映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見レポート

【写真】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見(ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

トム・クルーズら豪華ゲストが来日!記者会見開催!!

共演者が恐れる“クルーズ・ケーキ”、トム・クルーズの素顔に迫る!!

全世界累計興行収入27億ドル以上、トム・クルーズが伝説的スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その6作目となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題: MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT)が、8月3日(金)遂に日本公開される。

【画像】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』メインカット

すでに、パリ・凱旋門前を爆走する “バイクアクション”や、撮影中のアクシデントにより骨折を負ったことが大々的に報じられるも、見事な回復力によって驚異的なスピードで撮影を再開し大きな話題をさらった“ビルジャンプ”、2000時間の飛行訓練の末にトム自ら“ヘリコプター”を操縦した“超絶ヘリスタント”、上空7620mから時速320キロで落下する、トムが長年の夢だったという”ヘイロー(HALO)ジャンプ”など、世界を驚かせ続けるトム・クルーズ自らが、ノースタントで挑む「全て、本物」のド迫力のアクションは本作でも健在!”フォールアウト=予期せぬ余波”というタイトルと、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが本作の物語に繋がるというストーリーのさらなる拡がりに期待が高まっている。

【写真】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見

そして“MI6”の日本公開に先駆け、主演のトム・クルーズを筆頭に共演のヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、そしてクリストファー・マッカリー監督の4名が来日!7月18日(水)にザ・リッツ・カールトン東京で記者会見が開催された。

記者会見レポート

【写真】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見

会場から溢れ出すほどにスチール、ムービー合わせ約400名のマスコミが取材に集まる中、トム・クルーズを筆頭に、キャスト、監督が登場すると、一斉に大量のフラッシュが浴びせられた。

【写真】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見(ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ)

トムの過激すぎるアクションに共演者も困惑…?!怪我をしたのはトムだけではなかった!?

トムは「日本に戻ってこれて本当に嬉しく思っている。家に戻ってきたような気がするし、今回このように仲間と一緒に来れたことが嬉しい。この後のプレミアが待ち遠しいよ」とコメント。

【写真】トム・クルーズ

通称“ビルジャンプ”と呼ばれる、ビルからビルへ飛び移るシーンでの撮影の中断が大きなニュースとなったことについてMCから質問が及ぶと、「あのシーンで骨を折って、足をくじいたんだ。飛び移るときに壁にぶつかったんだけど、その途端折れたと思った。でもその後、我慢して走ったよ(笑)。映画には、実際のそのシーンが使われているんだ」と明かし、続けて「医者に診てもらったら9カ月かかると言われた。だけど僕は、6週間で撮影に戻ると伝えたんだ。そして、実際に6週間で戻った。その後、ロンドンでの撮影で、全速力で走ったよ(笑)」と脅威のエピソードを披露!すると、「トムの怪我についてはかなり重要なことだけど、怪我したのは彼だけではないんだ」と神妙な面持ちで話し始めたヘンリーは「僕は紙で手を切って、三週間撮影を中止したよ」といい、トムをはじめ会場の笑いを誘った。トムは「今は治ったよ」と完治したことも報告した。

【写真】トム・クルーズ

撮影中のエピソードを問われたヘンリーは「トムほど素敵なエピソードはないんだけど(笑)」と前置きしたうえで、「トムとマッカリー(監督)と仕事をできたことが最高だった。学ぶことも多かったし、シリーズの新しい仲間に加われて嬉しい」とコメント。

【写真】ヘンリー・カヴィル

また、サイモンは「レベッカ(・ファーガソン)と一緒に、トムのヘリスタントのシーンを見ていたんだ。その当時は、彼がヘリから落ちることを知らなかったから、その様子をみてかなり驚いた。そして、残念ながら今日は早く撮影が終わることになると思ったんだ」と明かすと、その瞬間をみたときの表情を再現!その迫真の表情に再び会場を笑いに包んだ。

【写真】サイモン・ペッグ

そのときのことについて、マッカリー監督は「ヘリからぶら下がっている荷物にトムが落ちたときに、ラジオ無線上でスタッフが、トムを失った!とパニックを起こしていたんだ」と明かすと、一方のトムは「とても楽しかったよ!でも、みんなは楽しくないよね(笑)」とあっけらかんと振り返り、笑いを誘った。

【写真】トム・クルーズ

前作より過激なアクションシーンでシリーズに相応しい作品に前作に引き続き監督を務めることについて問われたマッカリー監督は、「前作での飛行機にしがみつくトムの姿を観て、もうやり尽くしたと思ったので、続編を務める監督はかわいそうだなと思っていたら自分がやることになってしまった(笑)。だけど、今回は前作を超えようという気持ちではなく、シリーズに相応しい作品にしようと決めていたんだ」と明かし、続けてテスト試写でのエピソードについて「テストで観客に観てもらった際、アクションが多すぎると言われたんだ。なので、少しカットした。ごめんね、トム(笑)、ヘンリーもごめんね(笑)」とお茶目にいうと、サイモンが「僕のアクションもカットされた!」と再びジョークをいい、会場を笑いに包んだ。

【写真】サイモン・ペッグ

その後、記者から質疑応答タイムでは、はじめに、トム自ら操縦した“超絶ヘリスタント”について質問が及ぶと、トムは「あのシーンは、アイスキャンディになってしまうんじゃないかと思うくらいとても寒くて、ヘンリーと一緒に凍えながら撮影していたんだ。あのシーンはCGがゼロでミスは許されなかったので、一年半、身体の一部となるくらい練習をして挑んだ。『トップ・ガン』(1986年)や『バリー・シール/アメリカをはめた男』(2017年)でも操縦していたけど、今作での良いウォームアップになっていたといえるね(笑)」と明かすと、マッカリー監督は「あのヘリでのシーンを撮影していたカメラマンは、顔が緑色になって二度とこのヘリには乗らないといって辞めちゃったんだ(笑)」と仰天エピソードを披露し、笑いを誘った。

【写真】クリストファー・マッカリー監督

トム・クルーズほど映画に全てを捧げている人はいない!

次に、一作目から20年経っていてもなお、過激なアクションに挑戦し続ける理由を問われると、トムは「自分のキャリアを通じて、どんな映画でもチャレンジしてきた。観客の為に全力を尽くすことが趣味なんだ。映画に人生を捧げているし、これからもそうしていきたいと思っている」と語り、その発言を受けてマッカリー監督は「トムと仕事をするまでは、白髪がなかったけど、一緒に仕事をし始めてから、一人で二人分老けた(笑)」といい笑いを誘うものの、続けて「何度も言っていることだが、トムほど映画に全てを捧げている人はいない。そして、彼のその情熱は他人にも感染するんだ。なので、みんな今までのどの作品よりも努力するようになるし、できると思っていなかったこともできるようになるんだ」と称賛。またトムの人柄についても「トムは、いろんなひとを立てることができる。そんな俳優は唯一無二だ。そして、トム自身人間らしさをみせてくれるので、とてつもないことをやっているんだけど、親密感が持てる」と語った。

【写真】クリストファー・マッカリー監督

次に、スーパーマンより大変だと思ったシーンはあるか尋ねられたヘンリーは、シャワールームでのファイトシーンを挙げ、「あのシーンは凄かった。怪我については、トムが引き受けてくれたけどね(笑)。次回作では、僕が右足を骨折するよ(笑)」とジョークを披露。続けて、「スーパーマンとの違いは、今作でのスタントは全て自分でこなしている。スーパーマンは、正直にいうとほとんどがCGなんだ、かの有名なコスチューム以外はね(笑)」と明かし、またこのファイトシーンについてトムは「よりリアルにみれるよう、本気で殴り合ったよ。だから撮影後は、身体の節々が痛かった(笑)」と明かした。

【写真】ヘンリー・カヴィル

次に、貴方だけが知っているトムの秘密を教えてという要望に、「私はすべてを知っています」としたり顔で話し始めたサイモンですが、「トムは素晴らしい。だから本当の彼は少し退屈かもしれないよ」というと、逆にトムが「サイモンの秘密をばらしちゃおうかな!」といい「サイモンは6パック(腹筋が割れていること)を持っている。だけど、僕が甘いものを食べさせて、それを崩壊させているんだ(笑)」とお茶目なエピソードを披露!

サイモンは「トムは、みんなに糖分を与えることで有名なんだ。ココナッツクリームケーキというものが自宅に送られてくるんだけど、僕達はそれを通称“クルーズケーキ”と言っている」と明かすと、トムがすかさず「自制心を試す為に贈っているんだよ!」とコメントし、またもや会場を笑いに包んだ。

【写真】サイモン・ペッグ

次に、上空7620mから時速320キロで落下する、トムが長年の夢だったという”ヘイロー(HALO)ジャンプについて質問が及ぶと、アラブ首長国の助力があったことや、ヘルメットをつくるにあたり、一年半かけて科学的検証を踏まえてデザインをしたこと、日没前の一分間の撮影で成功させなければならないこと、カメラマンはわざわざスカイダイビングを練習させていた​といったエピソードなどを披露!その熱を帯びた語りに、会場にいる記者たちも前のめりで真剣に耳を傾けた。

軽妙なトークやジョークで終始笑いが絶えなかった今回の会見。それぞれの会話の中から仲が良いだけでなく、お互いにお互いを尊敬しているチームワークの良さが垣間見えた。

【写真】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見(ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ)

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 佐藤 優瑞]

 

イベント概要

<映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見>
■日時: 2018年7月18日(水)
■会場: ザ・リッツ・カールトン東京
■登壇者: トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督
■司会: 伊藤さとり

【写真】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見(ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ポスタービジュアル

《ストーリー》

盗まれたプルトニウムを奪還するミッションを遂行中の“イーサン・ハント”は回収に成功するが、捕まった仲間の命と引き替えに、敵にプルトニウムを渡してしまう事件が起きた。

イーサンとIMFチームは、標的となった<3つの都市>の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。

だがCIAは敏腕エージェントのウォーカーの同行を条件とした。猶予は72時間。
手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前のみ。

情報を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”との信頼関係は失われてしまう。

イーサンを疑い始めたウォーカーが睨みを効かせる中でのミッション遂行は動きを制限され困難を強いられたが、その確執は高まり、ついにイーサンはウォーカーとの対峙を迫られる。

やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの<フォールアウト(影響)>がイーサン・ハントに降りかかる。

 
原題: MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT
邦題: ミッション:インポッシブル/フォールアウト

監督・製作・脚本: クリストファー・マッカリー
製作: J.J.エイブラムス、トム・クルーズ
出演: トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
 
日本公開: 2018年8月3日(金) / 全米公開:2018年7月27日(金) 予定
配給: 東和ピクチャーズ
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
 
2018年8月3日(金) 日本公開 2D/3D/IMAX/4D 
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @mimovie_jp
公式Facebook:@missionimpossibleJPN

この記事の著者

佐藤 優瑞

佐藤 優瑞ライター

『プラダを着た悪魔』にてメリル・ストリープ演じるミランダの芯の強さ、自分の信念を貫き通す姿に感銘を受ける。彼女のような素敵な女性になれるよう「自分にとっての最高の物を創る(Do my best)」をモットーに何事にも全力で取り組んでいる。
来年度よりハリウッド近郊の某大学へ入学予定。夢は日本の"Kawaii"文化を世界に広めていく事。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る