映画『サラバ静寂』主演・吉村界人インタビュー

【写真】映画『サラバ静寂』主演・吉村界人

映画『サラバ静寂』主演・吉村界人インタビュー

そっと横にいてくれるから、音楽がすごく好きです。

「僕たちはただ、生きるために音楽を聴いた。」

映画や音楽などの娯楽が禁止された世界を描いた、静かなるノイズ映画『サラバ静寂』が2018年1月27日(土)より東京・渋谷のユーロスペース渋谷ほか全国順次公開されている。

監督は、8ヶ月ものロングラン上映となった世界初のガングロギャル映画『黒い暴動❤』(2016年)の宇賀那 健一。主演は、映画『獣道』(2017年)、『関ヶ原』(2017年)、『ビジランテ』、ドラマ『お前はまだグンマを知らない』(NTV系)、『わにとかげぎす』(TBS系)『僕たちがやりました』(KTV・CX系)など数々の映画、ドラマに出演しており大注目の若手俳優・吉村界人。

主人公ミズト役を熱演された主演の吉村界人に映画『サラバ静寂』に対する思いや役作り、また共演者とのエピソードについてなどお話を伺った。

―― 宇賀那健一監督とは元々お知り合いとのことですが、どのようなきっかけで映画『サラバ静寂』を一緒に創ることになったのですか?

新しい方と知り合うと、すぐ“ものづくり”をする話に発展させてしまうんです。宇賀那監督とも話しているうちに「映画やろうか!」と盛り上がり『サラバ静寂』を創ることになりました。

―― 主人公ミズトの役作りのために何か取り組まれたことはありますか?

あまり喋らないことですね。自分にとって居心地の良いと感じるものや場所を削って、自分の部屋や現場でもテンションを上げずに静かに過ごしていました。

――「ミズトは人生に枯渇している」とコメントされていましたが、ご自身はどうですか?

僕も同じです。何をやっても不満や悩みがたくさん出てきます。映画の中で、ミズトはネジ工場で働く生活を「つまらない」と表現していますが、僕自身も普段、嬉しい楽しいと思うことはあっても、一方でどこかつまらないと思っている自分が根底にいます。自分について考える時は、何かが足りない!もっと欲しい!と常に思っています。

―― ミズトは具体的に何が枯渇しているのでしょうか?

活路がないので生活自体に枯渇していることはもちろん、悩みすら持てない人生だと思います。悩みがあることはいいことで、悩みの先には考えれば何かしら解決策が待っているけれど、ミズトには何もなさすぎて、悩みすら持てないと思います。

――「人生に枯渇している」と感じているところは、ミズトと共鳴する部分ですが、違う部分はありますか?

ミズトは、友人のトキオ(若葉竜也)が「やろうよ!」って言ったことについていくタイプだけど、僕はどちらかというと、やりたいと思うことがあればトキオのように先に行ってみんなを引っ張っていくので、そこが違うと思います。

―― 一番大変だった撮影はどのシーンですか?

大事な人達が死ぬシーンですね。宇賀那監督の「カット!」の声がかかるまでが長くて……。あんなに長時間撮られ続けたことがなかったですし、監督がすごく粘るんですよ。「もっと無様さを表現してくれ!」と言われて感情を出し切ることが、きつかったですね。

―― 共演者の方達や現場の雰囲気はいかがでしたか?

2週間という短期間の撮影中、『サラバ静寂』という映画に対して同じ方向を向いて進んでいるけれど、芝居のやり方がそれぞれ違ったので、現場は独特の空気感がありましたね。
斎藤工さんは、今回かなり怖い役柄を演じられていたので、対峙した時にビビらないように萎縮しないようにと考えて接していました。

SUMIREさんは、全員に対してすごくフラットな方でしたね。誰に対しても分け隔てなく、自然に現場にいる空気感が素敵な方でした。

―― 音楽などの娯楽が禁止されている日本が舞台ですが、音楽がない世界はどう思いますか?

きついです。辛いです。音楽にしかない魅力、音楽だけが自分に与えてくれるものがあるから。本、映画、テレビ、どれも好きで感動しますが登場人物が出てくるので、どこか他人事に感じます。でも、音楽は登場人物が出てこないから、まるで自分に語りかけてくれるかのように一番近くに感じられます。無理強いもしない、押し付けがましくない、そっと横にいてくれる音楽がすごく好きです。

―― 最後にどういった方にこの映画を観てほしいですか?

音楽が好きな方に観てほしいです。

【画像】映画『サラバ静寂』

インタビューを終えて

1つ1つの質問に対して、とても真摯に向き合って言葉を伝えようとしてくださった吉村界人さん。音楽がない世界について「きついです!」と強く放たれた言葉には、音楽を好きだと思う気持ちがたくさん詰まっていました。1人でも多くの音楽が好きな方に、映画『サラバ静寂』を観ていただきたいと感じました。

[スチール 撮影: Cinema Art Online UK / インタビュー: 大石 百合奈]
 

★CAO読者の皆さんへ、吉村界人さんから動画メッセージ

プロフィール

吉村界人 (Kaito Yoshimura)
1993年2月2日生まれ、東京都出身。
映画『ポルトレ –PORTRAIT-』(内田俊太郎監督/2014年)で映画主演デビュー。以降、多数の映画、ドラマ、CMに出演。主な出演作品に映画『百円の恋』(武正晴監督/2015年)、『いいにおいのする映画』(酒井麻衣監督/2015年/主演)、『ディストラクション・ベイビーズ』(真利子哲也監督/2016年)、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(宮藤官九郎監督/2016年)、『太陽を掴め』(中村祐太郎監督/2017年/主演)、『牝猫たち』(白石和彌監督/2017年)、『獣道』(内田英治監督/2017年)など。今後『悪魔』(藤井道人監督/2018年2月24日公開)、『モリのいる場所』(沖田修一監督/5月公開)など、多数の話題作の公開を控える注目の若手俳優。
【写真】吉村界人

<衣装>

パイソン柄ジャケット ¥8,590(PIN NAP)
スラックス ¥25,000/JieDa(KIKUNOBU 東京)
ベルト ¥14,980(qosmos)
 
[問い合わせ先]
PIN NAP
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-26-10
TEL: 03-3470-2567
 
KIKUNOBU
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町3-3
TEL: 03-6455-0535

映画作品情報

《ストーリー》

「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズト(吉村界人)とトキオ(若葉竜也)はある日、偶然根絶されたはずの音楽が沢山保存されている廃墟を見つけてしまう。廃墟に通いつめ、どんどん音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作りだすのだが、音楽を心から憎んでいる杉村(斎藤工)率いる警察、そして、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリ(SUMIRE)も2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

キャスト: 吉村界人、SUMIRE、若葉竜也、森本のぶ/斎藤工
カトウシンスケ、内木英二、川連廣明、泊帝、影山祐子、杉山拓也、髙木直子、田山由起、美館智範、ミヤザキタケル、ヒス、ソニー
 
出演アーティスト: 灰野敬二、大貫憲章 (特別出演)、仲野茂、今村怜央(レオ) ほか
 
企画・脚本・監督: 宇賀那健一
プロデューサー: 小林和仁、小野川浩幸
撮影監督: 八重樫肇春
劇中衣装協力: CYDERHOUSE
衣装デザイン・スタイリスト: 松田稜平
美術・装飾・持道具: 横張聡
音楽: 小野川浩幸
企画: 宇賀那健一、小林和仁
助監督: 平波亘
制作担当: 飯塚香
VFXスーパーバイザー: 小林敬裕(UNDERGRAPH inc.)
編集: 上本聡
ヘアメイク: 寺沢ルミ
スチール: 伊藤華織
録音: Keefar、岸川達也 整音: 紫藤裕弥
2017年 / 日本 / 日本語 / 85分
©『サラバ静寂』製作委員会 
 
2018年1月27日(土)より、ユーロスペースほか全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @saraba_seijaku
公式Facebook: www.facebook.com/saraba.seijaku/

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画 「ピンクとグレー」

2016-7-28

映画「ピンクとグレー」 (Pink and Gray)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る