映画『桜ノ雨』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『桜ノ雨』公開初日舞台挨拶

映画『桜ノ雨』公開初日舞台挨拶

山本舞香「今、多分、世界で一番幸せ」
卒業証書授与&監督からの手紙のサプライズに涙!

3月5日(土)、映画『桜ノ雨』が公開初日を迎え、シネマート新宿での初回上映後に、ウエダアツシ監督、主演の山本舞香、久松郁実、浅香航大、広田亮平、ウエダアツシ監督が登壇し、舞台挨拶が行われた。

本作で初主演の大役を果たした山本舞香にサプライズで卒業証書授与式とウエダアツシ監督から門出を祝う手紙の朗読が行われ、山本舞香は「今、多分、世界で一番幸せ」と、感動の涙を流す場面もあった。

[記者: Cinema Art Online UK / スチール撮影:Naoto Hiramoto]

イベント情報

<映画『桜ノ雨』公開初日会舞台挨拶>

■開催日: 2016年3月5日(土)13:35~14:05(上映後)
■会場: シネマート新宿 
■登壇者: 山本舞香、浅香航大、広田亮平、久松郁実、ウエダアツシ監督

映画『桜ノ雨』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『桜ノ雨』ポスタービジュアル

《作品紹介》

420万回再生を誇る、ニコニコ動画の永遠の名曲「桜ノ雨」。ボーカロイド楽曲で火がつき、発表以来、多くの賛辞を集め、中学校・高校卒業式の定番ソングになった感動の神曲、実写映画化。ストーリーの原作となったのは、発行部数20万部、曲の世界観を小説化して大ヒットした「桜ノ雨」(2012年2月 PHP研究所)。小説は楽曲の制作者halyosy自身が原作・原案として参加し、以前から構想していたVOCALOIDキャラの学園生活を軸に「音浜高校合唱部」を舞台に、学園の四季を綴る青春群像劇。

【画像】映画『桜ノ雨』メインカット

第28回 東京国際映画祭(TIFF) パノラマ部門 出品作品

出演: 山本舞香、浅香航大
広田亮平、久松郁実 / 三浦透子、井上由貴、中村大樹、きそひろこ / 田畑智子、奥貫 薫
 
原作/原案: halyosy
製作総指揮: 吉田尚剛
脚本: 小林弘利
監督: ウエダアツシ
企画/配給: AMGエンタテインメント
制作プロダクション: デジタル・フロンティア
2015年 / 日本 / 日本語 / カラー / 96分
© 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会
 

映画公式サイト

公式Twitter: @sakuraame_movie
公式Facebook: @sakuranoame.movie

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

ページ上部へ戻る