第17回 東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2016 受賞結果発表!

第17回 東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2016 授賞式 フォトセッション

第17回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2016

第17回 東京フィルメックス 授賞式

最優秀作品賞は中国チャン・ハンイ監督デビュー作『よみがえりの樹』

第17回 東京フィルメックス(TOKYO FILMeX 2016)の授賞式が11月26日(土)、東京・有楽町朝日ホールで開催され、コンペティション各受賞作品及びタレンツ・トーキョー・アワード2016が発表された。
才能ある新鋭作家が2015年から2016年にかけて製作した作品の中から10作品が上映されたコンペティションでは、チャン・ハンイ監督デビュー作『よみがえりの樹』(中国)が最優秀作品賞を受賞した。

中国のジャ・ジャンクーが若手監督作品をプロデュースする「添翼計画」の最新作で、中国陜西省の山間の村で、数年前に亡くなった女性の魂がその息子に憑依し、かつての自分の夫に対し、願いを伝えていくというストーリーを描いた作品である。他の映画祭へ向かうため既に日本を発っていたチャン・ハンイ監督は旅先で最優秀作品賞の受賞を聞き、ビデオメッセージで会場の皆さんに受賞の喜びと感謝の思いを伝えた。

[記者/撮影: Cinema Art Online UK]

そのほか、各賞の受賞結果と受賞理由は以下の通りである。

 

◆最優秀作品賞 <副賞として賞金100万円が監督に授与>

『よみがえりの樹』

よみがえりの樹

Life After Life/ 枝繁葉茂 / 中国 / 2016 / 85分 / 監督:チャン・ハンイ(ZHANG Hanyi)
 
授賞理由: 映画監督になる前はサッカー選手になりたかったという監督の、オリジナリティーあふれる初の長編映画。中国の片田舎でゆっくりと、しかし痛みを伴いながら村が消えていくという現実を捉えています - しかもそれをセンチメンタルにはさせず、安易なノスタルジーに浸る事もなく淡々と描き出しています。その手法も、男女の性別を超えるという驚くべき展開で。どの場面も強く記憶に焼き付けられます。

 

◆審査員特別賞 <副賞として賞金50万円が監督に授与>

『バーニング・バード』
バーニング・バード
Burning Birds/ フランス、スリランカ / 2016 / 84分 / 監督:サンジーワ・プシュパクマーラ (Sanjeewa PUSHPAKUMARA)
 
授賞理由: 本作品は、1980年代後半の残虐な内戦で負った痛みに対する痛烈な叫びです。夫と義母を失い、それでも力を絞り家族を守ろうと苦戦し、挙句の果てに子供たちからの敬意を失ってしまった、とある女性の視点から描かれています。過去に起きた、ほとんど世間でとりあげられることのなかった出来事ではありますが、現代社会において、むしろ切迫した、今日的に意味のあることとして描かれています。

 

◆スペシャル・メンション

『私たち』(仮題)

私たち

The World of Us / 韓国 / 2015 / 95分 / 監督:ユン・ガウン(YOON Ga-eun)
 
授賞理由: とても繊細且つシンプルな手法で、子ども達のストーリーを語り気持ちを表現しています。特にクローズアップの子ども達の表情は、多くを語り、我々の心を打ちます。今後が楽しみな若い女性映画監督を激励する意味で、『私たち』をスペシャルメンションと致しました。

 

第17回東京フィルメックス コンペティション審査員:

トニー・レインズ(審査委員長:英国/映画評論家、映画祭プログラマー)、アンジェリ・バヤニ(フィリピン/女優、声優)、パク・ジョンボム(韓国/映画監督)、松岡環(日本/アジア映画研究者)、カトリーヌ・ドゥサール(フランス/プロデューサー)

 

◆観客賞

『私たち』(仮題)

私たち

The World of Us / 韓国 / 2015 / 95分 / 監督:ユン・ガウン(YOON Ga-eun)

 
◆学生審査員賞

『普通の家族』

普通の家族

Ordinary People/ フィリピン / 2016 / 107分 / 監督:エドゥアルド・ロイ・Jr(Eduardo ROY Jr.)
 
授賞理由: 普通ってなんだ。生きてればつきまとう、普通という概念。しかし、この映画を通して、それが主観的でしかないということに気付かされた。愛や、親が子を想う気持ちは万人共通。生まれ育った環境が何であれ、誰もが共通に持つ感情が描かれており、一番世界観にのめり込むことができた。なおかつ、問題提起が含まれるエンターテイメントとしての重要性を感じさせられる作品だった。この素敵な映画を通して、自分の中にある普通というものを、改めて考えていただきたい。“ 普通” ってなんだ。

 
■学生審査員:

竹中貞人(大阪芸術大学卒)、かつりか(慶應義塾大学卒)、十河和也(明治大学)

 

◆タレンツ・トーキョー・アワード 2016
 <副賞として賞金30万円が受賞者に授与>

『Go Ashore』 (MO Jin-Jin / 中国)

◆スペシャル・メンション

『The Remaining Eyes』 (LÊ Binh Giang / ベトナム)
『Synchronicity』 (木下 雄介 / 日本)

 

タレンツ・トーキョー2016 エキスパーツ(講師):

モフセン・マフマルバフ(映画監督)、イザベル・グラシャン(プロデューサー)、アレクサンドラ・アビコバ(ワールド・セールス)、フロリアン・ヴェグホルン(ベルリナーレ・タレンツ、プログラムマネージャー)

 
◆Filmarks賞

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」と東京フィルメックスがコラボ。上映作品をFilmarksでClip!し、鑑賞後には5点満点の★評価をつけてレビューを投稿。さらに今年はFilmarks賞を新設。映画祭で上映される全作品を対象に、最も★評価が高かった作品に賞が与えられる。Filmarks賞は、後日Filmarksのサイト上で発表される。

Filmarksの登録方法《無料》
1. PCから… https://filmarks.com/ にアクセス後、メールアドレスもしくはFacebook、Twitterのアカウントで登録できます。
2. スマートフォンから…iPhone(App Store)、Android(Google Play)、Kindle(Amazon Apps)でアプリをダウンロードできます。

 

第17回 東京フィルメックス公式サイト

第17回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2016

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画 「GANTZ:O」 ガンツ:オー

2016-9-18

映画「GANTZ:O」 ガンツ:オー

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る