マット・デイモン来日!映画「ジェイソン・ボーン」 ジャパン・プレミア開催!

映画 ジェイソン・ボーン マットデイモン Matt Damon くまモン

アクション映画の最高傑作、再び。

映画 ジェイソン・ボーン JASON BOURNE

マット・デイモン 9年ぶりの来日!
くまモンが花束ゲストで日米の人気モンが初対面!

“記憶を失い、愛するものを奪われた最強の暗殺者” ジェイソン・ボーン役に待望のカムバックを果たし、主演作が立て続けにヒットを重ねる世界的大スター、マット・デイモンが来日!
豪華ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが東京ミッドタウンにて開催されました。

映画 ジェイソン・ボーン マットデイモン Matt Damonあいにくの悪天候にもかかわらず、屋外で行われたレッドカーペットイベントには300人のファンが集結し、マット・デイモンを熱狂的にお出迎え。雨の中でも待ち続けたファンに丁寧なファンサービスで応えたマットは、日本のファンの熱さに感激した様子でした。
さらに国民的ゆるキャラ、くまモンもスペシャルゲストとして登壇し、マットへお祝いの花束を贈呈しました。

また、レッドカーペットイベント後には、TOHOシネマズ六本木ヒルズのスクリーン7に移動し、舞台挨拶も実施。
本作を「ファンの為に作った作品」と語り、日本のファンに見所を語っています。
あいにくの悪天候を吹き飛ばす、大盛り上がりの来日となりました!

≪ジャパン・プレミア・レッドカーペット レポート≫

前作『ボーン・アルティメイタム』(2007年10月)以来、9年ぶりの来日となったマット・デイモン。
しかし来日当日の本日の東京はあいにくの天気で、昼から降り始めた大雨に、屋外でのレッドカーペットイベントの開催も危ぶまれます。そんななか、ファンの熱い想いが天に通じたのか、イベント開始直前に雨が止むという最高のタイミングでマットの登場!ファンの熱気が高まるなか、リムジンで会場に到着したマットに会場のボルテージは最高潮に達しました。

大きな歓声を浴びながらレッドカーペットで、取材陣の質問に丁寧に答えるマット。本作への強い想いを語っていきます。
そして、この雨の中マットを待っていた一人一人のファンに丁寧にファンサービス。通り過ぎてしまったゾーンがあれば戻って対応するなどマメな一面も垣間見せ、ファンたちにはたまらない時間となりました。

続いてステージ上で、舞台挨拶を実施。

まず、「皆さん、この雨の中待っていてくれて本当にありがとう!心の底から感謝しているよ。」
と、会場のファンに大きな感謝を示しました。

続いて、作品への想いに話がうつると「9年前に3部作が終了した時から、ファンからは大きな熱意をもらっていた。
ファンのおかげでまた続編が作れた。素晴らしいメンバーが集まってこの作品を制作出来たことに、大きな感謝を示したい」と、 シリーズファンへの愛を述べました。

日本に多くのファンを持つマット。
2020年に控える東京オリンピックのタイミングで、マットは再び来てくれるでしょうか?という質問には、「選手としては来れないけど(笑)、是非見に来たいね!」と、4年後の来日を約束してくれました!

続いて 、壇上にはタキシード姿に身を包んだスペシャルゲスト、くまモンが登壇!
この可愛いゲストにマットからも笑みがこぼれ、 日米の人気モンがっちり握手!

そしてくまモンが夏の象徴の花、「ひまわり」と熊本の県花「りんどう」を贈呈し、マットからも大きな笑みがこぼれる一幕でした。

あいにくの悪天候ながらも、それを会場の熱気が吹き飛ばす、大盛り上がりのレッドカーペットイベントとなりました!

映画 ジェイソン・ボーン マットデイモン Matt DamonPhotographs by  Official Press

Gray Art Photography

Gray Art Photography by Takamitsu Sakamoto

映画 「ジェイソン・ボーン」  ジャパンプレミア・レッドカーペット

日   時: 2016年8月18日(木)  
場   所: 東京ミッドタウン コートヤード
登壇者: マット・デイモン、くまモン


≪舞台挨拶 レポート≫

同日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで『ジェイソン・ボーン』プレミア上映が開催されました。
9年ぶりに来日を果たしたマット・デイモンが満席の劇場に登場すると、客席からは割れんばかりの拍手と大歓声が沸き起こりました。日本のファンを前に喜びを噛みしめ日本語で「ありがとう」と挨拶したマット、新作への想いや共演者とのエピソードについて語りました。
マット・デイモンはイベント中も笑顔で歓声に応え、観客の熱気は終始冷めやらぬまま舞台挨拶は幕を閉じました。

以下、その模様をお届けいたします。

MC: それでは盛大な拍手でお迎えください。『ジェイソン・ボーン』主演、マット・デイモンさんです!

<マット・デイモン(以下マット)登場>

MC: マット・デイモンさんが来るのを皆さん待っていました!

<客席から大歓声>

マット: ありがとう!

MC: 素敵な日本語、有難うございます!
それでは改めて日本のファンの皆さんに向けて、ご挨拶をお願いします。

マット: 皆さんこんにちは。待っててくれて本当に有難うございます。
9年間待たせてしまいましたが、待った甲斐があると思ってもらえる作品に仕上がっているはずです。今日は楽しんでいって下さい。

MC: マット・デイモンさんにとって『ボーン』シリーズとはどういった立ち位置の作品になりましたか?

マット: この作品は自分のキャリア、そして人生を変えた作品です。
このシリーズは、私は一緒に仕事がしたいと思う監督とも組めるドアを開いてくれたんです。このキャラクター、シリーズ、そしてファンの皆さんに本当に感謝しています。また、今作でこれまで一緒に仕事をした仲間たちと再集結できたこと、その機会を与えてくれたこのシリーズに感謝しています。

MC: 有難うございます。私たちもこのシリーズのスタッフが再集結したことに本当にワクワクしています。今回の作品ではオスカー女優のアリシア・ヴィキャンデルさんやトミー・リー・ジョーンズさんなど共演者の方達も豪華ですが、共演はいかがでしたか?

マット: アリシア・ヴィキャンデルは今、一番の売れっ子で皆が自分の作品に出演してほしいと思っている。だから私たちの作品に出てくれることになり本当にラッキーだったと思います。彼女は若い俳優ですが、これまで幅広い役にチャレンジしてきたので、今後の彼女の活躍がとても楽しみです。
トミー・リー・ジョーンズはアメリカでは伝説的な俳優です。私は彼の演技を見ていると目が離せなくなり、本当に素晴らしい俳優です。また個人的なことですが、僕が22,3歳の頃、彼が初めて監督した作品に僕をキャスティングしてくれて、小さな作品だったのですが、その給料で僕たちは家賃を払うことができたし、そしてそれが『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち 』の脚本を完成させるチャンスになりました。ですから僕の人生にとっても非常に重要な人物です。

MC: 素晴らしい再会だったんですね!

<会場から拍手>

MC: それではお時間が近づいてきてしまったので、最後に新作『ジェイソン・ボーン』の見どころを含めてメッセージをお願いします。

マット: この作品は本当にファンの皆さんために作った映画です。神経を注いで作り上げた作品なので必ず楽しんでもらえると思います。今日は楽しんで観て下さい!

MC: どうも有り難うございました!盛大な拍手でお見送りください。

映画 ジェイソン・ボーン マットデイモン Matt Damon
Photographs by  Official Press

映画 「ジェイソン・ボーン」 ジャパンプレミア・上映舞台挨拶

日   時: 2016年8月18日(木)  
場   所: TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7
登壇者: マット・デイモン

 

映画作品情報

マット・デイモン主演 × ポール・グリーングラス監督映画 「ジェイソン・ボーン」 (原題: JASON BOURNE)
最強タッグ復活で放つ 「ボーン」 シリーズ最新作 !!

記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者=ジェイソン・ボーン。
かつてない臨場感と極限のリアリティで世界中の観客を熱狂させ、21世紀の映像表現に革命を起こしたアクション映画の金字塔「ボーン」シリーズが、ついにスクリーンに帰ってくる。
最新作では、全世界が待ち望んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのシリーズ最強タッグが復活し、さらに本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル、そしてトミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルといった名優が新たに加わる事が決定。孤高の暗殺者の物語は、遂に<新章>へと突入する。

ストーリー

彼は、すべての記憶を取り戻した。だが、すべてを知っている訳ではなかった。
<記憶>を巡る本当の戦いは、これから始まる。

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、世間から姿を消して生活していたボーンの元に、CIAの元同僚であるニッキ―(ジュリア・スタイルズ)が現れる。彼女は、「CIAが世界中の情報を監視・操作する事を目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したという」という情報を告げ、さらにボーンの過去にまつわる「衝撃的な真実」を明かす。そしてその真実は、新たな戦いの始まりを意味していた―。ボーンは再び姿を現すこととなり、追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼が最も求めているものを提供すれば、再びCIA側に取り込めるのではないかと考え始める。
しかし“史上最も危険な兵器”であるボーンは、追跡者が想像すらできない、ある目的を持って動いていた…。

© Universal Pictures

映画  「ジェイソン・ボーン」 予告篇

邦題: 「ジェイソン・ボーン」
原題: 「JASON BOURNE」
監督: ポール・グリーングラス
脚本: ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ
キャラクター原案: ロバート・ラドラム
出演: マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル、トミー・リー・ジョーンズ
2016 年 / アメリカ / 英語 / 123分 / カラー
公開日: (北米)2016年7月29日 / (日本)2016年10月7日
配給: 東宝東和株式会社
© Universal Pictures

2016年10月7日(金) より、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開!

映画公式サイト

公式Facebook: https://www.facebook.com/BOURNE.jp
公式Twitter: @BourneMovieJP

映画「ジェイソン・ボーン」 レビュー記事
映画「ジェイソン・ボーン」 ラスベガス・プレミア レポート
映画「ジェイソン・ボーン」 アリシア・ヴィキャンデル初来日記念イべント レポート

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る