映画「ラ・ラ・ランド」 (LA LA LAND)

映画 『ラ・ラ・ランド』 (LA LA LAND)

映画 『ラ・ラ・ランド』 (LA LA LAND)

全米が喝采したミュージカル映画の最高峰
恋と夢・・そして古き良き時代へのオマージュが躍りに踊る!

ストーリー  

いつの日か晴れの舞台で輝けることを夢見ている女優志望のミア(エマ・ストーン)。カフェでアルバイトをし友人とルームシェアしながら日々オーディションを受けているが、なかなか陽の目を見ることができない。一方、いつの日か自分が望むジャズをプレイ(演奏)できるお店を持ちたいと願っているセブ(ライアン・ゴズリング)もなかなか思うように夢を実現することができない。そんな二人がふとしたことから出会い、やがて恋に落ちる。互いに似た境遇で、それぞれの夢を語り合うミアとセブ。季節が進むにつれて二人の仲は深まるばかりだったが・・・

映画 『ラ・ラ・ランド』 (LA LA LAND)

 

みどころ 

今年の映画賞レース。ゴールデングローブ賞からアカデミー賞まで駆け抜けた「ラ・ラ・ランド」の狂騒と熱量は、まだ記憶に新しい(そして前代未聞のアカデミー作品賞の誤発表も)。ハリウッドの映画関係者各位、有名新聞紙を始めとする数々のマスコミ、そして全アメリカの国民が称賛を浴びせた映画。恋愛と夢をふんだんに盛り込んだ王道のシナリオ。ポップでキャッチーな音楽。そしてノスタルジー色あふれるセットの数々。本作はまさに「THE アメリカ」を具現化した映画だ。残念ながら大本命に推されたアカデミー賞で、本丸とも言うべき作品賞は逃したが、だからと言ってこの映画の評価が微塵も下がることはない。『シカゴ』(2002年)や『レ・ミゼラブル』(2012年)といった数々の名作を引き継ぐミュージカル映画の金字塔。その歴史にしっかりと名を残すことだろう。

映画 『ラ・ラ・ランド』 (LA LA LAND)

ヒロイン・ミアに起用されたのは、エマ・ストーン。『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)や『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014年)など女優としてのキャリアを着実に重ね、まだ若いのに早くも風格すら漂う存在感バツグンの女優だ。ヒーロー・セブ(正確にはセバスチャン)には、その甘いマスクで日本にもファンが多いライアン・ゴズリング。二人のロマンスが大半をしめる物語は、まさに二人の独壇場。同じ監督の作品「セッション」で強烈な個性を放っていたJ・K・シモンズなども出演しているが、今作に限って言うと、どんな名優でもエマとライアンの後塵を拝す他にない。奇しくもこの二人が恋人役で共演するのはこれで三度目。息もピッタリ合おうというものだ。

映画 『ラ・ラ・ランド』 (LA LA LAND)

ファッションや街並みなど、カラフルで煌めくようなビジュアルも本作のみどころの一つだが、同時にそれらを効果的に観客の体内へ沁みこませる監督デミアン・チャゼルのカメラワークや演出も実に見事。メガホンをとるのは、前述した『セッション』に続きまだ二度目だが、アカデミー監督賞の戴冠に相応しい堂々たる仕事ぶり。卓越したセンスあふれる才能で、今後もますます活躍が期待される監督だろう。

ワーナー・ブラザース スタジオ

あきらめずに夢を追い続けた二人の恋の物語。最後の結末も含めて、観る人が十人いれば十通りの感傷が残るかもしれない。が、まるで夏の打ち上げ花火のような刹那の輝きを感じる映画というのは、満場一致の思いではないだろか。

[文: 藤田 哲朗]
 

映画 「ラ・ラ・ランド」 予告篇

© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
 

映画作品情報

映画 『ラ・ラ・ランド』 (LA LA LAND)

第41回 トロント国際映画祭(tiff) 観客賞受賞
第73回 ヴェネチア国際映画祭 ボルピ杯[最優秀女優賞] (エマ・ストーン) 受賞
 
第74回 ゴールデン・グローブ賞 映画部門 歴代最多7部門受賞!
ミュージカル / コメディ部門 作品賞、主演女優賞、主演男優賞
監督賞、作曲賞、主題歌賞、脚本賞
 
第89回 アカデミー賞® (89TH OSCARS®) 最多6部門受賞!
監督賞、主演女優賞(エマ・ストーン)、撮影賞、美術賞、作曲賞、主題歌賞(City of Stars)
 
邦題: ラ・ラ・ランド
原題: LA LA LAND
監督/脚本: デイミアン・チャゼル
 
出演: ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、J・K・シモンズ
提供: ポニーキャニオン / ギャガ
配給: ギャガ / ポニーキャニオン
原題: 2016年 / アメリカ / 128分 / カラー / シネスコ / 5.1ch デジタル / 字幕翻訳:石田泰子
劇場公開日: 2017年2月24日
© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
 

映画公式サイト
公式Facebook: https://www.facebook.com/lalaland0224
公式Twitter: @lalaland0224

この記事の著者

藤田 哲朗

藤田 哲朗映画ライター・愛好家

大手出版取次会社で20代後半より一貫してDVDのバイヤー/セールスの仕事に従事する。
担当したクライアントは、各映画会社や映像メーカーの他、大手のレンタルビデオチェーン、eコマース、コンビニチェーンなど多岐にわたり、あらゆるDVDの販売チャネルにかかわって数多くの映画作品を視聴。
プライベートでも週末は必ず都内のどこかの映画館で過ごすなど、公私とも映画づけの日々を送っている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画「トモシビ 銚子電鉄6.4 kmの軌跡」

2017-4-30

映画「トモシビ 銚子電鉄6.4 kmの軌跡」

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る