映画『500ページの夢の束』(PLEASE STAND BY)

【画像】映画『500ページの夢の束』(原題・英題: PLEASE STAND BY) メインカット

映画『500ページの夢の束』(原題・英題: PLEASE STAND BY)

(原題:PLEASE STAND BY)

失敗も経験のうち、成長はその先にある!

映画『500ページの夢の束』が公開された。自閉症の主人公ウェンディは大好きな『スター・トレック』の脚本コンテストに向けて500ページの脚本を書き上げ、数百キロ離れたハリウッドまで届けに行く。そこに至るまでのさまざまな困難を描いた作品である。

ウェンディに扮するのは、『I am Sam アイ・アム・サム』や『宇宙戦争』で天才子役の代名詞となったダコタ・ファニング。他人とのコミュニケーションがうまく取れないウェンディを愛すべきキャラクターに作り上げた。ウェンディを支えるソーシャルワーカーのスコッティに『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、ウェンディを大切に思いながらも訳あって離れて暮らしている姉・オードリーに『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴ。監督は『セッションズ』のベン・リューインが務めた。

【画像】映画『500ページの夢の束』(原題・英題: PLEASE STAND BY) 場面カット3

ウェンディは家族と離れて施設で暮らす。理解あるソーシャルワーカーに支えられ、規則正しく落ち着いた毎日を送っていた。曜日によって決まった色のセーターを着て、バイト先には決められた道をきちんと確認しながら歩いて行く。具体的な説明はないが、ウェンディの生活から彼女が自閉症であることがわかる。

『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けない。『スター・トレック』ファンがお金をかけて挑戦してきたトリビア知識対決も楽々クリア。ここで出てくる問題はかなりマニアックなレベルらしい。制作者の『スター・トレック』愛が伝わってくる。 そんなウェンディの目下の関心事は『スター・トレック』の脚本コンテスト。500ページもの渾身作を書き上げたが、トラブルが起きて、郵送では締切に間に合わなくなってしまう。そこで、自分で脚本を届けようと、ハリウッドまで数百キロの旅に出た。

【画像】映画『500ページの夢の束』(原題・英題: PLEASE STAND BY) 場面カット4

ここから先はトラブルの連続。バスのチケット1枚を買うのにも苦労し、やっとバスに乗ったかと思えば、愛犬を同行していることがバレて、バスから降ろされる。しかし、途中下車したことで、ウェンディの状況がソーシャルワーカーのスコッティたちに伝わる。禍福は糾える縄の如し。いや、トラブルの方が多いので、禍禍福は糾える三つ編みの如しといった感じか。

【画像】映画『500ページの夢の束』(原題・英題: PLEASE STAND BY) 場面カット1

それでもウェンディは締め切りに間に合わせようと勇敢に突き進む。不安な気持ちになると、作品の原題でもある「PLEASE STAND BY」という言葉をつぶやいて、自分を落ち着かせていた。これは「そのまま待機」という意味だが、『スター・トレック』でも使われていた。状況がわからないとき、カーク船長が乗組員へ出した指示である。人は不安になるとついつい焦って行動しがち。そんなとき、この「そのまま待機」と言って立ち止まってみるのもいいかもしれない。

ウェンディはたくさんの寄り道をしながらも、何とかハリウッドにたどり着く。これで安心と思って見ていると、最後の最後に危機に直面。しかし、ここに至るまでにさまざまな経験を積んだウェンディが見事な機転を利かす。

【画像】映画『500ページの夢の束』(原題・英題: PLEASE STAND BY) 場面カット2

ウェンディはか弱き存在として、危険から守られ続けてきた。しかしそれではいつまで経っても成長しない。失敗することで人は学び、次のステージへと進んでいくのだ。

天才子役と言われたダコタ・ファニングも24歳。ウェンディが大きな一歩を歩み出したように、ダコタ・ファニングも大人の女優としてますますの活躍が期待される。今後がとても楽しみだ。

ところで、本作では『スター・トレック』だけでなく、ダコタ・ファニングが出演した『宇宙戦争』へのオマージュもある。腕を抱くように丸くして「この中は自分だけの場所。ここは安全。何も怖いことは起きない」と言うのは、『宇宙戦争』でダコタ・ファニング演じるレイチェルを落ち着かせるために兄が言ったおまじない。これも「PLEASE STAND BY」同様、使えそうだ。

[文: 堀木 三紀]

映画『500ページの夢の束』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『500ページの夢の束』(原題・英題: PLEASE STAND BY) ポスタービジュアル

《ストーリー》

『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディの趣味は、自分なりの『スター・トレック』の脚本 を 書くこと。自閉症を抱える彼女は、ワケあって唯一の肉親である姉と離れて暮らしている。ある日、『スター・トレック』脚本コン テストが開催されることを知った彼女は、渾身の作を書き上げるが、もう郵送では締切に間に合わないと気付き、愛犬ピートと一緒にハリウッドまで 数百キロの旅に出ることを決意する。500ページの脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて──

 
原題・英題: PLEASE STAND BY
 
監督: ベン・リューイン
製作: ダニエル・ダビッキ、ララ・アラメディン
 
出演: ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イヴ
 
2017年 / アメリカ / 英語 / 93分 / カラー / シネマスコープサイズ / 5.1ch / 日本語字幕:桜井裕子
配給: キノフィルムズ
© 2016 PSB Film LLC
 
2018年9月7日(金)
新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @500page_yume

この記事の著者

堀木 三紀

堀木 三紀ライター

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧善懲悪モノでスカッと爽やかな気持ちになりたい人もいる。その人にあった作品を届けたい。日々、試写室に通い、ジャンルを問わず2~3本鑑賞している。(2015年は417本、2016年は429本、2017年は504本の映画作品を鑑賞)

主に映画監督を中心にインタビューを行っており、これまでにインタビューした監督は三池崇史、是枝裕和、阪本順治、岸善幸、篠原哲雄、大九明子、入江悠、本広克行、荻上直子、吉田照幸、ジョン・ウーなど30人を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

ページ上部へ戻る