映画「PとJK」初日舞台挨拶イベントレポート

映画「PとJK」公開初日舞台挨拶 フォトセッション

映画『PとJK』初日舞台挨拶イベントレポート

今だから言えるぶちゃけエピソードを披露!亀梨和也は松岡修造みたいに熱かった!?

累計310万部突破の三次マキ原作の大人気コミック「PとJK」が女子高生から話題沸騰し、待望の映画化! 仕事にまじめな警察官=Pと真っ直ぐでピュアな女子高生=JKという出会うはずのない二人が運命のイタズラで恋におちる。一緒にいるために二人が出した究極の選択とはー。出会い、結婚、同居、女子高生の憧れ全てが詰まったラブストーリーが誕生した。

3月25日(土)、新宿ピカデリーにて初日舞台挨拶が行われ、亀梨和也、土屋太鳳、玉城ティナ、高杉真宙、廣木隆一監督という豪華メンバーが登壇。そして、今回なんとライブビューイングが導入され、全国135館の映画館でライブ中継された。

≪イベントレポート≫

仕事にまじめな警察官・佐賀野功太を演じた亀梨和也は「沢山のお客様がいらして下さったことを本当に感謝してますし、今日は全国にも放映されるということで、初めての経験なので緊張しています。」と挨拶。続いて、真っ直ぐでピュアな女子高生・本谷歌子を演じた土屋太鳳は「桜の開花宣言が出ましたけど、PとJKという素敵なお花が全国で開花することを心から願ってます。」と季節にかけた巧妙な言葉で観客を驚かせた。

映画「PとJK」公開初日舞台挨拶 土屋太鳳

 

歌子のクラスメイト・大神平助を演じた高杉真宙は「撮影したものがこうやって公開されていくのは凄く緊張します。いよいよ皆さんに演じた大神平助を見ていただけるということで、しっかりと頑張ったので楽しんで見ていただけたらと思います。」とマイクを下げて喋り始めるという緊張を見せた。歌子の大親友・ミカドを演じた玉城ティナは「初日ということでだんだんと実感が湧いてきています。」と落ち着いて挨拶。また、本作品でメガホンを取った廣木隆一監督は「今日からPとJKが始まるんで、今日はちょっとみんなで。ね?ね?」と言葉がなくても意気投合をするというキャスト陣と監督の仲の良さが伺える挨拶をした。

映画「PとJK」公開初日舞台挨拶 高杉真宙
 

初日を迎えた感想を「まだ公開したばかりでこれだけ沢山の人に劇場におこしいただいたのは、本当に感謝ですね。」という亀梨に続き「よく見てくださるお客様が舞台を見て凄くキラキラしてましたと言って下さる方が多いんですけど、いつも舞台上からお客様の顔を見させていただくと、笑顔でキラキラしていて、このような舞台挨拶という機会は大事だなって思います。」と夫婦を演じたからこその二人の息の合ったコメントとなった。

立場の違う年の差夫婦を演じた二人に撮影前と撮影後の印象の変化についての質問では「太鳳ちゃんのことをテレビで見ていたり、他の方から聞く印象と変わらずにまっすぐで純粋で人としてちゃんとしている方だなと思いました。ちょっと天然というか、独特の空気感が凄く魅力的な方だなと改めて感じながら、いつも会う度に人として凄いキレイな気持ちになって帰らせて貰ってます。」と妻役を演じた土屋太鳳をべた褒めした。一方土屋は「最初の亀梨さんの印象はクールな印象が強かったんですけど、実際お会いすると元気で優しく、面白くて、松岡修造さんに会ったときと同じくらいの衝撃を受けました。」と意外な方の突然の例えに会場が盛り上がった。また、自分が相手役でいいのか大先輩の亀梨を前に迷いがあったことも明かした。

映画「PとJK」公開初日舞台挨拶 土屋太鳳

 

そして、ここで突然の土屋からの提案で亀梨へ感謝を伝えることになり「仕事をしていく姿勢や考え方がエンターテイナーとして、人として大切にすべきことを温かく教えてくださったので、頂いた記憶と時間は本当に一生大切にします!本当にありがとうございました。」と述べた。

プロモーションのために全国の様々な場所を回ったキャスト陣に各地でのエピソードが質問されると、「今回のこの映画がオール北海道ロケということで、思い入れの深い土地になりました。映画が公開されてロケで使わせていただいた場所が皆さんの行ってみたい場所になってくれたら嬉しいです。」と北海道から大阪までも回った亀梨。「函館は夜景がすごく有名ですが、ナイトシーンが多くて撮影の最後の方まで函館の夜景が見れなかったです。でも、クランクアップの何日か前に功太くんが今だ!行こう!と言ってくださって、スタッフさん方も一緒に見に行けて良かったです。」と土屋。撮影中に二十歳の誕生日を迎えた高杉は「函館でボコボコにされた顔で誕生日を祝っていただいて、すごく印象的なたんじょうびになりました。撮影を北海道でしてる中でも19歳のシーンと20歳のシーンがあって、ここで迎えられて良かったと思いました。」

映画「PとJK」公開初日舞台挨拶 玉城ティナ

 

二週間滞在し、オフの日に町に散歩に出てたという玉城は「函館の雰囲気をたくさん見れて、この映画にもその雰囲気が出てるので観てほしいです。」 と話した。

最後にこれから映画を観る皆さんへ廣木監督は「北海道のロケのときの地元の高校生の芝居や熱気を感じ取ってくれたら嬉しいです。きっと終わった後に笑顔で帰れるので、最後までちゃんと観てください。」とメッセージを送り、土屋は「本編の中では私はお嫁に行く娘を演じていますが、今日は大切な娘をお嫁に出す母の気持ちです。PとJKという映画はほんとにたくさんの方の愛情によって育ちました。どうか末永く愛してください。」と思いを語った。

映画「PとJK」公開初日舞台挨拶 廣木隆一監督

亀梨は「昨年の夏からスタッフの皆さんとキャストのみんなでたくさんの愛情を注ぎ込んでつくらしていただきました。今日という日から皆さんのぬくもりで更にこの作品が育ってくことを願っています。恋愛映画ではあるんだけど、それぞれのキャラクターの成長物語でもあると感じて、改めて人を思う大切な気持ちを皆さんに感じてもらえると思っています。皆さんも優しく僕たちのかわいいPとJKを包んであげてください。」と観客の皆さんに挨拶し、ライブビューイングで観覧中の全国の皆さんへ「廣木監督のもととても素敵な映画が完成しました。今日から皆さんの手元で大きく育ってくれたと願っております。」とメッセージを送り舞台挨拶を締めくくった。

[撮影: Cinema Art Online UK / 記者: Jaemimi]

 

イベント情報

<映画『PとJK』初日舞台挨拶>

日時: 2017年3月25日(土)
場所: 新宿ピカデリー スクリーン1
登壇者: 亀梨和也、土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、廣木隆一監督

映画作品情報

映画「PとJK」(Police & Jyoshi Kousei ) 土屋太鳳

別冊フレンドで連載中の大人気作「PとJK」が待望の実写化!

仕事に真面目な警察官・功太と、ピュアで真っ直ぐな女子高生・カコが織りなすキュートで愛らしい物語。
『ストロボ・エッジ』『オオカミ少女と黒王子』など話題作を多数手掛けるヒットメーカー・廣木隆一監督がメガホンを取り、亀梨和也×土屋太鳳という豪華カップリングが実現!
2017年春、最高にハッピーな気持ちになれる感動ラブストーリーが誕生した。

出演者: 亀梨和也、土屋太鳳
高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、村上淳、ともさかりえ、大政絢、田口トモロヲ
 
原作: 三次マキ『PとJK』(講談社「別冊フレンド」連載)
監督: 廣木隆一
脚本: 吉川菜美
音楽: 大橋好規
配給: 松竹株式会社
公開日: 2017年3月25日
©2017「PとJK」製作委員会
 
映画『PとJK』全国大ヒット上映中
 

映画公式サイト
公式Twitter: @ptojk_movie

この記事の著者

じぇみみ

じぇみみシネマレポーター/ライター

ペンネーム:じぇみみ
1998年4月5日生まれ。
10代にオススメしたい映画を広めるべく芸能人のインタビューやライター活動をするとともに、韓国ファッションや韓国の情報を広めることを目標としている。
Twitter: @smailyuyu
Instagram: jaemimi_dora

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る