第29回 東京国際映画祭 「アズミ・ハルコは行方不明」 松井大悟監督、太賀、葉山奨之 記者会見

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 映画 「アズミ・ハルコは行方不明」 記者会見

第29回 東京国際映画祭(TIFF)
コンペティション部門「アズミ・ハルコは行方不明」
松井大悟監督、太賀、葉山奨之 記者会見 

キルロイチーム3人衆?東京国際映画祭に参上!!

第29回東京国際映画祭も佳境を迎えた10月30日、コンペティション部門出品作品「アズミ・ハルコは行方不明」の記者会見が行われた。
記者会見に姿を見せたのは、松井大悟監督、そして、作品内で大暴れをする “アズミ・ハルコ”の顔のグラフィティ・アートを街中に拡散する若者集団 「キルロイ」 のメンバーを演じた、太賀と葉山奨之。3人はここでしか聞けない制作秘話を語ってくれた。

◆記者会見レポート

松井大悟監督

元々の原作は安曇春子(アズミ・ハルコ)が行方不明になる時期など、時系列通りでした。しかし、文字で読んだ時は面白かったんですが、映像となったときにこのままではないほうがいいと感じました。行方不明になるという情報はすごく強いから、時系列通りにすると、こういう理由があって、こうなっていくというのが見えてしまう。そう見えて欲しくないし、理由を感じて欲しくないと思いました。今回、エピソードを短冊のように分解して、脚本でも15回ほど、編集でも15回ほど入れ替えました。けれど、僕の中には、どこを伝えたいというのは用意していません。男性と女性という性別が違うだけで捉え方は違うので、人それぞれ見え方が違ってもいいなと。
決して混乱させることが狙いではないんですが、作る側が何を伝えたいかは提示したくないですね。ただ、キルロイが衝動的に落書きを行うが、行っている行為自体よりも、その行為が人に認められるかどうかが重要視されたりとか、各々によって価値基準がずれていることは意識的に作りました。決定稿と映画本編ではかなり変わっています。撮り終えた映像でも、編集の段階で必要ないと感じた部分もあり、そういうところはそぎ落としておます。脚本と本編では全く違うものができたと感じています。少し複雑になっているかもしれませんが、内容について理解しようと、スクリーンに没頭してくれればうれしいです。プロデューサー、編集が女性ばかりだったので、もみくちゃにされながら完成にたどり着いたという感じです(笑)

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 映画  「アズミ・ハルコは行方不明」 記者会見

 

太賀(富樫ユキオ 役)

松井監督とは、この作品で4作品目の共演でした。この作品が完成したときに、松井監督についてきて本当によかったと感じました。
高畑充希さんについては、本人は、本作の愛菜とはかけ離れていてとても賢い人ですね。本人は悩んでいたのかもしれないですが、僕から見ると、愛菜を軽々と演じていました。説得力がありました。僕が演じたユキオ役は、ほとんどのシーンで愛菜が一緒だったから、とても助けられました。完成した本編を見たときに、初めてアズミハルコ側のシーンを観たんですが、若さゆえに自分達がやりたいことを全力で楽しんでいる自分達の行為が、一人の女性を傷付けてるんだなと思いしらされました。無自覚さが人をこんなにも傷付けていると。僕たちがいかにクズなんだと思いしらされて、罪悪感がすごかった。ただ、落書きは最高に気持ちよかったですね~(笑)

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 映画  「アズミ・ハルコは行方不明」 記者会見

 

葉山奨之(三橋学 役)

僕らキルロイチームの2人ともアズミハルコには会ってないですよね。蒼井優さんには現場では少しお会いしましたが。蒼井さんは元々ファンだったので、共演できたことがただただ嬉しくて。あ、本編でもビデオ屋で少しだけすれ違うシーンありましたね(笑)という感じで、僕たちキルロイ側3人と、アズミハルコ側は本編ではほとんど接点はないんですが、完成したのを見たときに、自分達3人組がやってしまったことが、こんなにも影響を与えてしまったんだと。観ていないからこそ、無責任にキルロイを演じれたのかもしれないですけど。MISSING(行方不明)に対して、こんなにも絡んでいただんだな~っていまさら思っています。

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 映画  「アズミ・ハルコは行方不明」 記者会見
海外の巨匠監督が魔法使いのようだと評価する蒼井優の演技力、そして今までとは全く違う破天荒な役を演じきる高畑充希に大注目の作品。

映画 「アズミ・ハルコは行方不明」は、12月3日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなる。

[記者: 堀越 健介]

© 2016 TIFF

◆記者会見概要

日時: 2016年10月30日(日)
会場: TOHOシネマズ六本木 スクリーン6
登壇者: 松居大悟(監督)、太賀(俳優)、葉山奨之(俳優)

[撮影: Cinema Art Online UK]

◆ストーリー

地方都市の寂れた国道沿いには、大型ショッピングモール、レンタルCDショップ、ファミレス、洋服店、どこにでもあるような典型的な店ばかりが並び、人々は退屈を持て余している。
そんな日常のある日、突然姿を消した独身OL安曇春子(28)。彼女が消えた街に、捜索願いのポスターをパロったグラフィティ・アートが不気味に拡散されていく。そして、無差別に男だけを標的に襲う謎の女子高生集団の出現。アズミ・ハルコの失踪をきっかけに交差するふたつのいたずら。
アズミ・ハルコはなぜ消えたのか・・・。

© 2016 「アズミ・ハルコは行方不明」 製作委員会

◆映画 「アズミ・ハルコは行方不明」 予告篇

© 2016 「アズミ・ハルコは行方不明」 製作委員会

◆映画作品情報

映画 「アズミ・ハルコは行方不明」 ポスター グラフィティアート邦題: 「アズミ・ハルコは行方不明」
英題: 「Japanese Girls Never Die」
出演: 蒼井 優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、加瀬 亮、菊池亜希子、山田真歩、落合モトキ、芹那
監督: 松居大悟
原作: 山内マリコ 「アズミ・ハルコは行方不明」 (幻冬舎文庫)
主題歌: チャットモンチー 「消えない星」
劇中アニメーション: ひらのりょう
音楽: 環ROY
配給: 株式会社ファントム・フィルム
第29回 東京国際映画祭 コンペティション部門出品作品
2016年 日本 / 日本語 カラー / 100分 / 映倫区分: PG12
© 2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

2016年12月3日(土)より、新宿武蔵野館ほかロードショー!

映画公式サイト
公式Facebook: https://www.facebook.com/azumiharuko/
公式Twitter: @azumi_haruko 

この記事の著者

堀越 健介

堀越 健介ライター/エディター

邦画、特にコメディがお好み。 気に入った映画の主題歌はとりあえず歌う。

★好きな映画
『バトル・ロワイアル』 [監督: 深作欣二 製作: 2000年]
『ウォーターボーイズ』 [監督: 矢口史靖 製作: 2001年]
『素敵な金縛り』 [監督: 三谷幸喜 製作: 2011年]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る