映画 「夢二~愛のとばしり」

夢二~愛のとばしり

映画 「夢二~愛のとばしり」

これまで誰も描かなかった竹久夢二の真実

生誕130年を経て、これまで誰も描かなかった竹久夢二の真実が明らかに!

一人の男の迸りに翻弄される女達。
竹久夢二の本質を浮き彫りにする新たな夢二物語の誕生。

1884年に岡山で生まれ、明治、大正、昭和の3時代を駆け抜けた“日本最初のポップアート”アーティスト竹久夢二。いまでも全国各地で特別展が開催され、色褪せぬことなくファンを魅了する夢二。これまでにも「夢二」の映画が製作されてきましたが、その多くは彼を巡るある種の幻想の物語でした。本作が描く「竹久夢二」は、人間あるいは男としての哀しくも愛ある姿を捉えています。夢二が生きたロマンあふれる時代を再現しながら、「美人画」のモデルとなった妻・たまきとの憎愛と決別・・崩壊。最も愛した女・彦乃(しの)との逃避行・・そして死。最後のミューズ・お葉との出会い・・再起。と夢二の迸りに翻弄される女達の心情を深く掘り下げながら、人間・竹下夢二の本質に迫る物語を描きます。

主人公・竹久夢二を演じるのは、30歳で役者デビューを果たし、2011年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインの夫に大抜擢。その後TBS「半沢直樹」出演など、若手実力派としての実績を着実に積み上げ注目を集める駿河太郎。夢二が最も愛した女・彦乃には「イン・ザ・ヒーロー」(’14)「カバディーン!~花吹雪高校篇~」(’14)などへの出演で話題を集めた小宮有紗がこれまでのイメージを覆す体当たりの演技に挑戦しています。また、夢二の妻・たまきには「極道の妻たち Neo」(’13)「利休にたずねよ」(’13)「イン・ザ・ヒーロー」(’14)の黒谷友香、彦乃の父を2002年度 第12回日本映画批評家大賞主演男優賞を受賞し、日本のみならず海外進出も果たしている加藤雅也と、話題溢れる俳優陣が脇を固めています。
そして本作でメガホンをとり脚本を手掛けたのは、宮野ケイジ。TVCMなど広告、プロモーション映像をディレクターとして手がけ、「日本産業映画コンクール」企業部門・最優秀作品賞をはじめ、多数受賞。TV番組、大型映像、3D映像など特殊映像まで幅広く手がけ、不良性感度の高い映像作家と評され注目を集めています。

●ストーリー

時代はいくつも変われど、愛され続けている竹久夢二。そして、夢二の生きた「素敵な憧憬」として輝きを放ち続けている「大正時代」。夢二は、「美人画」のモデルとなった妻・たまきと息子の3人で絵画の店を営みながら暮らしていた。生活のために絵を描くことを選択した夢二だったが、現実的な日常にどこか不満を抱く芸術家としての自分との葛藤に筆の進まない日々を送っていた。一方、男としては妖艶な色気を放ち、女性ファンが絶えない。そんなある日、運命の女性彦乃と出会い、彼女との愛に溺れてゆく。家を顧みない夫・夢二の変化に苦しみ、やがて夫婦生活は崩壊をきたしてしまう。そして、夢二の思いは一途に彦乃へと向かうのだが……。

[文: オフィシャルリリース ]

© 2015  「夢二~愛のとばしり」 製作委員会

●キャスト・スタッフ

 
駿河 太郎(夢二)

1978年兵庫県生まれ。2003年より音楽活動を開始。2008年、30歳になったのを機に俳優へ転向。2011年放送NHK連続テレビ小説『カーネーション』ヒロインの夫、川本勝役に抜擢される。2013年にはTBS『半沢直樹』に出演するなど、数々の映像・舞台作品に出演し注目を集めている。近年の主な出演作に、【ドラマ】『ラヴソング』(2016・CX)、『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』(2015・TX)、【映画】『真田十勇士』(9/22公開)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(10/29公開)、【舞台】『TAKEFIVE2』(2016)、『真田十勇士』(2016)がある。本作が出品された「Japan Film Festival LA 2015」で、最優秀作品賞(グランプリ)/最優秀主演男優賞を受賞した。

夢二~愛のとばしり

 
小宮 有紗(彦乃)

1994年栃木県生まれ。スーパー戦隊シリーズ第36 作『特命戦隊ゴーバスターズ』に宇佐⾒ヨーコ / イエローバスター(声)役でテレビドラマ初出演。2014年「イン・ザ・ヒーロー」に出演。その他「劇場版 ウルトラマンギンガS決戦! ウルトラ10 勇⼠!!」(2015)「カバディーン!〜花吹雪⾼校篇〜」(2014)などがある。現在、「ラブライブ!サンシャイン!!」黒澤ダイヤとして声優でも活躍。本作では今までのイメージから脱⽪し、夢⼆への純粋な愛を貫く彦乃を体当たりで演じている。

夢二~愛のとばしり

 
加藤 雅也(彦乃の父)

1963 年奈良県⽣まれ。『メンズノンノ』創刊号のファッションモデルをつとめた後、俳優の道へ進む。『マリリンに逢いたい』で主役を演じる。2002年度には、第12 回⽇本映画批評家⼤賞主演男優賞を受賞。主な映画出演作には「THE LAST MESSAGE 海猿」(2010)「アンフェア」(2007,2011,2015)「テラフォーマーズ」(2016)がある。活躍の場を⽇本のみならず海外へと拡げ、今や⽇本を代表する俳優のひとり。本作では、彦乃の⽗・笠井宗重を重厚感溢れる存在感を放ち、演じる。

夢二~愛のとばしり

 
黒谷 友香(夢二の妻・たまき)

1975年大阪府生まれ。1995年雑誌『mc Sister』のモデルとして活動中にプロボクサー・辰吉丈一郎の自伝を基にした映画『BOXER JOE』のヒロイン役で女 優業に進出。2006年、主演映画「TANNKA 短歌」。 「極道の妻たち Neo」(2013)でも主演を務める。その後の作品に「謎解きはディナーのあとで」(2013)「利休にたずねよ」(2013年)「イン・ザ・ヒー ロー」(2014)などがある。TVドラマ、映画へと活躍をしている注目の女優。本作では、夢二の妻としての女性の苦悩を卓越した演技力で表現した。

夢二~愛のとばしり

 
監督 宮野 ケイジ

1965年京都府生まれ。TVCMなど広告、プロモーション映像をディレクターとして手がけ、「日本産業映画コンクール」企業部門・最優秀作品賞をはじめ、多数受賞。TV番組、大型映像、3D映像など特殊映像まで幅広く手がけ、近年ではショートムービーやドキュメンタリー作品、長編劇映画の企画・脚本・監督を務め、不良性感度の高い映像作家と評され注目を集めている。 
代表作に、『CHICANO LiveTour in Japan』(2010)『不良少年3000人の総番(アタマ)』(2012)、ボビー・オロゴン氏との共同監督作『Moon☆Dream』(2013)がある。

 

●映画 「夢二~愛のとばしり」 予告篇 

 

●映画作品情報

Japan Film Festival LA 2015  最優秀作品賞/最優秀主演男優賞受賞作品
邦題: 「夢二~愛のとばしり」
監督・脚本:宮野ケイジ
メインテーマ曲: mayo「always love you」 作曲:mayo 編曲:mayo、森俊之、伊藤ハルトシ 
原作: 野村桔梗「⽵久夢⼆のすべて」(駒草出版)
絵画指導: ⼩野⽇佐⼦   題字: 久⽊⽥宏延
製作: 難波規精、関顕嗣、瀬沼勝彦、嶋⽥豪、井上弘治
映画 夢二~愛のとばしり ポスター企画: メディプロックス
プロデューサー: 関 顕嗣
ラインプロデューサー: ⼭地昇
助監督: 佐々⽊利男
撮影監督: 中澤正⾏
照明: 野村久数
録⾳: 伊藤裕規
美術: 中⾕暢宏
⾐装: 川崎健⼆
メイク: 天野良美
編集: 渋⾕陽⼀
スチール: ⼤崎正浩
⾳楽: 菅⼤祐
出演: 駿河太郎、⼩宮有紗、加藤 雅也、⿊⾕友⾹、⾼⾒こころ、⻑尾美希、⼭⼝賢⼈、⾥⾒要次郎、楊原京⼦、窪塚俊介、吉村実⼦
特別協⼒: 株式会社港屋 ⼤平直輝、⾦沢⽵久夢⼆美術館、株式会社セフティライフ、⼤阪エンタテインメントデザイン専⾨学校
着物協賛: 株式会社J企画
制作・配給: 株式会社ストームピクチャーズ
配給協⼒: 株式会社ベストブレーン
宣伝: 株式会社MUSA
2015 / ⽇本 / 108分 / 5.1ch / シネスコ / カラー / デジタル / 映倫区分: R15+
Ⓒ 2015 映画 「夢⼆〜愛のとばしり」 製作委員会

夢二~愛のとばしり

◆完成披露試写会 7月6日(水)開催!

≪緊急試写会プレゼント!≫

7月30日公開 映画『夢二~愛のとばしり』の完成披露試写会が、イオンシネマ板橋にて実施されることが決定し、豪華キャスト及び監督の登壇が決定いたしました。
完成披露の舞台を華やかに飾るのは、本作で主人公・夢二を演じ、映画初主演を飾った駿河太郎。夢二が最も愛した女・彦乃を演じた小宮有紗。彦乃の父を演じたベテラン、加藤雅也。そして、本作でメガホンをとった宮野ケイジ監督に加え、原作者の野村桔梗、更には、本作の主題歌を担当したmayo(岡本真夜)が華を添えての登壇となります。

【日時】2016年7月6日(水)  開場:13:00 開演:13:30 上映開始:14:00  (※上映時間108分)
【場所】イオンシネマ板橋(東京都板橋区徳丸2ー6ー1 イオン板橋ショッピングセンター5F)
【登壇者】駿河太郎、小宮有紗、加藤雅也、宮野ケイジ監督、原作者・野村桔梗、mayo(岡本真夜)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

☆試写会ご観覧をご希望の方は、下記お問い合わせフォームより、お問い合わせ内容にご観覧希望者のお名前と「夢二 試写会観覧希望」とご入力の上応募ください。
抽選で若干名(最大10組20名様)ご招待させて頂きます。(※R-15指定作品の為、15歳以上の方限定となります。)

≪試写会のご応募はこちら≫
※試写会の募集は締め切りました。ご応募頂きありがとうございました。

☆完成披露試写会舞台挨拶の模様はこちら

2016年7月30日(土)より、
シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー!

映画公式サイト

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画「PとJK」(Police & Jyoshi Kousei ) 土屋太鳳

2017-3-24

映画「PとJK」(Police & Jyoshi Kousei)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る