彼らの狙いは、悪夢の化身レムレスをばらまき、「幻の銀水晶」を手に入れて、月と地球を支配し、やがて宇宙までも支配しようと目論んでいた。

“乙女”と呼ばれ、自らを必要としてくれるエリオスに淡い恋心を抱くちびうさ。

自分はうさぎの足手まといなのではと苦悩する衛と、自分のせいで衛を危険な目にばかり合わせてしまうと思い悩むうさぎ。そして、戦いの中で次第に露わになる「夢」と「使命」。

―――今、時を超えた壮大な「夢」の物語が幕を開ける。

 

タイトル

邦題: 劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》/《後編》
英題: Pretty Guardian Sailor Moon Eternal the Movie

スタッフ

原作・総監修: 武内直子「美少女戦士セーラームーン」(講談社刊)
監督: 今 千秋
脚本: 筆安一幸
キャラクターデザイン: 只野和子
音楽: 高梨康治
 
主題歌: 「月色Chainon」(EVIL LINE RECORDS)
作詞: 白薔薇sumire / 作曲: 小坂明子 / 編曲: 月蝕會議
ももいろクローバーZ with セーラームーン&セーラーマーキュリー&セーラーマーズ&セーラージュピター&セーラーヴィーナス
 
アニメーション制作: 東映アニメーション、スタジオディーン
製作: 劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
配給: 東映

キャスト

スーパーセーラームーン/月野うさぎ: 三石琴乃
スーパーセーラーマーキュリー/水野亜美: 金本久子
スーパーセーラーマーズ/火野レイ: 佐藤利奈
スーパーセーラージュピター /木野まこと: 小清水亜美
スーパーセーラーヴィーナス/愛野美奈子: 伊藤 静
スーパーセーラーちびムーン/ちびうさ: 福圓美里
タキシード仮面/地場衛: 野島健児
スーパーセーラーウラヌス/天王はるか: 皆川純子
スーパーセーラーネプチューン/海王みちる: 大原さやか
スーパーセーラープルート/冥王せつな: 前田 愛
スーパーセーラーサターン/土萠ほたる: 藤井ゆきよ
ルナ: 広橋 涼
アルテミス: 村田太志
ダイアナ: 中川翔子
エリオス: 松岡禎丞
ジルコニア: 渡辺直美
新月の闇の王国の女王・ネヘレニア: 菜々緒
 

© 武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」 製作委員会

《前編》2021年1月8日(金)
《後編》2021年2月11日(木・祝)

映画公式サイト
 
公式Twitter: @sailor_movie

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る