映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 作品賞&作曲賞受賞!!

【写真】映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 授賞式 (是枝裕和監督、安藤サクラ、細野晴臣、三ツ松けいこ)

映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA)
作品賞&作曲賞受賞!!

是枝裕和監督、安藤サクラ、細野晴臣ら歓喜!

第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で最高賞のパルム・ドールを受賞し、第91回アカデミー賞®外国語映画賞にノミネート、第42回日本アカデミー賞では最優秀賞8部門を受賞、凱旋上映中の映画『万引き家族』が、現地時間3月17日(日)に開催された第13回アジア・フィルム・アワード(AFA)にて、作品賞と作曲賞を受賞した。 

【画像】映画『万引き家族』メインカット

香港国際映画祭(HKIFF)の行事の一つとして授賞式が毎年3月に開催され、“アジア全域のアカデミー賞”と呼ばれるアジア・フィルム・アワード。

第13回となる今回のアワードに、映画『万引き家族』は、作品賞、監督賞(是枝裕和)、主演女優賞(安藤サクラ)、助演女優賞(松岡茉優)、作曲賞(細野晴臣)、美術賞(三ツ松けいこ)の6部門でノミネートされ、作品賞と音楽賞の受賞を果たした。日本映画で作品賞を受賞したのは、黒沢清監督の『トウキョウソナタ』(2008年)、同じく作曲賞を受賞をしたのは、久石譲の『崖の上のポニョ』(2008年)が第3回のアワードで受賞して以来10年ぶりとなった。

【写真】映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 授賞式

受賞を受けて是枝監督は、「謝謝(シェイシェイ)ありがとうございます。アジア・フィルム・アワードは賞の結果よりは本当に尊敬するアジアの映画人たちと再会をして交流を深めて、そういう時間が一番の目的だと本当に思ってこの場に来ているんですけれども、やはり賞をもらうと嬉しいものですね。ここに来られなかったスタッフとキャスト、昨年の9月に亡くなられた樹木希林さん、希林さんと最初に映画祭に参加したのがこの香港の映画祭だったという思い出があって、このことをさっき思い出してました。戻ったらお墓まいりをしてこの賞を報告したいと思います。ありがとうございました

また、細野は「ありがとうございます、驚いています。ここにいられてとても嬉しいです。万引き家族の音楽はそれほど多く作曲したわけではないですが、とてもシンプルなものなのに、『万引き家族』のおかげで僕の音楽を見つけてくれてとても幸運です。これからもいっそう頑張ります。謝謝(シェイシェイ)!」と喜びのコメントを寄せた。

【写真】映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 授賞式 (細野晴臣、作曲賞受賞)

当日は、是枝裕和監督、安藤サクラ、細野晴臣、三ツ松けいこの4名が映画祭に出席。授賞式の前にはレッドカーペットにも登場し、現地メディアから大量のフラッシュを、観客からは大きな歓声浴び、アジア圏においても人気の高さをみせつけた。

【写真】映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 授賞式 (レッドカーペット)

今回で第10回以来2度目の参加となる是枝監督は、「『万引き家族』は、アジア・フィルム・アワードで作品賞他6部門もノミネート頂き大変嬉しく思います。ノミネーションは勿論ですが、アジアを代表する、尊敬するフィルムメーカーの皆さんと、短い時間ではありますが交流を育める貴重な機会がありがたく、楽しみにしております」と挨拶。

第4回以来2度目の参加となる安藤は「2010年のアジア・フィルム・アワードに参加させていただいたことがあり、当時の映画の助演女優賞で参加させていただきました。私も20代前半でしたし、ただ会場の雰囲気に圧倒されてしまい、自分は場違いなように、その場所にマッチしていないように感じてしまい、ただすごい華やかなものを見たなという思い出があります。今日はそれから約10年経ちましたので、また違う気持ちで参加できるのかなと楽しみにしています。本当に華やかでなかなか味わえない場所なので楽しみたいと思っています。皆で海外に来れたのも嬉しいです」

初参加となる細野は「日本アカデミー賞もいただいて、今度はアジアのアカデミー賞に招待いただきました。ノミネートされてとても光栄です。これも全て『万引き家族』のおかげなので、有難く思っています。香港はいつも遊びにくるところでしたが、昨年からライブを始めまして、仕事で来る場所になりました。本当は遊びたいんですけどね(笑)。美味しいもの食べてね…歩き回りたいんですよ。香港大好きなんです」

同じく初参加となる三ツ松は「自分のことでないような気持ちです。『万引き家族』に連れてきてもらったという、ご褒美のような気持ちでいっぱいです。せっかくですので楽しく過ごさせていただき、一緒に頑張った美術のスタッフ、他のスタッフの方にも喜びを共有したいと思います」とそれぞれに語った。

【写真】映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 授賞式

また是枝監督は、現在日本でも公開中の『バーニング 劇場版』(2018年)にて、本映画際最多8部門のノミネートを果たし、功労賞を受賞したイ・チャンドン監督のプレゼンターを、そして細野は、アジア新人賞を受賞した、日本でも人気の高い歌手・アーティストであるジェジュンのプレゼンターを務めるなどして注目を集めた。

既に公開スタートから9ヶ月目を迎えた映画『万引き家族』は、動員数380万人、興行収入46億突破(3月17日時点)という、是枝監督作品最大の興行収入を記録している。

[スチール写真&情報提供: オフィシャルリリース]

イベント情報

第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 授賞式
<映画『万引き家族』作品賞・作曲賞受賞>

■開催日: 2019年3月17日(日) 
■会場: TVB City(香港)
■登壇者: 是枝裕和監督、安藤サクラ、細野晴臣、三ツ松けいこ

【写真】映画『万引き家族』第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 授賞式 (レッドカーペット)

映画『万引き家族』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『万引き家族』ポスタービジュアル

《ストーリー》

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の 4 人が転がり 込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような 家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として 育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

 
第71回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 パルムドール受賞
第91回米国アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート作品
第42回日本アカデミー賞 最優秀賞8部門受賞
第13回アジア・フィルム・アワード(AFA) 作品賞&音楽受賞
 
邦題: 万引き家族
英題: shoplifters
 
原案・監督・脚本・編集: 是枝裕和
音楽: 細野晴臣(ビクターエンタテインメント)
出演: リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美、柄本明、高良健吾、池脇千鶴、樹木希林
配給: ギャガ
2018年 / 日本 / カラー / 
© 2018『万引き家族』製作委員会
 
凱旋上映中!!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @manbikikazoku
公式Facebook: @manbikikazoku

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

ページ上部へ戻る