映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (吉田凜音、久間田琳加、中山咲月、内田珠鈴、横田真悠、西岡徳馬、進藤丈広監督)

映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』
公開初日舞台挨拶

吉田凜音&久間田琳加、ビンタのシーンは監督の顔で練習したことも…!?

原宿の大人気双子コーデカリスマ「ヌヌ子」として活動している田原葵(吉田凜音)と三好里奈(久間田琳加)が原宿の街を舞台に葛藤を抱えながらも夢と友情を追いかける極彩色青春ムービー『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』が11月16日(金)に全国公開を迎えた。

【画像】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』メインカット

公開を記念して初日舞台挨拶がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、W主演の吉田凛音と久間田琳加、共演の中山咲月、内田珠鈴、横田真悠、西岡徳馬、そして進藤丈広監督が登壇した。

イベントレポート

MCの呼び込みで上映前のスクリーンにキャスト、監督が登壇すると、客席からは沢山の黄色い歓声が鳴り響いた。吉田は「皆さん来てくださってありがとうございます。今日は皆さん楽しんでいってください」、久間田は「ついに全国公開ということですごくドキドキしているんですけど、たくさんのJKが来てくれて嬉しいです!」と観客に向け挨拶した。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (内田珠鈴、中山咲月、久間田琳加、吉田凜音、横田真悠、西岡徳馬)

原宿で大人気の双子コーデタレント「ヌヌ子」として活動している、田原葵と三好里奈を演じた吉田と久間田は役が決まったとき何か準備したかと聞かれると吉田は「吉田凛音と久間田琳加プラス里奈と葵をプラスして役を作っていった」と話し、久間田は「役を演じる前に監督を交えて練習をしたり、個人で練習したりとか結構回数を重ねて練習した」と撮影を振り返った。

 

MCから喧嘩するシーンについて聞かると久間田は「普段仲いいからこそ喧嘩とかほんとにしたことがなくてもちろんお互いビンタもしたことがない」とプライベートについて話した。進藤監督から「ほかの人にはビンタしたことあるの?」と聞かれた吉田と久間田は声を合わせて「ないですよ!」と言い、監督から「撮影のときにビンタを失敗したらやだから、僕の顔で久間田さんが何回もビンタしてる映像がある」と撮影秘話を明かし会場の笑いを誘った。ビンタのシーンの撮影は二人とも緊張感があって撮影後もお互いピリピリしていたと振り返っていた。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (久間田琳加、吉田凜音、横田真悠、西岡徳馬、進藤丈広監督)

吉田凛音、監督にビンタ…!?

MCが舞台挨拶前に進藤監督が「凛音ちゃんに殴られたい」と話していたと暴露すると、会場からは拍手が起こり、監督はビンタされる気満々!すでに眼鏡を外していた。

吉田は「私でいいんですか?」と動揺しつつも監督を優しくビンタする場面も!ビンタされた感想を求められた監督は「あの頃よりビンタが上手くなっていたので、撮影後にまた違う人をビンタしたのかな?」とコメントし、笑いを誘った。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (吉田凜音、進藤丈広監督へビンタ!)

衣装のスタイリストをした本田翼について吉田は「本当に優しい方で、33着くらい毎シーン服が違って、ヌヌ子らしさ全開でかわいいお洋服をたくさん着れた」と話し、久間田は「こういった形で本田さんと関われてよかった」と撮影を振り返った。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (久間田琳加、吉田凜音)

中山咲月、葵と里奈どちらが好み?!

人気バンドマンの久保昭久を演じた中山に「葵・里奈どちらが好みか?」と問われると中山は「二人とも良さが違うんです。私自身葵との絡みが何度かあったんですが、完成した作品をみて琳加ちゃんの役も素敵だし…」と悩みながらも「正直なところ、葵ちゃんです」と告白。これに吉田は「イエーイ!!」と喜び、久間田は「(中山が)“正直なところ”って言った時に私のほう見たのに!」とショックを受けた様子を見せた。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (内田珠鈴、中山咲月、久間田琳加、吉田凜音)

本作が映画初出演となった内田は「普段は歌を歌ったりしているので自分として人前に出ることが多くて、今回役になりきるのは難しかったけど、とても楽しかった」と初めての演技の感想を述べた。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (内田珠鈴)

吉田、久間田の演技について西岡は…?

MCから吉田と久間田の演技について聞かれた西岡は「演技してたんですか?」ととぼけながら二人の演技について「そのまんまだと思う。今の話し方もヌヌ子の二人そのままでとても自然な演技」と称賛していた。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (西岡徳馬)

自身の演じたハイジについては、「今回はハードボイルドでやらせてもらいました」と会場を笑いに包み、「私もあの二人と同じようにそのまんまでやらせてもらった(笑)。喋り方がプロダクションの社長に似ていてそれを真似した」と話した。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (久間田琳加、吉田凜音、横田真悠、西岡徳馬)

劇中でヌヌ子の二人が憧れるカリスマモデル・清美サリーを演じ、内田と同じく映画初出演の横田は「何もかもわからない状態で出させてもらって、演じる上で自分の憧れているモデルを想像した」とコメント。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (横田真悠)

全国でのロードショーについて進藤監督は「工夫して撮影はしてるが、出てくる魅力的な登場人物に注目して観てもらいたい」と映画の見どころを語った。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (進藤丈広監督)

最後に、久間田は「今日はみなさん来てくださってありがとうございます。全国公開になって嬉しいです!」と観客への感謝と初主演映画が公開を迎えた気持ちをコメント。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (久間田琳加)

同じく吉田も「私たちの主演映画が全国公開になって嬉しいです。楽しんでいってください」と締めくくり、大歓声の中、舞台挨拶は終了した。

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (吉田凜音)

[スチール撮影:Cinema Art Online UK / 記者: 井上 綾乃]

 

イベント情報

<映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶>

■日程: 2018年11月16日(金)
■場所: ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
■登壇者: 吉田凜音、久間田琳加、中山咲月、内田珠鈴、横田真悠、西岡徳馬、進藤丈広監督
■MC: AKI

【写真】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』公開初日舞台挨拶 (内田珠鈴、中山咲月、久間田琳加、吉田凜音、横田真悠、西岡徳馬)

映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』ポスタービジュアル

《ストーリー》

原宿で大人気の双子コーデカリスマ「ヌヌ子」として活動している、三好里奈と田原葵。二人の仲の良さは折り紙付き、何をやるにも一緒、どこへ行くにもいつも一緒だった。三好里奈はルックスが抜群に良く、現実主義な女の子。一方葵は元気いっぱい、夢に向かって全力、ちょっと空回りな女の子。

2人のヌヌ子としての活動は、原宿の不思議な年齢不詳・職業不詳の芸能ブローカー的な存在、ハイジの引き合わせで、人気バンド「オリオン」のミュージックビデオに出演することが決まり、順調に見えた。

しかし、MVが映像として完成した時、そこに写っていたのは、ほとんど三好里奈だった……
ずっと一緒、ずっと仲良し、ずっと同じ夢「ヌヌ子」に向かって戦ってきた2人の間に、いずれ大きく2人の間に立ちはだかる壁となってしまう、不穏な空気がただよっていく。

追い打ちをかけるように、圧倒的カリスマモデル、清美サリーが所属する芸能事務所に一人だけスカウトされた里奈。
対照に葵は何をするにも空回り。夢と現実とのギャップ、里奈と自分とのギャップに苦しんでいく。

一方で里奈は、単なるモデルとして美貌を誇るだけではなく、「世界を変える」と豪語する圧倒的カリスマモデル清美サリーと自分を比較し、自信を無くしていく……
ヌヌ子として一緒に行動することは、ほとんどなくなっていった。

大切なものは何か、自分とは何か。
純粋だった女の子たちが、社会の荒波にもまれ、いろいろな壁にぶち当たり、悩み、戦っていく。

 
出演:吉田凜音、久間田琳加、中山咲月、糸瀬七葉、横田真悠、西岡德馬
 
企画・プロデュース: 深川栄洋
監督: 進藤丈広
製作: 新岡辰徳 宇野隆史
企画協力: 向日葵
プロデューサー: 大日方教史、原田信
アソシエイトプロデューサー: 後藤正好、落合拓弥
共同プロデューサー: 和田有啓
脚本: 濱田真和
音楽: 嘉屋正 高橋一行
撮影: 中村夏葉
照明: 渡辺大介
録音: 林大輔
美術: 黒瀧きみえ
装飾: 石渡由美、寺尾淳
ヌヌ子スタイリング: 本田翼
スタイリスト: 浜辺みさき
ヘアメイクアドバイザー: 竹下フミ
編集: 田巻源太
音響効果: 斎藤昌利
選曲: 佐藤啓
スクリプター: 杉山昌子
助監督: 浅利宏
制作担当: 倉又由一
題字: 宮沢光華
製作: SAIGATE Inc.
制作プロダクション: U.F.O. カンパニー
配給: SAIGATE Inc.・U.F.O.カンパニー
© 2018 SAIGATE Inc.
 
2018年11月9日(金) 渋谷先行・11月16日(金) 全国ロードショー!

メイン館:
11月9日(金) ~ 渋谷 シネクイント
11月16日(金) ~ ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場

 
映画公式サイト
公式Twitter: @nunukonoseisen #ヌヌ子
公式Instagram: @nunukonoseisen

この記事の著者

井上 綾乃

井上 綾乃シネマティーンズオンライン所属 ライター/フォトグラファー

2002年生まれ。
映画が昔から好きで、一番好きな映画は『イニシエーション・ラブ』(2015年)。普段は邦画を中心に鑑賞している。
現在、撮影スキルを磨きつつ、映画イベントの取材でスチール撮影にも挑戦している。

Instagram: @__a_ayano_no__

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る