第74回 ゴールデン・グローブ賞発表!映画部門 『ラ・ラ・ランド』が歴代最多7部門受賞!

映画 『ラ・ラ・ランド』 (LA LA LAND)

第74回 ゴールデン・グローブ賞 映画部門
映画『ラ・ラ・ランド』歴代最多7部門受賞!

1月9日、アカデミー賞®の前哨戦として最も注視される第74回ゴールデングローブ賞(Golden Globe Awards 2017)が発表され、映画部門では『ラ・ラ・ランド』(原題: LA LA LAND)が歴代最多7部門を受賞するという歴史的快挙を成し遂げた。

各賞の受賞結果は以下の通りである。

 
第74回 ゴールデングローブ賞 受賞結果《映画部門》

 
◆作品賞(ドラマ部門)

『ムーンライト』
[原題:Moonlight   監督:バリー・ジェンキンス]

◆主演女優賞(ドラマ部門)

イザベル・ユペール(Isabelle Huppert)
『エル(邦題未定)』
[原題:Elle   監督:ポール・ヴァーホーヴェン]

◆主演男優賞(ドラマ部門)

ケイシー・アフレック(Casey Affleck)
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
[原題:Manchester by the Sea   監督:ケネス・ロナーガン]

◆作品賞(ミュージカル / コメディ部門)

『ラ・ラ・ランド』
[原題:La La Land   監督:デイミアン・チャゼル]

◆主演女優賞(ミュージカル / コメディ部門)

エマ・ストーン(Emma Stone)
『ラ・ラ・ランド』
[原題:La La Land    監督:デイミアン・チャゼル]

◆主演男優賞(ミュージカル / コメディ部門)

ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)
『ラ・ラ・ランド』
[原題:La La Land    監督:デイミアン・チャゼル]

◆助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス(Viola Davis)
『フェンス(邦題未定)』
[原題:Fences   監督:デイミアン・チャゼル]

◆助演男優賞

アーロン・テイラー=ジョンソン(Aaron Taylor-Johnson)
『ノクターナル・アニマルズ(邦題未定)』
[原題:Nocturnal Animals   監督:トム・フォード]

◆監督賞

デイミアン・チャゼル(Damien Chazelle)
『ラ・ラ・ランド』
[原題:La La Land   監督:デイミアン・チャゼル]

◆脚本賞

デイミアン・チャゼル(Damien Chazelle)
『ラ・ラ・ランド』
[原題:La La Land   監督:デイミアン・チャゼル]

◆作曲賞

ジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwitz)
『ラ・ラ・ランド』
[原題:La La Land   監督:デイミアン・チャゼル]

◆アニメ映画賞

『ズートピア』
[原題: Zootopia   監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア]

◆外国語映画賞

『エル(邦題未定)』
[原題:Elle   監督:ポール・ヴァーホーヴェン]

◆主題歌賞

City of Stars(Justin Hurwitz, Pasek and Paul)
『ラ・ラ・ランド』
[原題:La La Land   監督:デイミアン・チャゼル] 

 

ゴールデングローブ賞 (Golden Globe Awards)

ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)会員の投票により選定されるアメリカ合衆国における映画とテレビドラマに与えられる賞。毎年1月に発表され、アカデミー賞®の前哨戦としての注目度も高い。

映画部門には、作品賞(ドラマ部門、ミュージカル・コメディ部門)、主演女優賞(ドラマ部門、ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ドラマ部門、ミュージカル・コメディ部門)、外国語映画賞、助演女優賞、助演男優賞、監督賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞、アニメ映画賞、セシル・B・デミル賞がある。

ゴールデングローブ公式サイト (HFPA) 

 

© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る