映画『ヒトラーと戦った22日間』(Собибор)

映画『ヒトラーと戦った22日間』メインカット

映画『ヒトラーと戦った22日間』タイトルロゴ

(原題: Собибор)

アウシュヴィッツ以外にもナチスの絶滅収容所があった!
歴史に隠されていた反乱を描く

第二次世界大戦下にナチスが建設した絶滅収容所としてアウシュヴィッツが知られているが、ナチスはほかにも5か所作っており、その1つがソビボル絶滅収容所である。9月8日(土)に公開される映画『ヒトラーと戦った22日間』はソビボル絶滅収容所で実際に起こった脱出劇を史実に沿って描いた。

主演はコンスタンチン・ハベンスキー。<世紀のアイコン>と言われるロシアの国民的俳優で、本作で監督デビューし、脚本も担当した。ナチスの司令官フレンツェルには『ハイランダー』シリーズ、『ゴーストライダー2』のクリストファー・ランバート。その存在感と冷酷なまなざしで収容者に恐れられる司令官を演じた。ほかにもミハリーナ・オリシャンスカやマリヤ・コジェフニコワ、ダイニュス・カズラウスカスなど、人気俳優陣が出演している。ソビボルで反乱が起こってから75年。2018年5月にロシアで公開されると大ヒットを記録した。

冒頭で大勢のユダヤ人が列車でソビボル絶滅収容所に連れてこられる。音楽隊による歓迎の演奏が流れ、そこに悲壮感はない。きちんとした身なりのユダヤ人も多く、やっとシャワーを浴びられると喜ぶ姿もあった。収容所で何が行われるかを知っているだけに、彼らの安堵に心が潰れそうになる。

映画『ヒトラーと戦った22日間』場面カット2

一堂に集められ、手に職を持つ者に仕事が割り振られていく。仕事を受けなかったものは感染症予防のためのシャワー室に連れて行かれた。しかし、その先に待っていたのは、やはり毒ガスによる大量虐殺だった。

ここから一気に雰囲気が変わる。ナチス将校たちが絶えず行う壮絶な虐待。仕事を得てガス室を逃れた者にも地獄のような日々が待っていたのだ。ナチスの支配による緊迫感が伝わってくる。やがて列車は想像を絶するほどの人数の死体を運んできた。あまりにも大量で、死体には見えなかったほどだ。収容者たちはその死体を片付けながら、自分たちの近い将来を悟る。そしてある夜、ナチス将校たちは宴を催す。そこで収容者を家畜同然に扱い、尊厳と誇りを踏みにじった。

映画『ヒトラーと戦った22日間』場面カット1

脱出劇のリーダーとなったのは、ソ連の軍人サーシャことアレクサンドル・ペチェルスキー。彼はドイツ軍の捕虜となり、ミンスク捕虜収容所に送られ、その後、ソビボル絶滅収容所に送られた。それからわずか22日間で脱出計画を練り、反乱を率いたのである。

映画『ヒトラーと戦った22日間』場面カット4

ラストは数百人が一気に柵の外に向かって走り出す。収容所生活で喜びの感情を忘れてしまったのか。次々にスクリーンに映し出される彼らの顔は能面のよう。それでも撃たれて動けなくなっているナチスの司令官フレンツェルの横を通り過ぎるとき、会釈をしていた。刷り込まれた習慣とは恐ろしい。

映画『ヒトラーと戦った22日間』場面カット3

ペチェルスキーは終戦まで最前線で戦い続けて、80歳で永眠。本作の製作にあたり、彼の娘や孫に助言を仰いだという。ほかの収容者についてはエンドロールで触れている。復讐に走った者もいるようだ。収容所生活はそのときだけでなく、その後の人生にも大きな影響を与えてしまった。二度と繰り返してはいけない。

[文: 堀木 三紀]

映画『ヒトラーと戦った22日間』予告篇

映画作品情報

映画『ヒトラーと戦った22日間』ポスタービジュアル

《ストーリー》

アウシュヴィッツと並ぶ絶滅収容所ソビボル。死が待つとは知らず、多くのユダヤ人が国籍や貧富の差関係なく列車で送り込まれ、ガス室で大量殺戮されていった。残った者には虐待と屈辱の日々が続く。そんな中、秘かに脱出を企てるグループがあった。しかし彼らには強力なリーダーがいない。そこに1943年9月、ソ連の軍人でサーシャことアレクサンドル・ペチェルスキーが収容者として移されてくると、彼と仲間は、緻密な計画のもと前代未聞の反乱を計画する。それは収容者“全員の脱出”だった。これまで歴史に隠されてきた“絶滅収容所で起こった最大の反乱”は、一体どのように成し遂げられたのか。

 
原題: ANT-MAN AND THE WASP
邦題: ヒトラーと戦った22日間
 
監督: コンスタンチン・ハベンスキー
 
キャスト: コンスタンチン・ハベンスキー、クリストファー・ランバート、ミハリーナ・オリシャンスカ
 
2018年 / ロシア、ドイツ、リトアニア、ポーランド / カラー / ロシア語、ドイツ語、イディッシュ語 他 / 118分 
字幕監修: 髙尾千津子
映倫: PG12
後援: ロシア文化フェスティバル組織委員会、駐日ロシア連邦大使館、ロシア連邦文化協力庁
配給: ファインフィルムズ 
© Cinema Production 
 
2018年9月8日(土)より
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他にてロードショー!
 
映画公式サイト

この記事の著者

堀木 三紀

堀木 三紀ライター

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧善懲悪モノでスカッと爽やかな気持ちになりたい人もいる。その人にあった作品を届けたい。日々、試写室に通い、ジャンルを問わず2~3本鑑賞している。(2015年は417本、2016年は429本、2017年は504本の映画作品を鑑賞)

主に映画監督を中心にインタビューを行っており、これまでにインタビューした監督は三池崇史、是枝裕和、阪本順治、岸善幸、篠原哲雄、大九明子、入江悠、本広克行、荻上直子、吉田照幸、ジョン・ウーなど30人を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

ページ上部へ戻る