映画「関ヶ原」完成披露イベント&舞台挨拶レポート

【写真】映画「関ヶ原」完成披露イベント フォトセッション 7.18

映画『関ヶ原』完成披露イベント&舞台挨拶開催!

有村架純、“岡田”三成を斬っちゃった?!
誰も笑わない本気で熱い合戦シーンなど、裏ばなし続々登場!!

累計部数620万部を突破した司馬遼太郎の国民的ベストセラー『関ヶ原』を、原田眞人監督が初めてスクリーンに映し出した、映画『関ヶ原』が8月26日に公開される。

その完成披露イベントがアーバンドックららぽーと豊洲で、舞台挨拶がユナイテッド・シネマ豊洲で7月18日(火)に行われた。原田眞人監督を初め、主人公の石田三成を演じた岡田准一、三成の右腕“島左近”役の平岳大、合戦の命運を握る“小早川秀秋”役の東出昌大、“豊臣秀吉”役の滝藤賢一、“前田利家”役の西岡德馬、そして三成の最大のライバル“徳川家康”を演じた役所広司ら武将陣に加え、家康に寵愛された忍び“蛇白/阿茶”役の伊藤歩、本作が本格時代劇初出演であり三成に仕える忍び“初芽”役の有村架純が登壇した。

完成披露イベントレポート

完成披露記念イベントは、屋外開催にも関わらず激しい雷雨に見舞われ、影響が心配された。しかし、始まる15分ほど前から晴れ間が見え初め、開始時にはついに青空が広がった。待ち望んでいた多くのファンの期待が高まる中、ほら貝と大砲が鳴り響き「いざ、出陣です!」のかけ声を合図に、監督と出演陣が大歓声に包まれ堂々と登場した。

【写真】映画「関ヶ原」完成披露イベント 7.18

一言ずつ挨拶をする前に、有村を筆頭に出演陣からは、まるで伝言ゲームのように「皆さん、雨は大丈夫でしたか?」と観客を気づかう言葉が送られた。

自分の番になった役所が、その言葉なく挨拶を始めた岡田を冗談めかして「主演は(雨の中待ってくれた観客に対する)気づかいにかけている奴ですが」と言い、会場の笑いを誘った。岡田から困ったように「もう一度僕、言い直してもいいですか?」と登場のやり直しを求める声が上がると、会場はドッと笑いに包まれ、出演者の仲の良さを伺わせた。原田監督は、映画『関ヶ原』の中でも雨は効果的に降ってくれた、映画の神様が『関ヶ原』を応援してくれる時は、雨を降らせてくれる時だ、と雨を祝福した。

 

映画の公開に際し、岡田は「誰も挑戦し得なかった司馬遼太郎先生の『関ヶ原』を完成でき、皆さんに伝えられることをとても嬉しく思います。大好きな俳優さんや尊敬する方々とお仕事ができて幸せでした」と微笑んだ。なぜ今『関ヶ原』を映画化したいと思ったのか、そしてなぜ今、三成の物語が我々の胸を打つのだと思うかという質問に対し、原田監督は「今このキャストだからこそです。岡田さんが三成という役を演じられる年までずっと待っていた、そういうことでしょう。なぜ胸を打つのか、今の政治家があまりに情けなく、正義がないからです。今の日本にはこういう(三成のような)人がほしいと、観る人は思いに浸ると思います。石田三成は、今こそ再評価されるべき人です」と熱く語った。

【写真】映画「関ヶ原」完成披露イベント 原田眞人監督 挨拶

完成した映画を観て、どのような感想を持ったか問われると、岡田は「原田監督とお仕事ができて嬉しかったです。若い頃に、先輩方に時代物ができるような役者になってほしいと言って頂きました。そんな、諸先輩方にも観て頂きたいと心から思える映画を原田監督に撮って頂けたことに涙が出ます。出演できてよかった、と心から思える作品になりました」と胸を張った。「本当にスケールが大きく圧倒されて観ました。関ヶ原の戦いの6時間は圧巻です」と有村。

【写真】映画「関ヶ原」完成披露イベント 有村架純 挨拶

 

平は「合戦のシーンはド迫力なのですが、とても美しい映画です。普段は入れない様な貴重な場所でロケをし、ここはどこの国だと思うほどです」と撮影を振り返った。

岡田と同じく、大の原作ファンだという東出は「登場人物、一人一人が生きていると感じます。決してわかりやす過ぎず、2回、3回と観たくなるような映画になりました。原作ファンにも“ああ、これだ『関ヶ原』は”と思ってもらえる素晴らしい映画になっていると思います」と熱を込めた。

 

「出演者、皆さん大絶賛していますが、私も大絶賛です(笑)エキストラの皆さんの動きも素晴らしかったです」と伊藤。滝藤は「脚本の時点で面白かったのですが映画になって、より駆け引きや腹の探り合いが凄まじい勢いで進んでいくのが、本当に面白かったです。本当に!」と力強く語った。

「映画の中でも“一人はみんなのために、みんなは一人のために”、とあるようにみんなで一丸となって作った作品です」と西岡。

役所は「独特の戦国映画になっていると思います。何回観ても新しい発見があるのがいい映画だと思うのですが、まさしくこの映画はそうなっていると思います」と自信を覗かせた。

 

イベント最後は「数年立っても色あせない映画ができたと思います。ぜひ劇場でご覧ください」と岡田が締めくくった。

完成披露舞台挨拶レポート

完成披露イベントが終了すると、会場を劇場内に移し、舞台挨拶が行われた。撮影時、印象に残っているエピソードについて問われると、岡田は「監督はすごく怒る人で有名なんです。平さんは“あんなに怒られたのは中学生の部活以来だ”と言っていました」とピリッとしまる現場の様子を振り返った。また、合戦のシーンについて「エキストラが誰も笑っていないのが驚きでした。“笑わないでください”と注意が起こるのが通常なのに、この映画では合戦シーンで誰一人笑っていません。歴史好きが集まっていたんだと思います」と岡田。

【写真】映画「関ヶ原」完成披露舞台挨拶 有村架純

「舞台でしかアクションを経験したことがありませんでした。あるシーンで、ハプニングがあり、岡田さんのおでこにぽんと刀をあててしまった。あの時は本当にすみませんでした」と恐縮する有村に、岡田は「普通に切られていますが、後ろから撮っているのでみんなわからないと思います」と笑顔を見せた。

「毎日が戦いでした。途中から俺たち勝てるんじゃないかなと思うくらい」と言う平に「西軍、つまり石田三成は負けますが、俺たち勝てるんじゃないかと盛り上がっていました」と岡田も同調した。

【写真】映画「関ヶ原」完成披露舞台挨拶 平岳大

滝藤は「メイクが特殊メイクで長かったです。4、5時間はやっていました。暑かったですけど、本当に楽しかったですね」と目を輝かせた。

原田監督と仕事をすることを熱望していたという西岡は「原田監督と一度仕事をしてみたかったので、緊張感を持っていました。現場で大きな怒鳴り声が聞こえて、おい、誰が怒鳴っているんだよ、と言っていたらなんと監督だったんです。一般の方が入れる撮影の際にも、僕の中ではOKを出してもらえるかどうか、敵は原田だって感じでしたね」と語り、原田監督は「合戦シーンが恐らく大変なことになるだろうなという予感がありました。自分も相当エキサイトしていて、一群の将のような気持ちでした。映画の原点である男が女に会ってからこの映画もはじまります。いくら関ヶ原でも三成と初芽、そんな二人の関係性を崩してはいけない、そう考えていました。その一つが音楽です。現場では聞けなかった音楽を色々考えて、東洋と西洋の出会いなど、音楽にいつも悩んでいたという記憶があります」と明かした。

演じたキャラクターの魅力について聞かれると、「石田三成は、負けた敗戦の将と言われてきました。本当の三成像は、もしかしたら描かれてこなかった部分もあったと思います。人間・石田三成、をこだわって演じました」と岡田。

東出も「秀吉がギリの父のような存在である秀秋は、秀吉に実の息子ができるとさっさと小早川家に出されてしまいます。これまで言われ続けてきた裏切者・軟弱者としての小早川秀秋ではなく、自分の生まれを呪っている精神的な揺れ、新しい人物像を原田監督は深めてくれたと思い、新しい小早川秀秋に出会えたようで嬉しいです」と語った。

【写真】映画「関ヶ原」完成披露舞台挨拶 東出昌大

役者人生初の徳川家康を演じた役所は「(家康の魅力は)たくさんあるんでしょうが、映画としては三成と逆のキャラクターでいたいと思いました。魅力の一つが度量の広さ、家康のような人は会社の社長さんにするといい手本となる人です。まずは部下の意見を聞くとか、その我慢強さとか、企業戦士たちが観ると非常に参考になると思います」と家康の魅力を現代社会になぞらえて見所を語った。

【写真】映画「関ヶ原」完成披露舞台挨拶 役所広司

 

最後に、主演の岡田から観客への挨拶で舞台挨拶は締めくくられた。「これから(映画を)観て頂くということで、面白ければぜひたくさんの方に勧めていただけたら嬉しいです。また、公開したらぜひ劇場でも観て頂ければと思います。『関ヶ原』をどうぞよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」

[記者: 宮﨑 千尋 / 撮影: 久保 昌美]

イベント情報

<映画『関ヶ原』完成披露試写イベント&舞台挨拶>

■日時: 2017年7月18日(火)
■完成披露イベント会場: アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ
■完成披露舞台挨拶会場: ユナイテッド・シネマ豊洲 スクリーン10
■登壇者: 岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、滝藤賢一、 西岡德馬、役所広司、原田眞人監督

映画作品情報

映画「関ヶ原」8.26 メインビジュアル

日本の未来を決した、わずか6時間の戦い。
誰もが知る「関ヶ原」の誰も知らない真実―
 
構想25年!日本映画史上、初めて「関ヶ原の戦い」がスクリーンに!
史上最大のスペクタクル・アクション、遂に登場!!
 
出演: 岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、役所広司 
監督/脚本: 原田眞人  
原作: 司馬遼太郎「関ケ原」(新潮文庫刊)
製作:「関ヶ原」製作委員会
配給: 東宝=アスミック・エース

©2017「関ヶ原」製作委員会

2017年8月26日(土) 全国ロードショー!
映画公式サイト
公式Twitter: @sekigaharamovie
公式Facebook: https://www.facebook.com/sekigahara.movie

この記事の著者

宮﨑 千尋

宮﨑 千尋ライター

一番古い映画に関する記憶は、姉と「天使にラブソングを...」ごっこをして遊んだこと。
10代後半でひとり暮らしを始めてから、ひとり映画にどっぷりはまっている。
映画館の独特な雰囲気を好み、休みの日にはミニシアターや小さなカフェで行われる自主上映にも足を運んでいる。

★好きな映画
『天使にラブソングを...』 (Sister Act) [監督: Emile Ardolino 製作:1992年/米]
『アバウトタイム~愛おしい時間について~』 (ABOUT TIME) [監督: Richard Curtis 製作: 2013年/英]
『シックスセンス』 (The Sixth Sense) [監督: M. Night Shyamalan 製作: 1999年/米]

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

God Willing

2015-11-15

映画 「神様の思し召し」 (Se Dio Vuole)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る