映画『STAR SAND -星砂物語-』主演・織田梨沙インタビュー

【写真】織田梨沙 (Risa Oda)

映画『STAR SAND -星砂物語-』

主演・織田梨沙インタビュー

戦争は一言で言えば「悪」それしかないですね。

第二次世界大戦終盤の1945年の沖縄の小さな島を舞台に繰り広げられる非暴力と愛のストーリー「星砂物語」が、原作者でもあるロジャー・パルバース氏の手により日豪合作映画として映画化された。

1967年から日本に滞在し、約半世紀にわたって日本文化に親しみ、文化人との交流を重ねてきた作家であり、脚本家であり、演出家であるロジャー・パルバース氏が72歳で初監督を務めた映画『STAR SAND -星砂物語-』は、2017年に第9回沖縄国際映画祭と第21回キャンベラ国際映画祭での招待上映、全国各地での劇場公開を経て、DVDセル・レンタルが同時リリースされ、iTunes、Google play、Amazon Prime Video、U-NEXT、Video Market、DMM. COM、ひかりTV、J:COMオンデマンド、dTVでも配信中。

【画像】映画『STAR SAND –星砂物語-』場面カット (織田梨沙、満島真之介)

シネマアートオンラインでは、この映画を現代に生きる一人でも多くの皆様へ是非届けたいと思い、主要キャストを演じた織田梨沙と吉岡里帆、そしてロジャー・パルバース監督の3名にそれぞれインタビューを行った。

映画『STAR SAND -星砂物語-』特集インタビューの第2弾として、アメリカに住んでいた過去を持、終戦直前の沖縄の小島に流れ着いた主人公・梅野洋海うめのひろみ役を流暢な英語を交えながら、力強く凛としたイメージで演じきった織田梨沙さんのインタビューをお届けする。

【写真】映画『STAR SAND -星砂物語-』主演・織田梨沙インタビュー

―― 本作で主演を務めるにあたって、最初に感じた率直な感想をお聞かせください。

台本を渡される際に「戦争中の物語」とお聞きしていたのですが、そんなに戦争の感じがせず、面白いかもと思いながら読み進めました。これまで戦争映画は少しは観たことがありますが、人が殺し合うというものは好きじゃないですし、演じることができるのか不安もありましたが、戦いを描いた映画ではないので、新たな挑戦ということへのワクワク感がありました。

【画像】映画『STAR SAND –星砂物語-』場面カット (織田梨沙)

―― 英語のセリフも多かったですが、とても流暢でしたね。英語力も含めて、本作では主人公・洋海を鮮烈なまでに瑞々しく、力強く、凛とした役柄を演じられていましたが、どのように役作りをしたのでしょうか?パルバース監督とはどのようなやり取りを重ねながら進めていきましたか?

ありがとうございます。英語の発音はとても苦戦しました。監督からはRとLの発音が違うと言われたりしました。洋海は芯がとてもある女の子なのですが私自身もそこは似ているなーと思う反面、洋海が持つ自信というか、ずっしりしたもの、落ち着きを私は持っていなくて(笑)。

洋海はとても落ち着いていましたから、そこは演じる上で心がけました。パルバース監督は自分がこうでありたいというものは先におっしゃっていただいた上で、私に「どう思う?」と訊くのが口癖で。私がこう思うと答えると、「そうか!じゃあそれでやってみよう!」っていう時もあれば、あっさり却下されたりもしました(笑)。

【画像】映画『STAR SAND –星砂物語-』場面カット (織田梨沙、三浦貴大)

―― 共演者の皆さんとご一緒して、印象に残っているエピソードはありますか?

撮影現場の洞窟から宿までが結構距離があり遠かったのですが、その距離を満島真之介さんと三浦貴大さんが役作りということで歩いて帰っていたのが衝撃的で、先に出て行ったのに、私たちの乗った車が追い抜いちゃっていました。吉岡里帆さんとは直接現場でご一緒することはなかったのですが、舞台挨拶などではいつも私を引っ張ってくださる優しいお姉さんで、美しくてついつい見とれちゃいます。

【画像】映画『STAR SAND –星砂物語-』場面カット (吉岡里帆)

―― 劇中で寺島しのぶさん演じる儀間が、戦争のおぞましさ、恐ろしさについて痛烈に語っていますが、戦争を経験していない織田さんにとって、戦争はどのように映りましたか?

大きくというか、一言で言えば「悪」です。すごく印象的なのが、原爆が落ちた直後のきのこ雲でした。ガレージのそばにいた人が放射能と光と熱の影響で、白い影しか残っていなかったりと、そういう残酷な映像にしか戦争というワードがリンクしないです。殺しあったり、とても嫌ですし、辛いですね。寺島しのぶさんとのシーンでは、本当に寺島さんの演技がすごすぎて、気づいたら涙が出ていました。その時は余計なことは考えなかったです。

【画像】映画『STAR SAND –星砂物語-』場面カット (寺島しのぶ)

―― 完成した本作を観ていかがでしたか?また、公開時の周りの反響についてもお聞かせください。

自分が演じているから客観的にあんまり観れないと思っていましたが、洋海という一女性として観ることが出来ました。母からも「良かったよ。ちゃんと(私の事を)洋海として観れたよ」と言ってもらえたのが嬉しかったです。それを信じようと思いました。

【写真】映画『STAR SAND -星砂物語-』主演・織田梨沙インタビュー

―― 今後、どんな女優さんになっていきたいですか?また、好きな作品はありますか?

演技派と言われるような、いろんな役に化けられる女優さんになりたいです。

好きな作品としては「SUITS」っていう米ドラマを観始めました。ストーリーが好きなんです。国際的な作品を含め、自分が成長できる機会をいただけるのであれば、是非出たいと思っています。

―― 最後に、シネマアートオンラインの読者の皆様にメッセージをお願いいたします。

[インタビュー: 蒼山 隆之 / スチール撮影: 坂本 貴光]
[取材・撮影協力: ベリーベリースープ 原宿神宮前店]

プロフィール

織田 梨沙 (Lisa Oda)

1995年生まれ、千葉県出身。
2012年よりモデルとして雑誌などで活動する。2015年より俳優として新たなスタートをきる。2016年公開の映画『秘密 THE TOP SECRET』(監督:大友啓史)でスクリーンデビュー。以降、映画、ドラマ、CMなどに出演。5月17日公開映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』(監督:田中 亮)では新キャスト・モナコ役で出演。今後の活躍が楽しみな女優である。。

【写真】織田梨沙 (Risa Oda)

[ヘアメイク: 内藤 歩]

映画『STAR SAND -星砂物語-』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『STAR SAND –星砂物語-』DVDジャケット

《ストーリー》

1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた16歳の少女・洋海(ひろみ)は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。

ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった──

2016年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

 
第9回 沖縄国際映画祭(OIMF) 特別招待作品
第21回 キャンベラ国際映画祭(CIFF) 正式招待作品
 
出演: 織田梨沙、満島真之介、ブランドン・マクレランド、三浦貴大、吉岡里帆、寺島しのぶ、渡辺真起子、石橋蓮司、緑魔子
監督・脚本: ロジャー・パルバース
原作: ロジャー・パルバース「星砂物語」講談社刊
主題曲: 坂本龍一
© 2017 The STAR SAND Team
 
DVD 好評発売&レンタル中!
iTunes、Google play、Amazon Prime Video、U-NEXT、Video Market、DMM. COM、ひかりTV、J:COMオンデマンド、dTVにて配信中!
 

映画公式サイト

公式Twitter: @starsand_movie
公式Facebook: @TheStarSandTeam

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

ページ上部へ戻る