映画 「スノーデン」 (SNOWDEN)

映画 「スノーデン」 (原題/英題: SNOWDEN)

映画 「スノーデン」 (原題: SNOWDEN) 

彼は人権の守護者であったのか、
それとも国家の危機を招く犯罪者であったのか、 
これは全世界の人に信を問う映画だ。 

ストーリー  

2013年6月。英国の大手新聞ガーディアンが衝撃のニュースをぶち上げた。この記事により米国政府が全世界のインターネットやSNSを監視するシステムを組織的に使用していたことが判明。Freedom(自由)を標榜するアメリカにとって、政府の信頼を根底から失墜させかねない世紀のスクープであった。このスクープをリーク・証言したのが身内であるNSA(米国国家安全保障局)の職員であったことが、さらにセンセーショナルに拍車をかける。職員の名はエドワード・ジョセフ・スノーデン。パソコンスキルが高いことを除いては、どこにでもいるごく普通の青年だ。そんな彼が、なぜ高給や安定を投げ出し、命の危険を冒すまでの決断をしたのか。スノーデンの心に宿った数々の葛藤が、今、名匠オリヴァー・ストーン監督の手によって明かされようとしていた。

© 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

みどころ 

まだ記憶に新しいスノーデン事件。アメリカ政府は彼を不法行為・国家への裏切りと非難し、FBIは情報漏洩罪などの罪状で指名手配を行った。スノーデンは現在ロシアに亡命(当初はそこからさらに第三国へ亡命しようとしたが実現できていない)しており、公式な見解において反逆人というポジションは今も変わらない。

映画 「スノーデン」 (原題/英題: SNOWDEN)

© 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカにとっては“アンタッチャブル”な存在だ。そうした人間を映画の題材としてとりあげるのは、かなりのリスクであったろう。そのリスクをあえておったのが、前述したオリヴァー・ストーンだ。オリヴァーは『プラトーン』(1987年)や『7月4日に生まれて』(1989年)でベトナム戦争を、『JFK』(1991年)でケネディ元大統領の暗殺をとり上げるなど、アメリカの歴史に残る重大事件をいくつも扱ってきた。一青年が起点となった本件も、歴史的な大事件と判断したのだろう。リスクを伴うのを承知でメガホンをとったのは、ハリウッドきっての社会派監督ならではの果断と勇気といえる。

映画 「スノーデン」 (原題/英題: SNOWDEN)

© 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

そんないわく付の映画だから、さすがに大物のキャスティングは難しい・・と思いきや、今やあちこちの映画から出演オファーが殺到しているジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演に起用された。ただし、そこに描かれたのは、これまでゴードンが演じてきたようなヒーローとは少し異なる。劇中本編で描かれるゴードン版スノーデンを見ていると、このか細い青年は、単純な正義漢、あるいは人権家だったわけではないように思える。曲げられることのない強い信念、燃えるような芯の強さがあるわけではない。普通の感情や倫理観をもった市井の一員が、ごく自然に考え、なすがままの行動をとった結果、それが国家の横暴と機密の暴露につながったのだろう。

映画 「スノーデン」 (原題/英題: SNOWDEN)

© 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

良くハリウッド映画ではFBIやCIAが最新のテクノロジーを用いて、特定の個人を24時間人工衛星から監視したり、携帯電話を盗聴したりするようなシーンがお約束のようにある。スノーデンの暴露は、そうした空想の世界顔負け、まさに映画の夢物語を地で行くようなお話だ。当時の合衆国政府は「個人の基本的人権よりも国家の安全保障が優先される」と考えたわけだが、果たしてそれは正しい考え方だったのだろうか?法治国家としてあるべき姿だったのだろうか?つい先日トランプ大統領が誕生し、久しぶりに民主党から共和党へ大統領の座が移った。新しい政権がどのように臨んでいくか、この映画を観ておさらいをし、逆に私たちが彼らのこれからの舵取りを監視するのも面白いかもしれない。

[文: 藤田 哲朗]
 

映画 「スノーデン」 予告篇

© 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画作品情報

映画 「スノーデン」 (原題/英題: SNOWDEN)

邦題: スノーデン
原題/英題: SNOWDEN
監督: オリバー・ストーン
脚本: キーラン・フィッツジェラルド&オリバー・ストーン
原作:「Time of the Octopus」 著:アナトリー・クチェレナ
原作:「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」 著:ルーク・ハーディング(日経BP社)
製作: モーリッツ・ボーマン/フェルナンド・サリシン/フィリップ・シュルツ=ダイル/エリック・コペロフ
撮影: アンソニー・ドッド・マントル
美術: マーク・ティルデスリー
編集: アレックス・マルケス/リー・パーシー
衣装: ビナ・ダイヘレル
音楽: クレイグ・アームストロング
出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シャイリーン・ウッドリー、メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソン、スコット・イーストウッド、リス・エヴァンス、ニコラス・ケイジ
2016年 / アメリカ=ドイツ=フランス / 135分 / カラー / シネマスコープ / PG-12
配給: ショウゲート

© 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年1月27日(金)より
TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!

映画公式サイト
公式Facebook: https://www.facebook.com/snowdenmovie.jp/
公式Twitter: @snowden_JP

この記事の著者

藤田 哲朗

藤田 哲朗映画ライター・愛好家

大手出版取次会社で20代後半より一貫してDVDのバイヤー/セールスの仕事に従事する。
担当したクライアントは、各映画会社や映像メーカーの他、大手のレンタルビデオチェーン、eコマース、コンビニチェーンなど多岐にわたり、あらゆるDVDの販売チャネルにかかわって数多くの映画作品を視聴。
プライベートでも週末は必ず都内のどこかの映画館で過ごすなど、公私とも映画づけの日々を送っている。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る