映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミアレポート

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』

ジャパンプレミア開催!

シュワルツェネッガーのイケメン長男が初主演!
サービス精神にあふれた対応にファンは大喜び。
「I’ll be back」と再来日を約束!!

5月11日(金)に公開される映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』のジャパンプレミアが4月19日(木)東京・新宿ピカデリーで開催され、初主演を務めたパトリック・シュワルツェネッガーが登壇した。

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

本作はYUI主演で大ヒットとなった日本映画『タイヨウのうた』(2006年)のリメイク版。少しでも太陽光にあたると命に関わる難病・色素性乾皮症(XP)を患うヒロインの最初で最後の恋を描く。ヒロインと恋に落ちる青年チャーリーを演じたパトリック・シュワルツェネッガーはアーノルド・シュワルツェネッガーの息子で、メジャー映画への出演は今回が初となる。アスリートとしての挫折を味わいながらも、キュートな笑顔でケイティを支え、真っ直ぐに愛を注ぐチャーリーを好演した。

【画像】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』

イベントレポート

パトリックは満員の観客の目を奪われて段差につまずき、少し恥ずかしそうに登壇。日本語で「はじめまして。パトリック・シュワルツェネッガーです」とあいさつし、ファンの盛大な拍手を送ると「サンキュー」とにっこり笑った。そして、来日は3回目であることを明かし、「今回は特別です。日本のみなさんにはオリジナルでお馴染みの作品のアメリカ版を持ってこられたことが幸せで、みなさんがここに来てくれたことがうれしい。何か質問があれば」と客席に呼びかけ、いきなりファンへの旺盛なサービス精神を発揮した。

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

オリジナル作品で主演を務めたYUIと会ったことをMCから振られると「とてもきれいで素敵な人」と褒めた。今は音楽活動に取り組み、バンドでツアーに回っているYUIのパフォーマンスを見に来たいとコメントしてから、YUIがこの作品を見て泣いたことを明かした。共演したベラの印象を尋ねられると「美しくて才能がある人。とても楽しい経験だった。彼女も一緒に来たかったと思います。みなさんがこの映画を楽しんでくれることを願っているでしょう」と語った。

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

また、父であるアーノルドからアドバイスを受けたかと聞かれると、自分は父親にとって息子であるだけでなく弟子でもあるとし、「夢は大きく持って、そのために努力することが大事。目標を定めて、そのために日々精進する。ほかの人に無理だと止められても諦めずに、やりたいことに向かって突き進むよう、父はいつも僕に言ってくれています」と話した。

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

また観客からの質問を受け、昨年12月には「ナショナル ジオ グラフィック」でイラク戦争が背景のドラマに出演したといい、アウトドア好きで休日にはハイキングやビーチに行ったり、自転車に乗ったりしていることを明かした。「家族と過ごすことを一番大事にしている」と話す姿から育ちの良さが伝わってきた。

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

ここで映画の大ヒットを祈願して、パトリックが書道にチャレンジ。カタカナで「パトリック」と書いた。初めてとは思えない達筆な文字に本人も満足し、「これ、欲しい人、いらっしゃいますか?」と発言するや否や、会場からは「はーい」という黄色い声と手があちこちから上がった。

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

続くフォトセッションはパトリックが客席に入り、ひまわりの花を持つファンと一緒に行われた。パトリックは移動の際、1列目に並ぶ観客一人一人と握手。ここでも旺盛なサービス精神を発揮した。

最後に「みなさんが応援してくださることがうれしいです。5月11日公開です。忘れないでください。Love Tokyo Love Japan」と締めくくったが、MCから父親の決めセリフも求められ「I’ll be back!」と応えた。さらにイベントが終了しても、詰め掛けたファンにサインやハグ、写真撮影を求められると快く応じていた。

[スチール撮影: 坂本 貴光 / 記者: 堀木 三紀]

イベント概要

<映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア>

■日時: 4月19日(木)
■場所: 新宿ピカデリー スクリーン3
■登壇者: パトリック・シュワルツェネッガー

【写真】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア パトリック・シュワルツネェガー

映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ポスタービジュアル

《ストーリー》

17歳のケイティ・プライス(ベラ・ソーン)は、幼い頃に太陽の光にあたれない難病・色素性乾皮症(XP)と診断され、太陽を避けて孤独に過ごしてきた。昼間は家から出られず、ギターを片手に曲を作り、詞を書いて日々を過ごしている。太陽が沈むのを待ち、暗くなってからギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことが彼女の日課だ。

ケイティの唯一の話し相手は、誰よりも愛情を注いでくれる父のジャック(ロブ・リグル)と、学校が終わると毎日のように家を訪ねて来てくれる親友のモルガン(クイン・シェパード)だけだったが、ある日、家の前を行き来するチャーリー・リード(パトリック・シュワルツェネッガー)を見て、ケイティは彼に恋をする。窓越しに見つめるだけの片想い。特別な遮蔽が施された窓から毎日、何年もチャーリーの姿を追いかけていた。自分も彼のように普通の人生を送ることができたら……叶わぬ願いを抱きながら。

ケイティがいつものように地元の駅で演奏をしていると、その歌声に引き寄せられチャーリーが駅にやって来る。初めてケイティを見た彼は一目で彼女に夢中になる。17歳の夏、2人は星空の下で恋に落ちた。初めてのデート、初めてのキス、初めて行く場所と世界。会えるのは夜だけであっても、ケイティにとってはそのすべてが新鮮で輝いて見えた。しかし、ケイティは自分の病気を内緒にしたまま。「好きだから普通の女の子として彼と一緒にいたい」。その一途な想いは、彼らの周りの大切な人たちの人生も大きく変えていくのだった──。

 
邦題: ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~
原題: MIDNIGHT SUN 
監督: スコット・スピアー
脚本: エリック・カーステン
 
キャスト: ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット
 
2018年 / アメリカ / 英語 / シネスコ / 92分 / 字幕翻訳:野城尚子
配給: パルコ
提供: パルコ、バップ、松竹
協力: S・D・P
© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
 
2018年5月11日(金)、
新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
 

映画公式サイト
 
公式Twitter: @midnight_taiyou
公式Facebook: @modernlove.agartha
公式Instagram: midnight.taiyou

この記事の著者

堀木 三紀

堀木 三紀ライター

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧善懲悪モノでスカッと爽やかな気持ちになりたい人もいる。その人にあった作品を届けたい。日々、試写室に通い、ジャンルを問わず2~3本鑑賞している。(2015年は417本、2016年は429本、2017年は504本の映画作品を鑑賞)

主に映画監督を中心にインタビューを行っており、これまでにインタビューした監督は三池崇史、是枝裕和、阪本順治、岸善幸、篠原哲雄、大九明子、入江悠、本広克行、荻上直子、吉田照幸、ジョン・ウーなど30人を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

ページ上部へ戻る