映画『ミスミソウ』主演・山田杏奈インタビュー

映画『ミスミソウ』主演・山田杏奈

映画『ミスミソウ』主演・山田杏奈インタビュー

原作が好きな気持ちを演技に込めました。

「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック「ミスミソウ 完全版」がついに実写映画化された。

押切蓮介ファンの間でも、1、2を争う人気作であり、ネット上のトラウマ漫画系まとめサイトや掲示板等で必ず作品名が挙がるほど認知度が高い本作。映画『ミスミソウ』は、押切蓮介作品初の実写化とあって大注目されており、2018年4月7日(土)より、新宿バルト9他でいよいよ全国公開される。

【画像】映画『ミスミソウ』メインカット

東京から田舎に転校してきた“部外者”として壮絶なイジメを受け、思いもよらない惨劇を経験する主人公・野咲春花(のざき はるか)を演じたのは、抜群の透明感を放つ現役女子高生で大注目のネクストブレイク女優・山田杏奈。本作で映画初主演に挑戦した。

今回、映画初主演を務めた山田杏奈さんに主演が決まった時のお気持ちや、同年代のキャストが揃う本作の撮影現場の様子などを伺った。

―― 本作で映画初主演ですが、決定した時のお気持ちをお聞かせください。

すごく嬉しかったです。映画の主演をやらせていただくのはもっと先のことだと思っていたので、プレッシャーも感じました。でも、不安よりも嬉しさの方が大きかったですね。

【写真】山田 杏奈 (やまだ あんな) インタビュー

―― 本作は、押切蓮介さんの同名漫画が原作ですが、この漫画は元々ご存知でしたか?

はい。中学生の時に友人に勧められて読んでいました。

―― 原作とは別に、脚本を読まれた時の感想はいかがですか?

原作漫画の空気感がそのまま表現されているなと思いました。
演技が大変そうなアクションシーンもそのまま盛り込まれていましたが、内藤瑛亮監督は、これまでもそういう映画をたくさん撮られている監督なので、安心して身を委ねられましたし、内藤監督の元で、春花役を演じることはとても楽しみでした。

原作と脚本はラストが違うのですが、脚本の方がより希望を感じるラストになっていると感じましたね。

【写真】山田 杏奈 (やまだ あんな)

―― 本作のオファーを引き受けようと決心された時はどのようなお気持ちでしたか?

原作を知っていた分、実写化すると聞いた瞬間は「大丈夫なのかな?」と思いました。
でも、元々すごく好きな漫画だったので、その好きな気持ちを込めながら演じることができるし、春花と同年代でいられるのも今しかないタイミングなので、この機会を大事にやらせてもらいたいと思いました。

―― 原作の主人公・野咲春花役を演じる上で、実写化ゆえの難しさは感じましたか?

好きな作品が実写化する時はいつも、出来ることなら私が演じさせてもらいたいと思っていましたが、春花役を演じるのはかなり大変でしたね。
でも、原作漫画の魅力の1つであるテンポの良さが、もっと引き出せたら良いなと思って演じました。

【写真】山田 杏奈 (やまだ あんな)

―― いじめを受けたり、復讐に燃えたり心が崩壊していく役所でしたが、どのように気持ちを作られたのですか?

春花は両親を焼き殺されて復讐に目覚めます。私も、もしも両親が殺されてしまったら犯人を恨む気持ちは少なからず芽生えると思うので、そういう恨みをひたすら膨らませていく作業でしたね。
春花が燃える家を見ながら、ショックのあまり声が出なくなってしまうシーンは、監督が目の前で表現して見せてくださったのでイメージ出来ました。

【画像】映画『ミスミソウ』場面カット

―― どのシーンも思い入れがあると思いますが、中でもこだわったシーンはありますか?

春花は淡々と感情を出さずに復讐をしていきますが、清水尋也さん演じる相場くんと接している時は罪悪感などの感情が表に出てきます。春花が抱えている辛さを表現することが大事だと思ったので、そこを意識して演じました。

【画像】映画『ミスミソウ』場面カット

―― 衝撃的なアクションシーンでは、内藤監督から何か演技指導はありましたか?

演技指導というよりは、アクションの練習をさせてもらっていました。
殴る、蹴る、刺す、刺される、鉄パイプを振り回すといった暴力的なシーンは、映像で見てもとてもスピード感がある仕上がりになっています。

そのスピード感こそが、ただの残酷な映画ではない凄さを表現できると思ったので、ひたすらアクションのキレを意識して、動き方の練習をしていましたね。

【写真】山田 杏奈 (やまだ あんな)

―― 現場はどのような雰囲気でしたか?

春花はいじめを受ける役なので、他のキャストの方とは少し距離を置いていましたね。でも、同い年の子たちがたくさんいる現場は、すごく刺激を受けました。映画の内容がドロドロしているので、敢えて残酷な描写もみんなで楽しみながら演じていました。

【画像】映画『ミスミソウ』場面カット

―― CGをあまり使わずに、造形の百武朋(ひゃくたけとも)さんが特殊メイクで制作されたとのこと、撮影に臨む中で気分が悪くなることはありませんでしたか?

面白かったです!目に釘が刺さったまま歯磨きをしているキャストの写真を撮ったり、「血糊りだらけだー!」って言いながら楽しんで撮影していましたね。原作者の押切先生が現場にいらした時は、私は包丁を刺したままご挨拶しました(笑)。

目玉がその辺に転がっていたり、ボーガンが刺さったマネキンが倒れていたりする壮絶な現場でしたが、作られた過程を知っていたからこそ、復讐するシーンも残酷さを意識せずに演じ切ることができたと思います。

【写真】山田 杏奈 (やまだ あんな)

―― 雪深い街での撮影でしたが、これは辛かったと思う出来事はありましたか?

私はそこまで辛いことはありませんでしたが、殺された後の死体はマネキンではなくて、本人が演じているので死体になったキャストたちが夜の冷たい雪の中に埋められていたのは可哀想でした。でも、春花たちはそういう辛さや閉塞感を味わっていることで、復讐に繋がっていったと考えれば、同じような経験を少しでも体験できたことはありがたいですね。
雪山での唯一の楽しみは、車で30分かかるコンビニに行くことでした(笑)。

―― アクションシーンで雪に足を取られたり、動き辛いことはありましたか?

雪がクッションになっていたので、助かりましたね。演じている時は感じませんでしたが、後から見たら身体中あざだらけなんてことが、撮影中ずっと続いていました。

【画像】山田 杏奈 (野咲春花役)

―― ラストシーンで、相場くんには驚かされました。気持ちの切り替えはすぐに出来たのでしょうか?

周りが敵だらけの中で、相場くんだけを信じてきたので、最初のシーンは特にラストシーンを意識せずに演じていました。ラストシーンに関しても、春花は「相場くんとはずっと一緒に過ごしたかった」ではないかなと思います。

【画像】映画『ミスミソウ』場面カット

―― 最後に、シネマアートオンラインの読者の皆様にメッセージをお願いいたします。

何もない環境にいたからこそ、いじめがここまでの惨劇になってしまいましたが、登場人物はみんな普通の1人の人間です。私たちと同じように愛情を持っています。愛情を持っているからこそ、その気持ちが憎しみへと変わる要因になってしまう。

そんな心の葛藤や恋愛も描いている作品ですので、バイオレンス要素だけではない部分も意識して観ていただけたら嬉しいです。

【写真】山田 杏奈 (やまだ あんな)

 

山田杏奈さんから動画メッセージ

プロフィール

山田 杏奈(やまだ あんな)
2001年1月8日生まれ。埼玉県出身。「ちゃおガール☆2011オーディション」でグランプリを受賞し、デビュー。2016年には『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で映画初出演を果たす。ほかにNHK大河ドラマ「花燃ゆ」(2015年)、NTV「先に生まれただけの僕」(2017年)、映画「あゝ荒野」(2017年)など多数の映像作品に出演。映像作品のみならず、2017年に発売されたKANA-BOONの4thアルバム「NAMiDA」ではジャケット写真に起用され、同アルバム内収録曲「涙」のMVにも出演した。2018年、『ミスミソウ』で映画初主演。今後大注目の若手俳優。

【写真】山田 杏奈 (やまだ あんな)

[インタビュー: 大石 百合奈 / スチール撮影: 坂本 貴光]
[ヘアメイク: 横山 雷志郎 / スタイリスト: 杉浦 優]
[衣装: スカート/ATSUSHI NAKASHIMA(Sian PR)、そのほかスタイリスト私物]

映画『ミスミソウ』CAO読者限定プレゼント

主演・山田杏奈さん直筆サイン入りチェキを2名様限定でプレゼント!!
(詳しくは下記へアクセス)

映画作品情報

《ストーリー》

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

  
出演: 山田杏奈、清水尋也、大谷凜香、大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、森田亜紀、戸田昌宏、片岡礼子、寺田 農
 
監督: 内藤瑛亮
原作: 押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊)
脚本: 唯野未歩子
主題歌: タテタカコ「道程」(バップ)
制作プロダクション: レスパスフィルム
配給: ティ・ジョイ
2017年 / 日本 / カラー / シネスコ / 5.1ch / 114分 (レーティング:R-15)
© 押切蓮介/双葉社 © 2017「ミスミソウ」製作委員会
 
2018年4月7日(土)より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @misumisou_movie
公式Instagram: www.instagram.com/misumisou_movie/
 

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る