映画「トモダチゲーム 劇場版」主演 吉沢亮インタビュー

映画『トモダチゲーム 劇場版 』吉沢 亮 (よしざわ りょう)

映画『トモダチゲーム 劇場版』
主演・片切友一役 吉沢亮に単独インタビュー!

嘘がつくの下手!? “友一” と “吉沢亮” の違いとは。

2014年から「別冊少年マガジン」にて原作:山口ミコトと作画:佐藤友生のタッグにより連載がスタートした漫画「トモダチゲーム」。

主人公の高校生・片切友一と4人の友達が高額の借金返済ゲームに巻き込まれ、疑心暗鬼の心理戦と頭脳プレーを駆使して挑戦していくスリルにあふれた世界は、SNS世代の若者たちの心を鷲頭掴みにして、TVドラマと劇場版2作品で実写化!待望の劇場版第1弾の公開を迎え、劇場版第2弾『トモダチゲーム 劇場版 FINAL』の公開日も発表された本作で主人公の片切友一を演じた主演の吉沢亮さんにお話を伺った。

映画『トモダチゲーム 劇場版 』片切友一 (吉沢 亮)

―― 「トモダチゲーム」の原作は元々知っていましたか?

元々知らなくてこのお話をいただいて読みました。人間の心理描写みたいなのを忠実に描いてるというか少年マンガの中でもテーマがすごくリアルだし誰にでも伝わりやすいテーマだなと思って普通にすごく面白かったです。

―― 今回主演ですが、選ばれた時はどんな気持ちでしたか?

やっぱり嬉しいです。そんなに主演でやらせてもらえる機会が無いので自分が主演というプレッシャーもありましたけど、素直に嬉しかったです。

映画『トモダチゲーム 劇場版 』

―― 今までいろんな役を演じてきたと思いますが、本作で友一を演じる上でこだわったことはありましたか?

僕が演じた友一はあんまり「こういう人!!」 っていうのがなくその場その場に適した顔ができたり表情も変わる人物だったので、そういう所を意識してやりました。

―― 細かい表情がすごく多いと感じましたが、難しくなかったですか?

難しかったです。 自分のセリフを言っている時よりも他人のセリフを言ってる時の方が表情を意識しました。空間を理解するというかその場で起きていることをちゃんと理解したり、ハプニングとかも彼の想定内だったりするので難しかったですけど楽しくできました!!

映画『トモダチゲーム 劇場版 』片切友一 (吉沢 亮)

―― 漫画原作の実写化ということでビジュアル的にこだわった所はありましたか?

割と寄せました。髪の毛もあえて伸ばしたりとか…。

―― あれは、地毛なんですか!?

地毛です(笑)最近、少年漫画原作の作品をやらせていただくことが多く見た目から特徴的だったりしてそこが少女漫画とは違うので再現したいなと思いました。

映画『トモダチゲーム 劇場版 』片切友一 (吉沢 亮)

―― 演じた主人公の友一と吉沢さんで似ている所はありましたか?

感情的になって突っ走っちゃうとかはあまりないです。物事を考えて整理してから発言するのでそのへんは似ているかもしれないです。

―― もし、吉沢さんが実際にトモダチゲームに参加していたらどうしますか?

何も出来ないと思います(笑)「こうだっ!」と思ったらその自分の考えから抜け出せないと思うのでトモダチゲームしたらすごい弱いと思います。

映画『トモダチゲーム 劇場版 』

―― 友達のこと、裏切ったりできないですよね。

裏切ることもそうだけど、自分がこの人怪しいと思ったらそこから抜けることが出来なくてその人しか見れなくなっちゃうので。起きてることを別の角度から見ることが苦手なのできっと弱いと思います。

―― “友達”ってなんだと思いますか。簡単そうに見えて結構難しいって思うんですけど…。

友達、難しいですよね。
僕は割と地元の友達と遊ぶ事が多いので安心感みたいなものだと思うんですけど…。やっぱりこの仕事をしてると仕事の人ばっかりになってしまうので小学校からの友達は何をしてもいいって訳ではないですけど気を使ったりする中でも開放できるし、自分のことを分かってくれている存在なので安心感は大きいです。

映画『トモダチゲーム 劇場版 』

―― 今まで生きてきた中で人間の汚い部分見ちゃったなみたいな瞬間ってありましたか?

汚い部分ってなんだろう。でも嘘つく人とかには思いますね。嘘も、自分を守るためのものでそんなの絶対にバレるのに って。僕は表情に出ちゃって下手なので嘘つかないようにしてるんですけど、やっぱり嘘つく人は苦手ですね。

―― 現場の雰囲気について聞きたいんですけど、キャストの皆さんとは仲良かったんですか?

スケジュール的にかなりタイトだったので現場以外で遊ぶってことは無かったんですけどでも、仲良かったんです。芝居に熱い人ばっかりで現場は真面目にやってたんですけど待ち時間ではくだらない話をしたりとかで緊張と緩和のバランスがとれていてすごく楽しかったです。

映画『トモダチゲーム 劇場版 』

―― 現場で印象に残ったこととかありますか。

山田裕貴くんとホテルで本読みをずっとしてて大変なシーンがいっぱいあってセリフが入らなかった時とか手伝ってもらったりしてました。一番、現場でも現場以外でも話した気がしますね。

―― 最後に、映画の見てほしい注目ポイント教えてください!!

原作がかなり面白くて、かなり忠実に再現しているので究極の心理戦というか誰がどんなことを考えながらゲームに参加しているのかを想像しながら見てもらいつつ、想像を上回る展開にはなっていると思うので一緒に楽しみながらゲームに参加してる感覚で見てもらえたらなと思います。

映画『トモダチゲーム 劇場版 』吉沢 亮 (よしざわ りょう)
[スチール撮影: Cinema Art Online UK / インタビュー: 瑞慶山 日向]
© 山口ミコト・佐藤友生/講談社  © 2017「トモダチゲーム」製作委員会

 

★CAO読者の皆さんへ

 

プロフィール

吉沢 亮 プロフィール写真

吉沢 亮 (Ryo Yoshizawa)

1994年生まれ。2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で受賞しデビュー。仮面ライダーフォーゼの朔田流星/仮面ライダーメテオ役で注目を浴び、テレビドラマ・映画と活躍の場を拡げて行く。2014年公開の映画『アオハライド』、2016年には映画『オオカミ少女と黒王子』、映画『さらば あぶない刑事』など話題作に出演。今後益々の活躍が期待される。2017年には福田雄一監督作品の『銀魂』(沖田総悟役)、『斉木楠雄のΨ難』(海藤瞬役)の公開を控えている。

映画作品情報

実写ドラマ&映画「トモダチゲーム」

主演: 吉沢 亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本 凪、上野優華、天月-あまつき-/久保田悠来 ほか
監督: 永江二朗
脚本: 永江二朗、佐上佳嗣
原作: 山口ミコト・佐藤友生「トモダチゲーム」(講談社「別冊マガジン」連載)
音楽: 諸橋邦行
主題歌: 天月-あまつき-「Mr.Fake」
エンディングテーマ: 上野優華「友達ごっこ」
配給/宣伝/制作: キャンター 宣伝協力: ツインピークス
協賛: カルチュア・エンターティメント
製作:「トモダチゲーム」製作委員会(キングレコード、キャンター、テレビ神奈川、北海道テレビ、テレビ埼玉、千葉テレビ放送、メ~テレ、KBS京都、サンテレビ、九州朝日放送、GYAO)

© 山口ミコト・佐藤友生/講談社  © 2017「トモダチゲーム」製作委員会

劇場版第1弾
シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中!

劇場版第2弾『トモダチゲーム 劇場版FINAL』
9月2日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー!
 

映画公式サイト
公式Twitter: @tomodachi_game

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る