映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(MISSION: IMPOSSIBLE – FALLOUT)

【画像】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』メインカット

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

(原題: MISSION: IMPOSSIBLE – FALLOUT)

全世界が沸騰する人気シリーズ・待望の最新作がついに公開!
今度のミッションは一切が予測不能!
観客の斜め上を行く最速最高の追撃戦を見逃すな!

灼熱と呼んでも良い酷暑が続く2018年の夏―ついにあの男が帰ってきた。イーサン・ハントの超絶アクションの予告編映像がスクリーンに、テレビに、インターネットに怒涛のようにラッシュする!否が応でもファンのテンションは高まり、頂点に達したところで封は切られる。鍛え抜かれたイーサン役のトム・クルーズが、一切の妥協なしに挑んだ150分の活劇は、これ以上ないくらい刺激的でエキサイテイングだ。

【画像】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』場面カット

『ミッション:インポッシブル』は、20年以上続く大ヒットシリーズだが、常に新鮮にして斬新。その大きな理由の一つに毎回監督をかえ、キャスティング(特にチームのメンバー)も少しづつ入れ替えている点が挙げられる。だが、今作・フォールアウトでは、あえてその禁を破った。監督は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015年)のクリストファー・マッカリー監督が引き続きメガホンをとり、チームのメンバーも継続してベンジー(サイモン・ペッグ)とルーサー(ヴィング・レイムス)がつとめた。(ただ、ブラント役のジェレミー・レナーが抜けたので、もしかして史上最少人数のミッション・チーム!?)

【画像】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』場面カット

あえて「持続する」という大胆な選択をとったわけだが、これが大あたり。特に前作で登場したイギリス諜報員役のイルサ(レベッカ・ファーガソン)は、今作でも最高にスパイシーだ。味方と呼べず、敵とも呼べない―そんな絶妙な立ち位置を巧みに演じており、それが予測不能の展開に拍車をかけている。

アクション大作としての魅力が全面に押し出されている本作だが、もう一つ裏面の見どころが隠されている。第三作目の登場からその存在が常にクローズ・アップされてきたイーサンの妻ジュリア(ミシェル・モナハン)。イーサンが生涯に渡って愛すると決めた女性だが、第四作目のゴーストプロトコルであったように、彼女を危険から守るために、死亡を偽装し世間からその存在自体を消してしまう。

【画像】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』場面カット

普通の夫婦のように暮らせず、ジュリアの自由を奪ってしまったことは、イーサンにとって苦渋の選択であり、絶えず苦悩を持ち続けることとなった。その苦悩から解き放たれる時が来るとしたら…それはどのような結末なのか。今後のシリーズ作品でまた違う展開があるのかもしれないが、今作では一旦その結末が描かれ、二人の葛藤にピリオドが打たれたように思える。迫力あるアクションシーンを十分に堪能し、スカッとした爽快な気分で劇場を後にする中で、“切なさ”という一抹のペーソスが心に残る一本だ。

[文: 藤田 哲朗]

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告篇

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』特別映像”All Stunts”

映画作品情報

【画像】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ポスタービジュアル

《ストーリー》

盗まれたプルトニウムを奪還するミッションを遂行中の“イーサン・ハント”は回収に成功するが、捕まった仲間の命と引き替えに、敵にプルトニウムを渡してしまう事件が起きた。

イーサンとIMFチームは、標的となった<3つの都市>の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。

だがCIAは敏腕エージェントのウォーカーの同行を条件とした。猶予は72時間。
手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前のみ。

情報を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”との信頼関係は失われてしまう。

イーサンを疑い始めたウォーカーが睨みを効かせる中でのミッション遂行は動きを制限され困難を強いられたが、その確執は高まり、ついにイーサンはウォーカーとの対峙を迫られる。

やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの<フォールアウト(影響)>がイーサン・ハントに降りかかる。

 
原題: MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT
邦題: ミッション:インポッシブル/フォールアウト

監督・製作・脚本: クリストファー・マッカリー
製作: J.J.エイブラムス、トム・クルーズ
出演: トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
 
日本公開: 2018年8月3日(金) / 全米公開:2018年7月27日(金) 予定
配給: 東和ピクチャーズ
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
 
2018年8月3日(金) 日本公開 2D/3D/IMAX/4D 
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @mimovie_jp
公式Facebook:@missionimpossibleJPN

この記事の著者

藤田 哲朗

藤田 哲朗映画ライター・愛好家

大手出版取次会社で20代後半より一貫してDVDのバイヤー/セールスの仕事に従事する。
担当したクライアントは、各映画会社や映像メーカーの他、大手のレンタルビデオチェーン、eコマース、コンビニチェーンなど多岐にわたり、あらゆるDVDの販売チャネルにかかわって数多くの映画作品を視聴。
プライベートでも週末は必ず都内のどこかの映画館で過ごすなど、公私とも映画づけの日々を送っている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画 ブルックリン Brooklyn

2016-7-7

映画 「ブルックリン」 (Brooklyn)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る