映画『ママレード・ボーイ』W主演・桜井日奈子&吉沢亮インタビュー

【写真】TGC2018 S/S 映画『ママレード・ボーイ』桜井日奈子&吉沢亮インタビュー

映画『ママレード・ボーイ』
W主演・桜井日奈子&吉沢亮インタビュー

この春一番のキュンキュン映画です!

シリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック『ママレード・ボーイ』が遂に実写映画化され、只今絶賛大ヒット公開中。

突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係…すべての女性のトキメキはこの少女マンガから始まったと言っても過言ではない。

映画『余命一ヶ月の花嫁』や映画『ストロボ・エッジ』など、ラブストーリーの名手・廣木隆一監督の手によって、少女マンガの枠を超えた恋愛映画の金字塔が誕生した!

【画像】映画『ママレード・ボーイ』メインカット

主人公・小石川光希を演じるのは、“岡山の奇跡”として一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。共に主演を務め光希と同居生活をすることになる同級生、松浦遊を演じるのは、映画『リバーズ・エッジ』ほか話題作への出演が続く、吉沢亮。

光希と遊の両親には、中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆と “ラブストーリーの神たち”とも言える超豪華キャストが集結した。

【画像】映画『ママレード・ボーイ』場面カット (家族写真)

2018年3月31日(土)横浜アリーナにて開催された「マイナビ presents第26回 東京ガールズコレクション2018 SPRING/SUMMER」(以下:TGC)に、W主演の桜井日奈子さんと吉沢亮さんがゲスト出演。ファッションブランド「LOWRYS FARM」と映画『ママレード・ボーイ』のコラボステージとして、TGCのランウェイに登場する直前に、TGCに参加したシネマアートオンラインのティーンズメンバー(もえ、るい、ほま)が吉沢さんと桜井さんのお二人にインタビュー!その模様をお届けする。

 

―― 『ママレード・ボーイ』の撮影現場での、お互いの第一印象はいかがでしたか?

桜井: 吉沢さんは、顔が美しすぎて、黙っていてもオーラが出ているので、最初は仲良く話すことができるか不安でした。でも、いざ撮影に入ってみたらすごくノリが良かったので、話しかけにくい雰囲気は全くありませんでした。
むしろ、撮影現場で和めるほど柔らかい雰囲気を持っているなと感じました。

吉沢: 日奈子ちゃんは、すごくノリが良くて、よく変顔をする子です(笑)。こんなこと言っちゃって大丈夫かな?

桜井: 全然大丈夫です(笑)!

 

―― 吉沢さんは役によって様々な髪型をされていて、今回は金髪の役柄ですが、ご自身としてはいかがですか?

吉沢: 明るくしたり暗くしたりを繰り返しているので、だいぶ髪が傷んできたなと感じています。
でも、原作が金髪なので、そこはきちんと再現したいと思いました。

桜井: 素晴らしいです!

吉沢: ありがとうございます!

―― これからやってみたい髪型はありますか?

桜井: モヒカンは、どうですか!?

吉沢: モヒカン!?モヒカンの緑色で、毛先だけ赤とかいいかもね(笑)!

―― クリスマスカラーですね(笑)。
最後に、シネマアートオンラインの読者の皆さんに向けて、メッセージをお願いいたします!

吉沢: 映画『ママレード・ボーイ』は、キュンキュンしていただけること間違いなしの映画です。

桜井: この春一番の胸キュン映画です。

吉沢&桜井: ぜひ劇場でご覧ください!

【写真】TGC2018 S/S 映画『ママレード・ボーイ』桜井日奈子&吉沢亮 × シネマティーンズ(もえ、るい、ほま)

TGCスペシャルステージの直前、吉沢さんは「会場がものすごいパワーに包まれていますね。2人で楽しみたいと思います」、桜井さんは「とても緊張していますが、吉沢さんと一緒なので安心して楽しみます」とコメント。

そして、TGCのランウェイに登場した途端に会場から大歓声が沸き起こり、映画『ママレード・ボーイ』の決めポーズである“内緒”のポーズをするため、吉沢さんが桜井さんの肩を抱き寄せて手を唇に当てると会場のボルテージは最高潮に盛り上がった。

【写真】TGC2018 S/S ランウェイ 映画『ママレード・ボーイ』桜井日奈子&吉沢亮

TGCの舞台に緊張感も漂っていたが、映画『ママレード・ボーイ』の現場で得たお互いへの信頼感からか、2人で楽しもうというワクワクした雰囲気も感じることができた。

そして、ティーンズからの質問にも、冗談を交えながら、笑顔で語るお2人の仲の良い姿も垣間見ることができ、映画の中の光希と遊にますます期待が高まる。

[インタビュー: シネマティーンズ(もえ、るい、ほま)]
[スチール撮影: 坂本 貴光 / ライター: 大石 百合奈]

プロフィール

桜井 日奈子(Hinako Sakurai)

1997年4月2日生まれ。岡山県出身。2014年に岡山美少女・美人コンテストで美少女グランプリを獲得しスカウトされる。2015年CM出演をきっかけに「岡山の奇跡」として一躍注目を浴びる。2016年に舞台「それいゆ」で女優デビュー。CM、テレビドラマと活動の場を広げる、今最もアップカミングな若手女優のひとり。2017年に『ラストコップ THE MOVIE』で映画初出演。本作が映画では初の主演作となる。今年の公開待機作に『ういらぶ。』がある。

【写真】桜井日奈子

吉沢 亮(Ryo Yoshizawa)

1994年2月1日生まれ、東京都出身。2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で特別賞を受賞し、デビュー。「仮面ライダーフォーゼ」シリーズ(2011年-2012年)で朔田流星役を演じ注目を浴び、その後数々のテレビドラマ、映画に出演。2017年には『銀魂』など5本の映画に出演するなど今最も勢いのある若手俳優である。主な出演作に、『アオハライド』(2014年)、『オオカミ少女と黒王子』(2016年)、『トモダチゲーム』(2017年)など。2018年の公開作として本作のほかに『悪と仮面のルール』、『リバーズ・エッジ』、『レオン』、『BLEACH』、『あのコの、トリコ。』などがある。

【写真】吉沢 亮

映画『ママレード・ボーイ』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『ママレード・ボーイ』ポスタービジュアル

《ストーリー》

本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

 
原作: 「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督: 廣木隆一
脚本: 浅野妙子、廣木隆一
音楽: 世武裕子
主題歌: GReeeeN「恋」(ユニバーサル ミュージック)
製作: 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション: プラスディー
配給: ワーナー・ブラザース映画
©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
 
大ヒット公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @marmalade_movie #ママレードボーイ
公式Instagram: marmaladeboy_movie

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

ページ上部へ戻る