映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや 単独インタビュー!

映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや

映画『咲-Saki-』 
龍門渕透華役 永尾まりやさんにティーンズ記者がインタビュー!

役柄とは違った性格!? 永尾まりやさんの素顔にも迫ります!!

「咲-Saki-」は少女キャラクターが沢山出てくる大人気麻雀青春マンガ。実写化プロジェクトとして2016年12月からテレビドラマシリーズも放送され、続編の劇場版が2月3日に全国公開された。

ドラマ・映画『咲-Saki-』にて龍門渕高校麻雀部の部長で 龍門渕四天王の一人、性格はお嬢様な上に目立ちたがりな 龍門渕透華(りゅうもんぶちとうか) を演じた永尾まりやさんにCinema Art Onlineのティーンズ記者達がインタビュー!

『咲-Saki-』出演の話が来てまだ自分が演じる役を聞く前に、自分の役を予想していてそれが見事に当たっていた永尾さん。そんなハマり役は必見です!!

― 『咲-Saki-』の出演が決まって率直に思ったことを教えて下さい。

どんな役やるのかなっていう気持ちと嬉しい気持ちもありました。決まった時、この子かこの子かなって言うのがあってちょうどその子でした!(笑)

お話を頂いて調べた時に古畑星夏ちゃんが演じた久(竹井久)か龍門渕透華かなって思っていたので良かったです。
映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや

 

― どんな所からそう思ったのですか?

元々カワイイ子のマンガとかすごく好きで、アニメとかもカワイイ子が出ていたらチェックしたりとかって言うのがあったんですけど、「咲-Saki-」は私がアニメやマンガっていうコンテンツを見始めるより前の作品だったんですよ。でも、私の好きな要素がすごくいっぱい詰まっていたのでガッツリ、ハマっちゃいました!(笑)

― 龍門渕透華の制服を初め見た時の印象はいかがでしたか?

最初アニメで見ていたので、実物を見た時はすごい再現しているなと思いました。
監督さんも、スタイリストさんも、プロデューサーさんも、原作を完全に再現しようと話していたので、髪形とかもどうするのかなぁとか、いろいろ思いをめぐらせていました。

― 龍門渕透華 を演じる上でここは自分に似てるなって思ったところはありますか?

透華はお金持ちで結構自分が目立ちたがり屋で、裕福なのはそうなんですけど、私は目立ちたがり屋ではなかったのでそこは違うかなって思います。最終的に思いやりがある子だっていうのが分かり、メンバー想いの所は私に似ているかなって。私も友達想いなので…(笑)

映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや

 

― 友達想いなんですね!! (笑)
その上で演じる時、難しかったことはありましたか? また、麻雀は前からやってたりしてたんですか?

麻雀は全然してなくて、ちょっと前に本当にチラッとやった事があるくらいだったので役を覚えたりとか打ち方とかあるんですけど、それをみんなで練習してたりして覚えたのが難しかったです。あと、透華は目立ちたがり屋なので、どセンターを歩けって言われるんですけどなんとなく私ずれちゃってそれがすごく困りました。みんなに「もっと前に出て来てよ」って…言われるみたいな(笑)
歩く時、横並びじゃなくて白い巨塔みたいな感じなので、後ろついて来てくれているのかなって不安にもなりました(笑)

― 撮影する時、他のメンバーと一緒にいる機会多かったと思うんですけど、どんな雰囲気だったんですか?

そうですね、みんな私のこといじってきましたね。元々友達の子もいて、金子理江ちゃん(沢村智紀役)は前回の舞台から一緒で仲良くて、私は年上だけどみんなすごいやんちゃでいじって来てくれたりして逆に嬉しかったです。

― 楽しい現場だったんですね!龍門渕高校のメンバーの中では何番目に年上なんですか? 

私ともう1人井上純役の小篠恵奈は同い年で一番上なんですけど、金子ちゃんとか他のメンバーはみんな10代で、天江衣役の菊地麻衣ちゃんは小学生なんです。

映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや

 

― 今回、共演者に10代が多かったと思いますが、率直に今の10代の印象ってどうですか?

えー今の・・・(笑)すごい定番ですけど大人っぽいなって思います。渋谷で制服着て歩いている子を見ても「あの子18なのかな?」とか思います。まあ、たまにコスプレの人もいますけど…(笑)

あとは、今の子は良い意味で肝が座ってるからAKBでもすごいズッシリ構えてる子もいていいなって思います。

― 永尾さんは10代の時どんな感じだったんですか?

10代の時は中学二年生の時に中二病で・・・(笑)、その後に治ったから高一でAKB48に入って芸能の世界ってすごいなって知って控えめになったので、早く気づけて良かったなって思います。(笑)

― 学生と言えば制服で今回の『咲-Saki-』でも色んな種類がありましたが、どんな制服が好きでしたか?

『咲-Saki-』の制服はアニメで観ていたので、すごい再現しているなって思ったのと、監督さん、スタイリストさん、プロデューサーさんも完全に原作に近い感じでお願いしますって言っていたので髪型とかもどうするんだろうなって色々思いました。

ちなみに私は高校入るのも制服で選んだんですよ!! 二校、制服が可愛い学校があって迷って…。ブレザーにチェックとかいいですね!

映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや

 

― 最後どうやって決めたんですか!?

高望みはしないほうだったので、学力的に自分が入れる方を選びました!(笑)

― 最後に作品を観る10代へメッセージをお願いします。

今でも10代と同じ気がしちゃっているので感性は10代と変わらないと思っていますが、やっぱり観てほしいところは、ちょっと非現実的なんですけど、麻雀なんかやってる高校生がいて全国大会を目指して県大会に挑むんですが、四校の中で一校しか全国に行けないっていうところが現実の部活とかと想いとか重なるものがあるので、自分達と同じっていう目線で観てもらいたいです。

高校三年生最後とかこの年でしかこの県大会はないみたいなのも高校生と一緒じゃないですか。だから本当に青春映画だと思っているので自分達に当てはめて観てもらえたらいいなって思います。

[インタビュー: 瑞慶山 日向 & じぇみみ]
[撮影: 平本 直人]

 

映画『咲-Saki-』永尾まりや 動画メッセージ

 

プロフィール

永尾まりや (Mariya Nagao)

1994年3月10日生まれ。神奈川県出身。元AKB48メンバー。
2009年「AKB48第六回研究生(9期生)オーディション」に合格しAKB48へ加入。
人気映画『リアル人狼ゲーム~戦慄のクラッシュルーム』(2014年)や、同年CX「ファーストクラス」に出演。翌年は、NTV「マジすか学園4」「マジすか学園5」、TBS「アルジャーノンに花束を」MBS・TBS「JKは雪女」と続々出演する。2016年はTBS「家族ノカタチ」や舞台「終わりのセラフ」に出演後、ファースト写真集「美しい細胞」を発売し、話題となる。
そして、世界的に有名となったピコ太郎こと古坂大魔王とAbemaTV「古坂大魔王のカツアゲ」にて共演。ドラマ、映画、舞台、ラジオなど様々なジャンルで活躍中。

映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや

 

映画『咲-Saki-』公開記念 CAO読者限定プレゼント

映画「咲-Saki-」龍門渕透華役 永尾まりや

永尾まりや直筆サイン入りチェキを2名様限定でプレゼント!!
(詳しくは下記へアクセス)

 

映画「咲-Saki-」作品情報

劇場版 「咲-Saki-」 ポスター

出演: 浜辺美波 浅川梨奈 廣田あいか 古畑星夏 山田杏奈
加村真美 樋口柚子 星名美津紀 吉﨑 綾 武田玲奈 ・ 岡本夏美 あの 大西亜玖璃 長澤茉里奈 山地まり
永尾まりや 柴田杏花 小篠恵奈 金子理江 菊地麻衣 / 玉城裕規 長谷川朝晴 佐野ひなこ / 夏菜
 
原作: 小林 立 (掲載「ヤングガンガン」スクウエア・エニックス刊) 
脚本: 森ハヤシ 音楽:T$UYO$HI (The BONEZ)
オープニングテーマ:「きみにワルツ」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
エンディングテーマ:「NO MORE CRY」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
製作:沢 桂一、相馬信之、松浦克義 
チーフプロデューサー: 岡本東郎、茶ノ前香、原田知明、丸山博雄、中川 岳、宇田川寧、阿部隆二
プロデューサー: 行実 良 竹内崇剛 深迫康之 山田香菜子 柴原祐一 木村康貴 撮影:長野泰隆 照明:児玉 淳 美術:山下修侍 録音: 小林武史 装飾: 山本 裕 編集: 川村紫織 VFXスーパーバイザー: 宗片純二 衣裳: 加藤みゆき 衣裳制作: 加藤紀子 ヘアメイク:内城千栄子 音響効果:渋谷圭介 闘牌指導:ケネス徳田 黒木真生 馬場裕一 キャスティング:あんだ敬一 助監督: 石川浩之 制作担当: 今井尚道 ラインプロデューサー: 本島章雄 宣伝プロデューサー: 亀山登美、廿樂未果 宣伝協力: トーハン プルーク 麻雀協力:麻雀企画集団バビロン 日本プロ麻雀連盟 衣裳制作:バンダイアパレル 
制作プロダクション:ダブ 宣伝: MUSA 配給: プレシディオ 製作: (VAP AMUSE MBS A-Sketch DUB SQUARE ENIX)
監督: 小沼雄一
© 小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト

映画公開日: 2017年2月3日

映画公式サイト
公式Twitter: @saki_project

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る