映画『アントマン&ワスプ』(ANT-MAN AND THE WASP)

【画像】映画『アントマン&ワスプ』メイン画像

映画『アントマン&ワスプ』

(原題: ANT-MAN AND THE WASP)

サイズ変化をファンタジックに魅せる!

2015年に公開された『アントマン』の続編『アントマン&ワスプ』が公開された。主人公のスコットは特殊なスーツを着ることで身長わずか1.5cmに変身し、超人的なパワーを発揮する。本作ではスーツを作った博士の娘ホープもスーツを着用してワスプに変身。アントマンとバディを組み、極秘テクノロジーが詰まった研究所を守るために戦う。

スコット=アントマンを演じるのはポール・ラッド。前作に続いて脚本にも参加する。ホープ=ワスプ役にはエヴァンジェリン・リリー。キレのいいアクションを披露した。その父親で、スーツを創り出した科学者ピム博士役を演じるのは、ハリウッドを代表する俳優マイケル・ダグラス。監督は、前作『アントマン』を世界的大ヒットに導いたペイトン・リード。奇想天外なアクションとユーモアたっぷりの作品に仕上げた。

【画像】映画『アントマン&ワスプ』サブ画像

サイズを変化させることで生まれる視覚的なおもしろさ

アントマンとワスプが身長1.5cmになり、ワスプがブラスターでモノのサイズを変える。日常的な環境も、小さくなった彼らの視点で見るとまったく違うものに見える。サイズが変わることでスピード感も増す。また、いきなり小さくなったり、元の大きさに戻ったりすることで敵を翻弄して戦うのだが、見る者の視点にギャップを生じさせ、驚かせる。さらには極秘テクノロジーが詰まった研究所を建物ごと小さくし、キャリーケースのように転がして持ち運ぶ。ファンタジックにも思える変化は見ていて楽しい。

【画像】映画『アントマン&ワスプ』サブ画像

ユーモアセンスあふれる脚本と出演者の演技

スコットは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)でソコヴィア協定(アベンジャーズの活動は国連の許可が必要という協定)に違反するとされ、現在はFBIの監視下で自宅軟禁中。足首に追跡装置を付けられているが、アントマンとしてこっそり活動するため、大きくしたアリに追跡装置をつけた。そのアリがスコットの代わりに生活する姿が笑ってしまう。スコットの友人ルイスの登場場面は、基本的に笑いを取ってくる。敵に自白剤を注射されたときは、自白というより漫談のよう。そして、スコットにホープの母、ジャネットが乗り移ったときのポール・ラッドのなりきりぶりは半端ない。

【画像】映画『アントマン&ワスプ』サブ画像

父娘の強い信頼関係

本作では2組の父と娘が登場する。スコットとその娘キャリー、ピム博士とホープだ。自宅軟禁中のスコットは家の中でしかキャリーと会えない。それでもキャリーを喜ばせようと、家全体を文化祭の企画でありそうなピタゴラスイッチ的遊園地と化す。ここまでしてくれる父親はいないだろう。こんなにも娘を思うスコットが、父親としてあるべき態度とヒーローとして取るべき行動の間で悩む姿は、家庭と仕事で板挟みとなっている世の中の親の共感を得るだろう。そしてキャリーは幼いながらもダメダメな父の今後を心配し、ホープとの仲を取り持とうとする。一方、ピム博士とホープは量子世界で行方不明になった母ジャネットを助け出そうと身の危険を承知で奮闘する。父娘の強い信頼関係が伝わってくる。

【画像】映画『アントマン&ワスプ』サブ画像

本作は4月に公開された『アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー』と時系列的にほぼ重なり、ラストで時間が一致する。『アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー』はヒーローが集合して全宇宙規模の戦いを描き、続く『アベンジャーズ4』もハードな展開が予想される。ひとまず本作で肩の力を抜き、緊張感を解しておくのがいいかもしれない。

[文: 堀木 三紀]

映画『アントマン&ワスプ』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『アントマン&ワスプ』ポスタービジュアル

《ストーリー》

小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5センチの最小にして最強ヒーロー・コンビによる痛快バディ・アクション・ムービー。頼りなさすぎるヒーロー<アントマン>と、完璧すぎるヒロイン<ワスプ>──ふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!? さらに、金目当ての武器ディーラーの襲撃や、アントマンを監視するFBIの追跡も巻き込み、人や車、ビルなど全てのサイズが変幻自在に変わる“何でもアリ”の大騒動に! ユニークなパワーと微妙なチームワークで、アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を守り切れるのか?

 
原題: ANT-MAN AND THE WASP
邦題: アントマン&ワスプ
監督: ペイトン・リード
 
キャスト: ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャ、ハンナ・ジョン・カメン、ローレンス・フィッシュバーン
 
2018年 / アメリカ映画 / カラー / シネスコサイズ /ドルビーサランド5.1&7.1 / 上映時間:1時間58分 / 字幕翻訳:林完治
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン 
© Marvel Studios 2018 All rights reserved.
 
2018年8月31日(金) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト

この記事の著者

堀木 三紀

堀木 三紀ライター

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧善懲悪モノでスカッと爽やかな気持ちになりたい人もいる。その人にあった作品を届けたい。日々、試写室に通い、ジャンルを問わず2~3本鑑賞している。(2015年は417本、2016年は429本、2017年は504本の映画作品を鑑賞)

主に映画監督を中心にインタビューを行っており、これまでにインタビューした監督は三池崇史、是枝裕和、阪本順治、岸善幸、篠原哲雄、大九明子、入江悠、本広克行、荻上直子、吉田照幸、ジョン・ウーなど30人を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

ページ上部へ戻る