映画「トリガール!」完成披露試写イベントレポート

【写真】映画「トリガール!」完成披露試写イベント フォトセッション

映画「トリガール!」完成披露試写イベント開催!

土屋太鳳が飛んだ!
若手俳優陣大集結の『トリガール!』、公開に向けてテイクオフ!

「100回泣くこと」などで知られる人気作家中村航原作の「トリガール!」が、青春映画のミューズとなりつつある土屋太鳳を主演に迎え実写化。主人公ゆきなと敵対するヤンキーかぶれなガラスのハートの持ち主、坂場大志役を、シリアスな役柄からコミカルな役柄まで幅広く演じ分ける間宮祥太朗、ゆきなの憧れの先輩である高橋圭役を、今年だけでも6本の公開作が控える高杉真宙が熱演している。また、ゆきなの友人、島村和美役には池田エライザ、サークルをまとめる設計責任者古沢役には矢本悠馬と、今勢いに乗っている若手俳優陣が大集結した。

≪イベントレポート≫

9月1日(金)より全国公開となる人力飛行サークルを舞台にした、青春エンターテインメント映画『トリガール!』。公開に先駆けて完成披露試写イベントが7月17日(月・祝)に行われ、集まった500人のファンとともにテイクオフの瞬間を迎えた。「人力飛行機で空を飛ぶ」という映画の内容にちなんで、今回のイベントでは主演の土屋太鳳がステージ上のポップアップから登場!ちょうど昨年7月16日にクランクインし、熱い仲間と共に最高の夏を過ごした登壇者たちが、映画の魅力を思う存分熱く語った。

【写真】映画「トリガール!」完成披露試写イベント ゲスト登壇 (土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督)

観客の大きな歓声に迎えられながら登場する出演者たち。そんな中、土屋は「太鳳、飛びまーす!」という元気な掛け声とともに、ステージ上のポップアップから登場。度肝を抜く圧巻のパフォーマンスに会場は釘付けとなった。

【GIF画像】映画「トリガール!」完成披露試写イベント 土屋太鳳登場「太鳳、飛びまーす!」

早速話題は撮影時のエピソードトークに。ダンスは大の苦手だと話す間宮は「かわいかった」という会場の声に対し、「めちゃくちゃがんばってあのクオリティです。技術はないからテンションと顔で乗り切ったんだよ。」と必死のアピール。

また、撮影を振り返った英勉監督は「基本的にみんな言うことを聞いてくれない。よくあんなに変えてくれるなぁ。」とコメント。それに対して矢本は「役作りは基本的にほぼ監督と僕の悪ふざけ。劇中のしゃくれは監督の指示ではなく、本番でのアドリブだった。」と明かし、「クランクインでやったらずっとやり続けなきゃいけないので辛かったです。」と周囲を笑わせた。

【写真】映画「トリガール!」完成披露試写イベント  矢本悠馬&英勉監督

“台本通りにいかない男”として、特に自由なアドリブが炸裂していたことを指摘された間宮は「あれ、俺?」と納得のいかない模様。「俺、基本台本通りにやる男です。」と発言した間宮に対して英勉監督は大爆笑しながらも、「間宮君が太鳳を困らせて、それに太鳳が食らいついていくことでいい関係性が生まれていた。」と太鼓判。中でも印象に残っているシーンとして挙げられたのが、間宮が土屋をおんぶしたあとに落とすというシーン。「重いぞ、痩せろ!」という間宮のアドリブに対し土屋は、「そこそこスリムだろうが!」と返答。

この土屋の返答は心の叫びだったのではという間宮と英勉監督の予想に対し土屋は、「ちゃんと考えてアドリブを出したいけど、考えている時間がないので反射的に出たアドリブです。」と顔を赤らめながら告白。間宮のアドリブに対する動物的な土屋の返しが面白かったと撮影を振り返った間宮は、「よく言えば一瞬一瞬を切り取った初々しい作品です。」と楽しそうに語った。

【写真】映画「トリガール!」完成披露試写イベント 間宮祥太朗 & 土屋太鳳

続いてこの夏にがんばっちゃうことを宣言するというコーナーでは、池田が電子ドラムをがんばりたい、矢本がまだ実現できていない間宮との旅行を実現したいと具体的な目標を掲げる一方で高杉は、「今年は夏を感じていきたいです。」と回答すると、そのふわっとした回答にキャストから総つっこみが。それに対して高杉は「夏祭りとか、行くかわからないけどサーフィンとか。」と回答を改めるも、「サーフィンとか絶対行かないだろ。」と再びつっこまれるという展開に。

挙句の果てには「今年の夏は全員でUSJに行きたい。」という土屋の提案に対し、「夏祭りに行かなくてもUSJに行ければそれで・・・」と消極的な姿勢を見せ、周囲から笑いの声があがっていた。

【写真】映画「トリガール!」完成披露試写イベント 土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督

最後に土屋が「今日とうとう皆様を新たなTBTの一員として迎え、無事テイクオフを迎えることができました。自分を変えたい気持ち、夢中になれるなにかを見つけたい気持ちにパワーを与えてくれる作品になりました。酉年の夏は『トリガール!』、思いっきり飛んでください。」と締めくくり、終始笑いに包まれ、キャスト陣の仲のよさを感じられるイベントは幕を閉じた。

【写真】映画「トリガール!」完成披露試写イベント 土屋太鳳 挨拶

[撮影:Cinema Art Online UK / 記者:小森 萌菜]

 

イベント情報

<映画『トリガール!』完成披露試写イベント>

日時: 2017年7月17(月)
場所: イイノホール
登壇者: 土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督

映画作品情報

映画「トリガール!」メインカット

《ストーリー》

流されて流されて、なんとなく生きてきた、鳥山ゆきな。
一浪して入った理系大学では入学早々、理系のノリにカルチャーショック!
そんな時、一目惚れした高橋圭先輩に「いいカラダしてるね♥」と殺し文句で誘われるまま、フラフラと入部したサークルこそ、二人乗り人力飛行機で“鳥人間コンテスト”を目指す人力飛行サークル〈TBT〉だった!
憧れの圭先輩と2人っきりのパイロット班で、大空に羽ばたくはずが…ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。
こうしてゆきなの、恋よりもトキめく熱い夏が始まる!!

映画「トリガール!」ポスター

出演: 土屋太鳳、間宮祥太郎、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、前原 滉、佐生 雪、ナダル(コロコロチキチキペパーズ)、羽鳥慎一、轟二郎、ひこにゃん
 
原作: 中村 航「トリガール!」(角川文庫)
監督: 英 勉
脚本: 高橋 泉
音楽: 遠藤浩二
製作プロダクション: ダブ
配給: ショウゲート
製作: 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、読売テレビ、KADOKAWA、日本テレビ、中京テレビ、ダブ、福岡放送、札幌テレビ、ミヤギテレビ、静岡第一テレビ、広島テレビ、テレビ新潟、テレビ信州、テレビ金沢、西日本放送、熊本県民テレビ、鹿児島読売テレビ

© 2017「トリガール!」製作委員会

映画『トリガール!』
2017年9月1日(金) TOHOシネマズ 新宿他、全国ロードショー!

映画公式サイト
公式Twitter: @torigirl_movie

この記事の著者

小森 萌菜

小森 萌菜シネマレポーター/ライター

幼いころから映画に親しみ、映画『プラダ着た悪魔』をきっかけに洋画の世界に惹きこまれていく。休日は洋画邦画共に幅広いジャンルの映画を鑑賞して過ごしている。

★好きな映画
『プラダを着た悪魔』 (The Devil Wears Prada) [監督: デヴィッド・フランケル 製作: 2006年/米]
『あと1センチの恋』 (Love,Rosie) [監督: クリスチャン・ディッター 製作: 2014年/英・独]
『バーレスク』 (Burlesque) [監督: スティーヴ・アンティン 製作: 2010年/米]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る